【絵本の紹介】「ゆき」【221冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

雪の絵本というのはいくらでもあります。

そのくらい、子どもにとって雪は特別なものなのでしょう。

 

触れると消える、一片の雪。

その美しい唯一無二の結晶体は、この世界の神秘の象徴のようです。

 

今回はシュルヴィッツさんの「ゆき」を紹介します。

作・絵:ユリ・シュルヴィッツ

訳:さくまゆみこ

出版社:あすなろ書房

発行日:1998年11月15日

 

大自然の一瞬の変化を捉えた傑作「よあけ」と同じ作者による絵本ですが、絵のタッチはずいぶんと違います。

 

≫絵本の紹介「よあけ」

 

浮世絵を意識したような「よあけ」に比べ、この「ゆき」は全体にデフォルメされたアニメーションのように、輪郭のはっきりした、可愛くて楽しいタッチになっています。

空から降ってきた一片の雪を見つけた、犬を連れた少年。

ゆきが ふってるよ

と、嬉しそうに言います。

 

でも、町を歩く大人たち(ひとりひとりが実に個性的です!)は、大した雪じゃないと取り合いません。

ラジオもテレビも、

ゆきは ふらないでしょう

 

しかし、そんな大人たちを尻目に、雪は「あとから あとから」降ってきて、ついに町を白く覆います。

雪が深くなるにつれ、大人たちは姿を消していき、本屋の看板から「マザーグース」のキャラクターたちが飛び出してきて、男の子と踊り出します。

すっかり町が雪をかぶった後、灰色だった空は晴れ上がります。

真っ青な空と白い雪の美しいコントラストが見事です。

 

★      ★      ★

 

とにかく絵を楽しむべき絵本です。

最後の鮮やかな転換は「よあけ」に通じるものがあります。

 

そして、あえて不均一な線で描かれた町並みをよく見ると、登場人物のほとんどがすでに最初から描き込まれているのがわかります。

くろひげの おじいさん

ひょろながぼうしの おじさん

おしゃれがさの おばさん

ラジオを抱えた人、二人一組のようなヒゲのおじさんたち……裏表紙での彼らの行進は非常に愉快です。

 

主人公の男の子は、特に何か雪遊びをするわけではなく、ただ純粋に雪が降り積もったことを喜びます。

マザーグースの世界のキャラクターと楽し気に踊る男の子と、寒そうに肩を縮め、俯いて歩き去る大人たちとの精神の対比は、灰色の空と、輝く青空によって表現されています。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

キャラクターデザインの秀逸度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆき

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント