絵本の紹介「きんぎょがにげた」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家では息子が生後半年くらいから絵本の読み聞かせを始めました。

赤ちゃんへの読み聞かせは、なるべく早い時期から始めた方が発達に良い影響を及ぼします。

 

しかし、0歳児への読み聞かせとなると、どんな絵本を選べばよいか難しいところ。

全く字のない絵だけの絵本もいいですが、リズムのある、歌うように読める文章のある絵本なら、言葉自体の難しさはさほど問題にはなりません。

もちろん、赤ちゃんが初めからすべての言葉を理解できるわけはありません。

しかし、赤ちゃんは、表面的には反応が薄いように見えたとしても、読み聞かせる人間の声のトーン、息づかいなどを、全身の感覚で聴き取ろうとしています。

まさに、全身の感度を全開にして世界と向き合っているのです。

その突出した受信力があるからこそ、大人とは比較にならないスピードで言語を学習することができるのです。

 

とは言うものの、初めからあまり字が多すぎる絵本をチョイスするのはNGです。

それでは赤ちゃんの集中力が続きませんし、退屈してしまいます。

まずは絵本の楽しさを覚えることが一番です。

「絵本を読む」と言うより、「絵本を使って遊ぶ」感覚で読める本がおすすめです。

 

そういった「遊べる絵本」の名作、「きんぎょがにげた」を紹介します。

きんぎょ(と言われなければまず金魚とは認識できない)が、金魚鉢から逃げ出します。

ページからすり抜けるようにして、次々に家の中の物に紛れ込んで姿を隠す「きんぎょ」を追いかけて、見つけ出す絵本です。

きんぎょが にげた

どこに にげた

また にげた

こんどは どこ

という、簡単かつリズミカルな文のみで構成されているので、赤ちゃんは絵に集中できます。

五味太郎さんの絵はとぼけた味があって、けばけばしくないけれど色彩豊かで、とても楽しいです。

 

この手の絵本で気を付ける点は、あまり正解にこだわり過ぎないこと。

「金魚はどこかな? ねえ、どこかな?」

と、無意識にプレッシャーをかけるのはやめましょう。

一つ一つの絵を指しながら、「これはきりんだね。これはロケットだね」と、赤ちゃんと一緒に楽しみながら読めれば、それでいいと思います。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

コメント