【絵本の紹介】「はじめてのふゆ」【208冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

真冬の寒さが続いていますね。

都会で暮らす人間にとっては「寒い」で済む話かもしれませんが、自然の中に入り込めば、冬は生死に係わる過酷な季節です。

 

動物たちは様々な備えをし、時には驚くような知恵をもって、この季節を乗り越えます。

生命のもろさ・儚さと同時に、意外なほどの力強さを、彼らの姿から感じることができます。

 

今回紹介するのは「はじめてのふゆ」です。

作・絵:ロブ・ルイス

訳:ふなとよしこ

出版社:ほるぷ出版

発行日:1992年11月30日

 

可愛い絵で、あたたかみのある落ち着いた色使いが魅力的です。

生まれてすぐに母親を亡くし、「ちいさいのに ひとりぼっち」の、じねずみのヘンリエッタ。

孤独な設定ですが、ヘンリエッタからは悲壮感のようなものは感じられません。

 

冬を体験したことのないヘンリエッタは、秋の紅葉の美しさを楽しんでいます。

そんなヘンリエッタを心配して、仲間たちは冬に備えて食べ物を集めておくように忠告します。

 

ヘンリエッタは苦労して貯蔵庫を掘り、木の実や草の実を集め、安心して眠ります。

しかし雨が降ってくると食べ物置き場は浸水被害に遭い、せっかくの食べ物が全部流れてしまいます。

 

ヘンリエッタは雨漏りを直し、もう一度食べ物を集めてきます。

ところが、今度は虫たちが食べ物を食べてしまいます。

くたびれ果てたヘンリエッタを可哀そうに思った仲間たちが、食べ物集めを手伝ってくれます。

嬉しくなったヘンリエッタは、仲間たちとパーティーを開きます。

 

が、調子に乗って食べ過ぎたのか、またも食べ物は空っぽに。

外には雪が降り、もう木の実も草の実も残っていません。

どうしようもなく、ヘンリエッタは眠りにつきます。

 

そして目が覚めてみると……。

 

★      ★      ★

 

最後は「なんじゃそりゃ」と突っ込みたくなるような、突然のハッピーエンド。

でも、それがいい。

 

健気に苦労する身寄りのないヘンリエッタを、子どもは内心で応援し続けます。

中途半端な終わり方では、子どもの不安や心配を完全に吹き飛ばすことはできません。

大人には肩透かしでも、これくらい強引な方が子どもは「よかった」と安心できるのです。

 

「はじめてのふゆ」とは、幼い子どもがやがて必ず体験するであろう、人生の辛い時期、悲しい出来事を意味しています。

そんな時、どう対処すればよいのか、単一のマニュアルは存在しません。

 

でも、大人が子どもに伝えるべきことはひとつです。

それは「必ず、最後には幸せになれる」という無条件で力強いメッセージです。

 

生きて行く上で重要な意味を持つその確信は、特に幼い頃の物語体験によって培われるものです。

 

それにしても、ヘンリエッタの住居の素敵なこと。

よく見ると椅子は空き缶だし、暖炉にはクリップ、窓格子にはマッチ棒が使われていて、飾り棚にはコインが並んでいます。

 

これは亡くなったお母さんが作ったインテリアでしょうか。

近くに人間が住んでいることを思わせる、作者の遊び心です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

ホームインテリアの趣味の良さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「はじめてのふゆ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント