【絵本の紹介】「おたすけこびとのクリスマス」【210冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

メリークリスマス! ですね。

早いなあ。

今月は公私ともに忙しかったり、仕事場を大きく改装したりで、ブログの方はちょっと更新が滞りがちになってしまい、そうこうしてるうちにもう年の瀬ですよ。

 

取り上げたいクリスマス絵本も、もっとたくさんあったのですが。

というわけで、今日はそんな中から選んだクリスマス絵本を紹介します。

おたすけこびとのクリスマス」です。

文:なかがわちひろ

絵:コヨセ・ジュンジ

出版社:徳間書店

発行日:2009年10月31日

 

海外でも人気を博している「おたすけこびと」シリーズ。

知ってましたか?

 

私がこのシリーズを初めて読んだ時の感想は、「息子が喜びそうなものばかりが詰まってる!」でした。

 

絵本の絵には、大きく分ければ、美しい一枚絵として鑑賞する楽しみと、細部まで見尽くす楽しみがあります(むろん、その双方を兼ね備えた作品もあります)。

息子は細かい絵が大好きで、ページいっぱいの人の海、といったカットを見ると食い入るように見ます。

 

単にたくさん人がいる、というだけではなく、それぞれが個性豊かに行動しており、なおかつ幼い子どもにもわかるようなストーリー性が盛り込まれていれば完璧にツボです。

 

息子は乗り物全般が好きですが、「はたらくくるま」は特に好奇心の対象です。

1歳前後のころ、外からごみ収集車の音楽が聞こえてくるたび、「追っかけ」をしたのを思い出します(乗務員さんとは顔なじみになりました)。

図鑑を一人で眺め続けて、今では私より遥かに詳しくなりました。

 

そして、子どもが大好きなクリスマスとサンタさん。

それらの要素すべてが盛り込まれているのがこの絵本なのです。

 

「おたすけこびと」はその名の通り、電話一本でどんな仕事も引き受ける、頼りになる小人の集団(会社?)。

今回の依頼主はサンタさん。

ずらりと並んだ働く車の、リアルなこと。

クリスマスプレゼントを届ける代行サービス。

煙突のない家でも、小人だからこそ入り込めるのです。

そして様々な機能を持った車を駆使して、無事に配達完了。

メリークリスマス!

 

★      ★      ★

 

出るわ、出るわ、小人の群れ。

描くの大変だったでしょうね。

 

でも、彼らの行動がひとつひとつ面白く、なおかつそこに必然性があるのがポイント。

じっくり見て行くと「なるほどなあ」と、大人も納得。

部屋に入ってからは、ラジコンのダンプを操作したり。

 

車の描写が丁寧で緻密であることに加えて、その活躍の仕方、小人の行動にもリアリティが追及されているのです。

これは子どもを侮る大人にはけっして作れない作品です。

 

作者のなかがわさんが、乗り物好きの息子さんとの触れ合いの中でこの作品の基が生まれたという逸話には深く納得しました。

これは男の子を持つ親なら共感できると思います。

最初は興味のない乗り物図鑑や絵本を、何度も何度もせがまれて読んでいるうちに自分もちょっと詳しくなってきて、そうすると中途半端なものでは読み聞かせる側として納得できなくなってきたり。

 

そういうわけで、このシリーズはもちろん息子にも大いにウケたし、自分でも楽しめる作品ではあるのですが……。

ただひとつ誤算だったのは、毎回「登場するすべての小人の数を数えさせられる」こと。

勘弁して。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆(我が家の場合)

プレゼントが鏡餅かと思う度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おたすけこびとのクリスマス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント