【絵本の紹介】「ふくろうくん」【220冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

「おひとりさま」という言葉をよく耳にする昨今。

カラオケでも焼肉でも、一人で楽しもうというある意味前向きな考え方。

 

今回紹介するのは究極の「一人上手」絵本「ふくろうくん」です。

作・絵:アーノルド・ローベル

訳:三木卓

出版社:文化出版局

発行日:1976年11月20日

 

作者は我が家の息子にも大好評の「がまくんとかえるくん」シリーズで有名なアーノルド・ローベルさん。

訳文も同じ三木卓さん。

5話からなる短編集という構成も同じ。

 

≫絵本の紹介「ふたりはともだち」

 

でも、温かい交流が描かれる「がまくんとかえるくん」とは違い、この「ふくろうくん」は孤独です。

脇役さえ登場しません。

最初から最後まで独りぼっち。

 

そんな孤独をユーモラスに楽しむふくろうくんの優雅な日常……と言えば聞こえはいいのですが、彼の思考と行動ははっきり言ってかなり病的です。

家のドアを叩く風の音を、「ふゆくん」が入りたがっているんだな、と解釈して迎え入れてやった結果、吹雪に家じゅうをめちゃくちゃにされてしまう「おきゃくさま」。

 

布団の中で盛り上がる自分の足を「へんな こんもりくん」と呼び、その正体を探して半狂乱になる「こんもり おやま」。

悲しいことを次々に思い浮かべ、その涙でお茶を沸かす「なみだの おちゃ」。

 

一階と二階、異なる空間に同時に存在することはできないか」という哲学的思索に取り憑かれて、猛スピードで階段を上り下りする「うえと した」。

夜空に浮かぶお月様が、ずっと自分についてくる「いい ともだち」だと感動してみせる「おつきさま」。

 

分厚い本を手に、蝋燭をかがける表紙絵のふくろうくんの目が、ちょっぴり怖く思えるのは私だけでしょうか……。

 

★      ★      ★

 

普通なら考えもしないようなことを、どこまでも深く考える哲学的姿勢。

そして突飛な行動を大真面目にやってしまう可笑しさは、「がまくん」にも通じるものですが、「がまくん」が「かえるくん」によっていかに救われているか、この絵本を読むとよくわかります。

 

これは「一人を楽しむ」なんて生易しい表現では追いつかないと思いますが、しかし一方、誰だって一人の時には、こういう妙なことを考えたりしてるのかもしれません。

 

他人の前で同じことをやってたら、すぐに病院に連れて行かれそうなふくろうくんですが、「一人だからこそ」気兼ねなしにこういう「遊び」ができるとも取れます。

 

ふくろうくんが病的に思えるのは、この絵本において彼が「子ども」としては描かれていない(私の印象ですが)からです。

もしふくろうくんが子どもなら、こういうどこまでも広がってしまう、まとまりを欠いた思考にふけったり、実際に行動したりすることはごく自然でもあります。

 

けれど、ふくろうくんは一人で生活している点で子どもではない。

ゆえに「変人」に見えてしまうわけです。

 

しかし、歴史的な哲学者や科学者たちは、このふくろうくんのように、普通の大人がもう考えもしなくなったようなことをどこまでも考え抜くことを止めなかった人々なのでしょう。

彼らはやはりどこか孤独ではありますが、その孤独は崇高な光を帯びてもいます。

 

それは「幼児性」ではなく「童心」を抱いたまま大人になった人間だけが纏う種類の「孤独」であるように思います。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

天才肌度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ふくろうくん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント