【絵本の紹介】「いちご」【204冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

世界で活躍する彫刻家の新宮晋さんという方がいます。

彼の作品は風や水といった自然エネルギーでのみ動きます。

 

現在、兵庫県の県立有馬富士公園にて、新宮さんの彫刻12点が展示されています(風のミュージアム)。

 

新宮さんは絵本も描かれており、それらは自然を見つめ続ける芸術家の精神が生き生きと伝わる作品ばかりです。

今回紹介する「いちご」は、彼が初めて世に出した絵本です。

作・絵:新宮晋

出版社:文化出版局

発行日:1975年5月10日

 

内容はまさに「いちご」賛歌。

それも、新宮さん独特の感性によって「いちご」をどこまでも深く見つめたものです。

 

デッサン風のイラストも迫力ですが、言葉のセンスも脱帽もの。

本当は1画面ごとに語りたいくらい。

また、テキストは日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語でそれぞれ書かれています。

 

まず、最初と最後の見開きページをグレー一色にして、同じフレーズで締めるという演出。

いちごの生長の中で、いちごと同化して、いちごと同じ景色を見ているような気分にさせます。

雪の中で眠る。静かに。静かに。

こごえる夜 数えきれないほどの星を見る。

風が光をはこんでくる。

太陽が金の雨を降らせる。

みごとな夕やけを見た。もえるような赤に心がときめいた。

という、見開きを赤一色に染めたシーンの印象的なこと。

 

そして、

赤い実のまん中には 太陽のとどかない 白いつめたい世界がある。

いちごに対してこんな文章、ちょっと他に書けるひといないんじゃないでしょうか。

この絵本には、視覚だけでなく、五感すべてに訴えかける力があります。

新宮さんは意図的にそうしています。

 

ほら、本を閉じると、いちごの冷たさや、甘い香りが感じられるはずです。

 

★      ★      ★

 

私はこの絵本を読むと、ゲーテの自然研究法としての「直観」を思い浮かべます。

ゲーテは自然を観察する際、主観や偏見を排し、「ありのまま見る」ことで自然の背後にある秘密を解き明かそうとしました。

 

理性的な思考だけで物事を捉えては、真実が曇らされてしまうとゲーテは感じたのです。

自らも自然の一部となり、自然に向き合うとき、自然はその秘密を語ってくれるのです。

 

新宮さんの表現の中には、そうした「直観」でしか把握できないような「いちご」の姿が描き出されています。

新宮さんはいちごを「星」と表現します。

 

いちごには北極がある。南極がある。その間には金の鋲が打ってある。

 

地球に生まれ育ったものはすべて、地球からの力と、太陽に代表される宇宙からの力の影響に晒されています。

その結果として作り出されたいちごの形態が「地球の模造」であることに思い至る時、私は「いちご」を美しいと思わずにはいられません。

 

クリスマスシーズン、ケーキの上に乗った「いちご」を口にする前に、その美しさに思いをはせてみてください。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

いちご愛度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「いちご

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント