スズキコージ「コーベッコー」出版記念絵本原画展とサイン会に行ってきました。

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

自由(過ぎる)発想とダイナミックな描写、不思議なキャラクターで異彩を放つ絵本作家、スズキコージさん。

6年前から移り住んだ神戸を題材にした絵本「コーベッコー」出版を記念した原画展が神戸元町の「Gallery Vie」で開かれています。

≫「Gallery Vie」HP

 

期間は今月の28まで(入場無料・月曜休館)。

「コーベッコー」原画の他にも様々な作品展示やポストカードや絵本の販売も行っており、見ごたえ十分です。

 

 

「コーベッコー」というタイトルは、「神戸港」と風見鶏の鳴き声を掛け合わせたもの。

内容はまあ、さすがのスズキコージワールド。

 

風見鶏が「コーベッコー」と鳴くところから物語は始まり、「ロッコーざん」の湖に金星が落ちてきて、船に乗った金聖人「ヴィーナスカ」が、神戸の名所を巡ります。

何だかわけわからないけど、うちの息子には大ウケでした。

スズキさんは子どもの喜ぶツボを心得てらっしゃる。

 

私たちが原画展に行ったのは先日の土曜日で、この日はスズキさんのサイン会も行われていました。

初めてお会いするスズキさん。

何しろあんな絵本を描いてらっしゃる方ですから、内心ちょっと危ない人かも……と怖がっていたんですが、イメージと違い、実にダンディでかっこいいおじさんでした。

お店に向けてサインをもらいました。

スズキさんに「面白い名前だねえ」と言ってもらいました。

 

上の図は神戸の地をかたどったデザインで、一筆書きで出来てるのです。

ブルジオ語(そんな言語初めて知りました)で「コージ」とサインされています。

いいところなんですよー」と目を細めて言うスズキさん。

 

この一筆書きサインが非常に息子の興味を引いて、他の方がサインをもらっている間も、ずーっとスズキさんの手元を凝視していました。

あんまり近すぎて、紙に顔が当たるんじゃないかという距離まで接近するので制止したら、スズキさんは「構わないよ」と素敵な笑顔。

息子は帰ってからこのサインを真似た絵を何枚も描いていました。

 

原画の方はやっぱり凄い迫力で、何と言っても100号キャンバスに描かれた「コーベッコー」の裏表紙の画は圧巻でした。

入場無料ですので、お近くの方は是非どうぞ。

 

スズキさん、どうもありがとうございました。

これからも応援しております。

 

スズキさんの絵本紹介記事

≫絵本の紹介「ガッタンゴットン」

≫絵本の紹介「ガラスめだまときんのつののヤギ」

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント