絵本における性差について(の本に対するツッコミ)

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

絵本に関する本なら何でも読む私ですが、この前、とあるグループが発行した「絵本にみる性差別」という小冊子を手に取りました。

いわゆる女性問題を考えるグループですが、小冊子自体わりと古いものだったので、今でもそのグループが活動しているのかどうかは知りません。

 

この冊子では、幼児向き人気絵本から120冊ほどを選んで、「調査結果」を報告するという内容になっています。

「性差」の観点から絵本を読むというのは興味深いことですが、正直なところ、読んでいてだんだん気が滅入ってきました。

 

絵本の主人公に女性が少ないという問題は大いに考える価値がありますが(ほんとにそうかどうかは120冊程度の統計では結論が出せないところですが)、問題提起のほとんどは、

女性ばかりが育児に関わっている

男の子はズボン、女の子はスカートを履いている

男の子は自動車のおもちゃを持っているのに、女の子はぬいぐるみを持っている

とかいう「性差における作者の固定観念」の指摘が主でした。

幼いころに与えられるそうした「刷り込み」が、子どもに「性差別」の意識を植え付けるのだそうです。

 

しかし、別にフェミニストの方を敵に回す気はないのですが、控えめに言って、この筆者の指摘には「?」がたくさん浮かびました。

 

例えば「11ぴきのねこ」において、11ぴきがオスであるかどうかは不明なのですが、筆者はこれを「オスばかりのようである」と判断しています。

男が狩りに行く時には、女は足手まといになるのであろう」とも。

あのう、それってまさに筆者の「男女観」を当てはめているんじゃ……。

 

また「ぐりとぐら」も男の子ですが(これは一応、「ぼく」という一人称なので順当な見方)、料理をしたり帽子に花をさしたりしているところは良い(?)として、作る料理がカステラという手間のかかるものであることは、料理においても男の方が才能や天分があるような過大評価がなされることから来ている、というのです。

なんかもう、こじつけ以上のなにものでもない気がしますが。

 

いたずらきかんしゃちゅうちゅう」は、主人公の機関車が女の子で行動的という点は評価(?)しつつ、燃料切れで助けてもらうというストーリーは「女が一人で行動しようとしても結局うまくいかないのだ」という押さえ込みなのだと解釈されます。

 

スイミー」は「受験競争やサラリーマン社会での出世競争に勝ち抜いて欲しいという母親・妻の願い」の物語であり(なんでそうなるのかの理路は不明)、「のろまなローラー」が結果的にみんなに感謝され、尊敬されるのは「ローラーが男であるから」だと結論づけられます。

 

何というか、よくもまあここまで絵本をつまらなく読めるものだと感心さえしました。

そういう趣旨の企画なのだから仕方ないのかもしれませんが、こういう「検閲」的目線で絵本について語られ続けると、絵本好きとしてはゲッソリしてしまいます。

とらっくとらっくとらっく」に至っては、おじさんの喫煙シーンを「教育上好ましくない」という、もはや性差と何の関係もない批難までなされています。

 

この筆者は、「男の子がスカートを履いて人形遊びをし、女の子がズボンを履いてサッカーをし、父親は家で家事をこなし、母親が外で働く」という絵本を「良い絵本」とするのでしょうか。

それって、筆者らの言う「男優女劣」の価値観はそのままに、男女を反転させただけの世界だと思うのですが。

 

それは結局のところ「性差」にこだわり過ぎる「不自由な精神」の表れだと思います。

 

我が家は一人息子ですが、私は「男らしく」とか「男なんだから」という言葉を使うことはありません。

息子は初めから乗り物絵本が好きでしたし、そういう玩具を選びましたが、ぬいぐるみ遊びもするし、ままごとも好きです。

何度も書いてきたことですが、私は息子に何も強制しないし(歯磨き以外は)、息子がやりたがることは可能な限りやらせてあげます。

「内的に自由」な人間に成長して欲しい。

それが私が息子に望むことだからです。

そして「内的に自由」な人間は、差別や偏見とは最も遠いところにいます。

 

私は別に絵本作家が無謬であるとは思いません。

どんなに優れた作家であっても、時代や環境から完全に自由というわけではないでしょう。

ですが、名作と呼ばれる絵本には、必ずどこかに美しい真実が描かれています。

 

それを見い出し、掬い取るためには、真実を感じ取れる自由な目が必要です。

すべての子どもは生まれながらにその素質を持っています。

その素質を伸ばしてやるためには、我々大人が横合いから無粋な口出しをしないことです。

「こういう絵本を読みなさい」と手を回すことは、「男らしさ・女らしさ」の押しつけと精神的には似通っています。

 

やがて子どもが自ら読みたい絵本を選べるようになるまでは、できるだけ多くの、偏らないジャンルの絵本を用意してあげたほうがいいと思います。

「性差と無関係」だからという理由で「はらぺこあおむし」とか「ごろごろにゃーん」ばかりを読み聞かせるのは、それはそれで歪です。

もちろん、どちらも素晴らしい絵本ですけどね。

 

最近はカメラの仕組みに関する本がお気に入りの息子。

 

関連記事≫絵本をどう選ぶか。そして、どう読んであげるか。

≫絵本の紹介「11ぴきのねこ」

≫絵本の紹介「ぐりとぐら」

≫絵本の紹介「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」

≫絵本の紹介「スイミー」

≫絵本の紹介「のろまなローラー」

≫絵本の紹介「とらっくとらっくとらっく」

≫絵本の紹介「はらぺこあおむし」

≫絵本の紹介「ごろごろにゃーん」

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント