【西宮市大谷記念美術館】「2017イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」へ行ってきました。

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

「バベルの塔」展に続きまして、今度は毎年恒例のボローニャ国際絵本原画展を見に行きました。

西宮市大谷記念美術館で開催中。

今週末まで。

例によって例のごとく、終了日間際のレビュー。

 

ボローニャ国際絵本原画展とは、イタリア・ボローニャで毎年行われる絵本原画のコンクールで入賞した作品を展示するもの。

コンクールは絵本の原画を5点1組にすれば誰でも応募できるので、毎回世界各国から多くのイラストレーターたちが参加しています。

もちろん、日本人も。

 

私はこの展覧会に行くのはこれが初めてになります。

夏休みも終わったというのに、多くの来館者。

なかなかの人気です。

 

今回は日本人6名を含む26か国75作家が入選を果たしたということで、すべてを見て回るのには結構時間がかかりました。

以下、個人的な感想。

 

絵本から原画展に行く時は非常にワクワクしますが、原画から入ると、また違った趣があります。

全体として、確かにすごく上手い。

そして、ハイセンスな印象です。

どっちかというと大人向け。

もちろん、子どもがじっと見入るような絵もあるんですけど、単純な楽しさよりも、深いメッセージ性のある作品が多い気がしました。

 

それ自体は全然悪いことではありませんが、これだけ世界中から色んな作家さんの作品を集めているにも拘わらず、展覧会全体にどことなく統一感のようなものがあるのですね。

審査員が意識的にそうしたのかどうかはわかりませんが、私はもっとカオスな展覧会を想像していました。

だって、絵本って物凄く自由度が高く、それゆえに作家の個性が発揮されやすいメディアだからです。

 

その割に、今回の入賞作品はどこか似た雰囲気のものが多い。

あと、コラージュ手法がやたら多い気がしました。

コラージュ好きですけどね。

 

見たこともないような大胆な表現技法とか、思わず力が抜けてしまうようなゆるーいイラストとか、「これが絵本?」と思ってしまうような実験的な作品とか、そういうのを期待してたんですけども。

 

もちろん、そういう作品も多く寄せられていたのかもしれませんが。

繰り返しますが、作品そのものはすごくハイレベルだと思いますし、面白いものもたくさんありました。

 

入選作家の他作品を含む絵本展示ブースもあり、私はそこにいた時間が一番長かったです。

原画もいいけど、やっぱり「絵本」の形で手に取ってみたい気持ちが強いらしいです。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント