【絵本の紹介】「エルズワース 犬になった犬」【214冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はちょっと変わった犬の絵本を取り上げます。

エルズワース 犬になった犬」。

作・絵:ジョン・アギー

訳:なだいなだ

出版社:ミキハウス

発行日:1988年11月20日

 

ポップな色使いと丸みを帯びたキャラクター造形。

とても可愛らしい絵です。

 

しかしその内容はちょっと普通の絵本とは違います。

ある意味哲学的なのですが、全然深刻さはなく、ユーモアたっぷり。

でもナンセンスな悪ふざけ絵本なのかと言えば、わりと深い。

 

子供服ブランドのミキハウスは、こうしたちょっと毛色の違った絵本を出版しています。

 

まず、主人公のエルズワースという犬は本文にもある通り、「ふつうの犬ではなくて」、なんと大学でケイザイガク(経済学)を教えています。

スーツ姿で自転車通勤の途中、スタンドで経済新聞を買うエルズワース。

洗練された都会の知識人たる彼は、トチモンダイイインカイ(土地問題委員会)では座長を務め、周囲から尊敬を集めています。

 

本人もまんざらではないのですが、エルズワースには秘密がありました。

実は、ひとたび家に帰れば、犬としての本能を抑えきれなくなり、まるっきりの犬になってしまうのです。

猫をおっかけ

クルマにほえつき

家にかえるひとのあとをつけ」……。

 

いちにちじゅう きょうだんなんかに立ったあとでは おもいっきり犬になりたくなる。ただそれだけ

 

しかしある時運悪くその姿を仲間の先生に見られ、噂が広まり、エルズワースは大学をクビになってしまいます。

次の職のあてもなく、途方に暮れたエルズワースは公園のベンチで眠り込みます。

目が覚めると、目の前には「プードルのかわいこちゃん」。

ありのままの犬として楽しげに振る舞う彼女を見て、エルズワースは「あたまをガーン」。

 

もちろんだ、これっきゃない

いぬになろう!

 

エルズワースは衣服を脱ぎ捨て、プードルと一緒に四つ足で走り出すのでした。

 

★      ★      ★

 

とにかく、なだいなださんの訳文の洒落ていて軽快なこと。

大人が読んでも面白いです。

 

というより、小さな子どもには、このオチはちょっと意味不明かもしれませんね。

実際、うちの子に読んだ時も(2歳半くらいだったかな)、キョトンとしていました。

 

「犬になる」ったって、最初っからエルズワースは「犬」とはっきり言明されているのにね。

しかし、そこは最後の

そして、そういうこと

の一文で気持ちよく強引に納得させられていたようでした。

 

内容は理解できずとも、色々と耳慣れない言葉がテンポよく飛び出すのは、なかなか刺激的で楽しい体験のようです。

 

「本当の自分」を見失っている大人は、一度固定概念を捨てて、ありのままの「子ども」の姿を見てみるといいでしょう。

エルズワースのように、「あたまをガーン」とやられるかもしれませんよ。

私はしょっちゅうです。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

訳文の楽しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「エルズワース 犬になった犬

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント