【絵本の紹介】「変なお茶会」【223冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介する絵本は「永遠の天才少年(村上春樹・談)」佐々木マキさんによる「変なお茶会」です。

作・絵:佐々木マキ

出版社:絵本館

発行日:1979年9月

 

タイトルそのまんま、本当に変な絵本です。

物語の筋はナンセンスそのもの、登場するキャラクターたちはどれもみんな嬉しくなるくらいエキセントリック。

そして、そんな奇妙な人々を乗せる、これまた風変りな乗り物の数々。

 

もともとは雑誌「母の友」1979年1月号の付録絵本だったそうですが、単行本化への要望が多く寄せられ、めでたく一冊の絵本となったわけです。

ヨコハマ」に住む立派なヒゲの紳士のもとに届いた招待状。

文面は古めかしく、そしてところどころ間違った日本語。

 

読んでもなんだか意味不明なんですが、これは毎年恒例の催し物への招待状らしい。

Mr.カメタロウは「電気自転車」で「トランスバール」(トランシルバニア?)へ赴きます。

 

お茶会に招かれた他の面々は、「ライプールの理髪師スミラ君」「ナントの公証人デュブウ夫妻」「アントワープの靴屋ホッホ兄弟」「ダブリンの外科医ワイルド先生」「デンバーの勇敢なお針子ミニー嬢」などなど。

彼らはそれぞれゾウや飛行「器」、馬気球(?)、ローラースケートなどの珍妙な乗り物に乗って目的地に向かいます。

わけわかんない内容ながら、子どもたちにも人気なのは、この個性豊かな乗り物絵が最高に楽しいからでしょう。

こうして我々はトランスバールの城の前で 再会を喜びおうたのだ

古風な文章が怪しさを増すのに一役買っています。

 

集まってきた彼らは暗い森の先にあるテーブルへと案内されます。

そこに月が昇り、岩山から「天然のココア」が湧きだします。

彼らはそのココアを堪能し、また来年を楽しみに帰路につきます。

 

★      ★      ★

 

作品に登場するおかしな乗り物は、明治の古いマッチに描かれた図案が元ネタのようです。

下島正夫の「マッチラベル」に収録されています。

 

こんな乗り物に乗ってみたい

こんなのがあったらなあ

などと、乗り物を空想する楽しさは、子どもの頃に誰もが経験したのではないでしょうか。

 

動力とか構造とか、子どもなりに色々と考えるんですが、今思えばああいうのは多少無理がある方が面白いような気がします。

 

また、山からココアが湧くというアイディアは、稲垣足穂さんの短編幻想小説「ココア山奇談」がモチーフになっているそうです。

私はこの小説を知らなかったので、どんな物語かと読んでみたのですが、全然この絵本とは違う話でした。

 

やっぱりこんな変な話は、佐々木さんにしか描けないように思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

乗ってみたいのと、天然ココア飲んでみたい度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「変なお茶会

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント