絵本の紹介 瀬田貞二・山田三郎「三びきのこぶた」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は海外の昔話絵本を紹介したいと思います。

瀬田貞二さん・山田三郎さんによる「三びきのこぶた」です。

誰もが、一度は聞いたことのあるおはなしですよね。

ただ、細部は訳者さんによってアレンジされていたりして、同じ話を扱っていても、それぞれの絵本によって違いは大きいです。

 

福音館書店が出版するこの絵本は、「三びきのやぎのがらがらどん」や「おおかみと七ひきのこやぎ」などの翻訳を手掛ける大御所・瀬田貞二さんによる、原作に極めて忠実なストーリーで構成されています。

つまり、おおかみが殺されるラストをはっきり書いているということです。

 

それに、山田三郎さんの絵も、表情豊かでありながらリアルな動物を描いており、けっして子どもに媚びた甘い絵本ではありません。

そのあたりは、同じ海外昔話の名作「おおかみと七ひきのこやぎ」と同様で、作者の、子どもに対する敬意や誠実さが感じられます。

 

≫過去記事 絵本の紹介 ホフマン「おおかみと七ひきのこやぎ」

 

少々残念な点を挙げるとすれば、この出だし。

おかあさんぶたは びんぼうで、こどもたちを そだてきれなくなって、じぶんで くらしていくように、三びきを よそにだしました

この冒頭部分を説明する絵がないんですね。

 

この文章だけでは、子どもたちを養い切れないお母さんぶたの切実な思いが正確に伝わってないような気がします。

これって、結構悲しい話だと思いません?

他の絵本では、この箇所を、単に「大きくなったんだから自立しなさい」と、ニートを叩き出すお母さんのように描いているものも多いです。

それを、わざわざ「貧困から、子どもを育てきれなくなる」という、苦渋の選択として描いたのだから、お母さんぶたの張り裂けんばかりの辛さを表現した絵があってもいいのではないでしょうか。

 

それはさておき、注目は三びきめのこぶたとおおかみの対決。

何度にもわたっての頭脳戦を繰り広げます。

知恵と勇気でおおかみと戦うこぶたには、単純に感心させられますし、勇気づけられます。

そしてついに、問題のラストシーン。

なんと、自分を食べようと狙い続けていたおおかみを、こぶたは逆に「ばんごはんに たべて」しまいます。

ちょっと衝撃ですね。

でも、こぶたが「それからさき ずっと しあわせに」暮らすためには、不安や心配の象徴としてのおおかみは、完全に退治される必要があるのです。

子どもがちゃんと納得のいくハッピーエンドとは、そういうことです。

 

「おおかみだって生きるために必死なんだから」とか、「だまし討ちにされて可哀そう」とか、そういう多角的な価値観を持ち出しても、幼い子どもは混乱するだけです。

子どもに媚びない、とか、子どもへの敬意、というのは、「子どもを大人のように扱う」ことではありません。

子どもはあくまで子どもです。

その「子ども」という存在を軽侮せず、大人の価値観や先入観を排し、一人の人間として尊重するように努めることが、真の意味での「子どもへの敬意」なのです。

 

この絵本の裏表紙には、なかなか衝撃的な絵が描かれていますが、それもまた、こぶたが幸せに暮らし、子々孫々まで栄えたというエピローグを伝えるカットだと思います。

ある意味ネタバレですから、お話を終えるまでは見せない方がいいかもしれませんね。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント