【絵本の紹介】「ゆきがやんだら」【207冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは酒井駒子さんの「ゆきがやんだら」です。

作・絵:酒井駒子

出版社:学研教育出版

発行日:2005年12月8日

 

酒井さんの絵本は、もうこのブログで何度も取り上げていますし、その超絶画力についても毎回のように言及しています。

≫絵本の紹介「ぼく おかあさんのこと・・・

≫絵本の紹介「きつねのかみさま

≫絵本の紹介「くまとやまねこ

 

絵の専門知識はないのですが、酒井さんの独特のざらざらした質感はマチエールといって、絵の具の凹凸を活かした表現法らしいです。

私はまだ酒井さんの原画を見たことがないのですが、原画ならそのあたりがよくわかると思います。

 

さて、この「ゆきがやんだら」は、雪が降った時の、子どもの瑞々しいドキドキ・ワクワク感を静謐な絵と文で描き出した作品です。

生活風景が何となく80〜90年代っぽく、私たち親世代が読むと、自分の子どもの頃を思い出してノスタルジックな気分に浸れます。

雪が降ったから、園もお休み。

灰色がかった暗い画面が、外界から切り離された非日常感を漂わせます。

 

主人公のうさぎの男の子は雪遊びをしたがりますが、お母さんが風邪を心配して、雪が止むまで外に出ては駄目だと言います。

出張中のお父さんは今日帰宅するはずでしたが、雪で飛行機が飛ばないため、帰ってこれません。

 

買い物にも行けないので、お母さんはうさぎくんとトランプ遊びをします。

ベランダから外を見ても、ただ静かな銀世界。

ぼくと ママしか いないみたい、せかいで

といううさぎくんの言葉からは、寂しさや心細さよりも、雪に降り込められることでむしろ母親との距離が近づいたような気持ちが感じられます。

 

夜になって、窓の外を見ると、雪が止んでいます。

外に出たがるうさぎくんに、お母さんは少し笑って、

いいわ、ちょっとだけね

雪に足跡をつけ、おだんごを作っていると、鼻水が出てきて、うさぎくんとお母さんは家に帰ります。

あした……、あしたね……

パパも かえって くるよ。ゆき やんだから―――

 

★      ★      ★

 

おや、このうさぎの親子は、「ぼく おかあさんのこと・・・」で登場したキャラクターではありませんか。

出版社も違うし、続編という扱いではなさそうですが。

 

どちらも心温まるお話ですが、作品の持つ雰囲気はわりと違っていて、「ぼく おかあさんのこと・・・」ではポップな色使いでコミカルな印象もありますが、この絵本では、全体に抑えた色彩で、美しさと静けさが強調されています。

 

何より、お母さんが優しい。

 

だから「ぼく おかあさんのこと・・・」で登場した、怒ってばかりの母親とは別キャラのように見えるかもしれませんが、この作品でお母さんが見せる子どもへの理解と寛容さは、やっぱり「雪」の力だと思います。

 

静かで白い世界に子どもと二人で佇んでいると、自然と優しい気持ちになるのでしょう。

あるいは、お母さんもまた、自分の子どもの頃を思い出しているのでしょう。

 

雪には、人と人を近づける力があるのかもしれません。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

うさぎくんの愛おしさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆきがやんだら

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント