【絵本の紹介】「だくちるだくちる はじめてのうた」【219冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

相も変わらず、習慣的に絵本の読み聞かせを行っています。

最近は息子の方から「読んで」と言ってくることが少なく、こちらが絵本を選ぶことが多いのですが、気分じゃない絵本を選ぶと即座に却下されてしまいます。

で、つい同じ絵本(鉄板絵本)ばかりを本棚から引き出すことになりがちです。

 

それ自体は全然悪いことではないんですが、もう全文暗記してしまっているような絵本を、眠たい時間に読んでいると、ついつい自動朗読機械のように無感情な読み方になってしまいます。

 

しかし、読んでもらってる子どもの方は日々成長変化しており、いつまでも同じ反応を示すわけではありません。

新しい絵本を与えるばかりでなく、以前はあまり受けなかった絵本を時期を見計らって取り出してみたり、赤ちゃんの頃に読んでいた本をもう一度開いてみたり。

こちらも変化していかなければ、絵本の「旬」を逃してしまいます。

 

今回は「読み聞かせ」の一つの核部分である「音・言葉との出会い」について描かれた絵本を紹介します。

だくちるだくちる はじめてのうた」です。

原案:V・ベレストフ

文:阪田寛夫

絵:長新太

出版社:福音館書店

発行日:1993年11月15日

 

にんげんが うまれる ずっと ずーっと まえのまえ そのまた ずーっとまえに

イグアノドンが いた

恐竜時代を舞台とした、これは詩の絵本です。

 

イグアノドンは さびしかった

だけど あるひ だくちる だくちる おとがした

ちいさな プテロダクチルスが とんできた

 

だくちる だくちるる」と、プテロダクチルスは鳴き声とも唸り声ともつかぬような音を発します。

他には何にも言えません。

 

でも、「イグアノドンは うれしかった」のです。

それはイグアノドンが初めて耳にした「生き物が発する音」だったからです。

イグアノドンは「だくちる」を聞くと「もう どんどん ばんばん」嬉しくなってしまいます。

イグアノドンにとって「だくちる」は「はじめての うた」だったから。

音の溢れる世界の中で初めて耳にした、生命のこもった「うた」だったのです。

 

★      ★      ★

 

この絵本の原案となっているのはロシアの詩人ベレストフさんの「はじめての歌」という詩です。

それを、童謡「さっちゃん」などの作詞を手掛けた阪田寛夫さんが文にし、長新太さんが絵を描いて作り上げたという、なかなかに豪華なコラボ絵本です。

 

長新太さんの描くイグアノドンはシルエットのみのデザインなのですが、感情と共にシルエットの色が変化し、その喜びが生き生きと伝わってきます。

 

太古の地球で独りぼっちの存在だったイグアノドン。

彼の壮絶な孤独感はいかばかりだったでしょう。

初めて他者が発する音に触れた時の喜びはいかばかりだったでしょう。

 

人間も同じです。

この世界に生まれ落ちた時、赤ちゃんはどれほど不安なことでしょう。

少しでも身近な人間の声を聞きたくて、赤ちゃんは声を振り絞って泣きます。

 

母親の声を聞くと安心します。

この世界で生まれる無数の音の中から、赤ちゃんは母親の声を聴き分けることができます。

それからわずか3年足らずで、赤ちゃんは日常会話レベルの言語を学習してしまうのです。

 

人間が「言葉」を希求する強さは計り知れないものです。

人間と他の動物を隔てるものは思考する点ですが、思考はそもそも言葉がなければできません。

言葉が貧弱だと、思考も貧弱になります。

 

子どもが最も言葉を求める幼少期に、できる限りたくさんの、美しい音楽的な言葉を聴かせてあげることが重要なのです。

これはいくら言っても言い足りないくらい、大切なことです。

 

絵本の大きな存在意義もそこにあります。

 

この「だくちるだくちる」は、声に出して読むべき絵本です。

今の日本では残念ながら詩というものの価値がほとんど見捨てられてしまっていますが、絵本においてはまだかろうじて生き残っていると思います。

 

そういうわけで、初心に帰って、今夜も絵本を読み聞かせたいと思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆

音読向き度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「だくちるだくちる はじめてのうた

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント