【絵本の紹介】「マドレーヌといぬ」【213冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

まだやりますよ、戌年「犬の絵本」紹介。

今回は私も大好きな一冊「マドレーヌといぬ」です。

作・絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス

訳:瀬田貞二

出版社:福音館書店

発行日:1973年5月10日

 

パリの古い寄宿舎で過ごす元気な12人の女の子たち。

いちばんおちびさんだけど活発なマドレーヌを主人公とした人気のシリーズ。

第一作「げんきなマドレーヌ」は以前に紹介しました。

作者ベーメルマンスさんの生い立ちやエピソードなどにも触れていますので、ぜひ併せてお読みください。

 

≫絵本の紹介「げんきなマドレーヌ」

 

この「マドレーヌといぬ」はシリーズ2作目にしてベーメルマンスさんにとっては3作目の子ども向け絵本です。

この作品で見事にコールデコット賞(アメリカ絵本界最高の賞)に輝いています。

 

修道院とか寄宿舎とか言っても、今ではあまり想像できなくなりました。

そう言う私も、子どもの頃に読んだ児童文学でしか知りませんが。

 

小さな女の子たちとシスターの清らかな生活。

何となく、身寄りのない子どもを集めた孤児院をイメージしてしまうのですが、ここで登場するのは「よい むすめたち」だそうで、わりと「いいとこの子」っぽいです。

 

ベーメルマンスさんの奥さんは元修道女で、「マドレーヌ」の名も、彼女の名前に由来しています。

 

さて、今作の導入部は1作目「げんきなマドレーヌ」の冒頭のダイジェスト版のような構成になっています。

せんせいの ミス・クラベルは、なにごとにも おどろかない ひとでした

の、マドレーヌが橋の欄干に上って歩くカットも、ほぼそのまま。

 

ところが、ここで事件が。

マドレーヌが足を踏み外し、川に落っこちます。

たちまち大騒ぎ。

かわいそうに マドレーヌが、すんでに おぼれるというところ

に、一匹の勇敢な犬(♀)が、川に飛び込み、救助してくれます。

 

みんなはその犬を屋敷に連れ帰り、「ジュヌビエーブ」という名を付けて可愛がります。

 

半年がたち、5月1日が近づくと(ってことは、マドレーヌが川に落ちたのは真冬の季節ですね。さぞ冷たかったでしょう)、みんなはソワソワしだします。

その日は学校検査の日で、評議員たちがぞろぞろ寄宿舎にやってきて細かくチェックを入れるのです。

 

そこで隠れていたジュヌビエーブが見つかってしまい、委員長曰く、

こんな ざっしゅけんを かわいがるなんて、よい むすめたちの おひんが さがります

ということで、追い出されてしまいます。

命の恩人(犬)を追い出されて、怒ったマドレーヌは椅子に飛び乗り、

いいんちょうどの! おぼえていなさい!

ジュヌビエーブほど、えらい いぬは ないわ。あなたには、てんばつが くだりますから!

と叫びます。

 

このシーン、ほんとにカッコイイ。

そしてなんとこれが1作目から通しての、主人公マドレーヌの初セリフなのです。

 

しかし、いくらマドレーヌが怒っても、大人の力には逆らえません。

評議員たちが帰ってから、ミス・クラベルと12人はジュヌビエーブを捜しに出ます。

この捜索シーンで、例によってパリの名所が素敵な絵で描かれます。

 

けれども、肝心のジュヌビエーブは見つからずじまい。

がっかりしてみんなは屋敷に戻ります。

 

しかしその夜、ミス・クラベルが外を見ると、街灯の灯りの下で吠えているジュヌビエーブの姿が。

もちろんマドレーヌたちは大喜び&誰がジュヌビエーブと寝るかで大喧嘩。

 

ここでも1作目のラストをなぞったカットと文。

そして最後に、ミス・クラベルもびっくりの出来事が。

 

★      ★      ★

 

カトリックや修道女の価値観に対する賛否は様々でしょうが、幼い子どもたちにとって「寮生活」というのは、どこか憧れを覚える響きには違いありません。

 

そして、ホテル勤務で磨かれた作者一流の風刺の目は、ここでも鋭く光っています。

お高く止まった評議委員長の「おひんが さがります」からの「さっさと うせろ! ごろつきめ!」とか。

 

でも、これはひとつには訳者・瀬田貞二さんの言葉選びの妙でもあります。

今時の絵本ではお目にかかれないような日本語表現の数々も素敵です。

 

ちなみに、瀬田さん自身もこの作品がお気に入りのようでして、自身が文を手掛けた絵本「きょうはなんのひ?」(林明子:絵)では、まみこの一番好きな絵本として「マドレーヌといぬ」が登場しています。

 

≫絵本の紹介「きょうはなんのひ?」

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

マドレーヌの決め台詞のかっこよさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「マドレーヌといぬ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

 

 

コメント