【絵本の紹介】「なみにきをつけて、シャーリー」【174冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりにジョン・バーニンガムさんの絵本を取り上げます。

なみにきをつけて、シャーリー」です。

作・絵:ジョン・バーニンガム

訳:辺見まさなお

出版社:ほるぷ出版

発行日:1978年9月10日

 

イギリスを代表する人気絵本作家のバーニンガムさん。

奥さんは同じ絵本作家のヘレン・オクセンバリーさん。

 

≫クシュラの奇跡(「ガンピーさんのふなあそび」紹介)

≫絵本の紹介「ボルカ はねなしガチョウのぼうけん」

 

毎回実験的な絵本作りを試みるバーニンガムさん。

この作品でも、変わった趣向を凝らしています。

 

最初と最後のページを除き、全編が右と左のページで、まったく違う世界を描いているのです。

両親と海へ行ったシャーリーは、海賊と宝を巡っての大冒険を空想します。

両親は浜辺に腰かけ、娘にくどくどと小言を言い続けます。

 

シャーリーと両親、それに犬が海辺にやってくる冒頭。

みずが つめたくて とても およげないわよ

と母親が言っているところを見ると、少々時季外れのようです。

たぶん、シャーリーがどうしても行きたいとねだったんでしょう。

 

両親は折り畳み式の椅子に腰かけ、新聞を読んだり、編み物をしたり。

シャーリーは波打ち際に立ち、すでに空想の世界へ入り込んでいます。

母親はシャーリーに対し、あれこれ口を出さずにはいられません。

靴を汚さないように、石を投げないように、飲み物はいらないの? 等々。

一方のシャーリーは、すっかり自分の世界に入っています。

シャーリーの想像世界の中では、彼女は犬を連れてボートで海賊船に乗り込み、海賊どもを相手に大立ち回りを繰り広げ、宝の地図を奪って脱出し、ついに宝の島を探し出し、財宝を手に入れるのです。

 

★      ★      ★

 

文章の(いい意味での)素っ気なさはいつも通り、というか、母親のセリフのみ。

ですので、読む側が想像力を働かせなければ、この絵本は読めません。

バーニンガムさんは度々こういう手法を用います。

 

何を言われても上の空のような子どもと、何かを言わずにはおれない親。

誰もが思い当る光景ではないでしょうか。

 

しかし、バーニンガムさんは何も、シャーリーの両親を「子どもに無理解な、ひどい親」として描いているわけではありません。

ただ、「そういうものだ」ということを、両者の見ている世界の対比によって際立たせているのです。

 

子どもと大人との間には、こうした「溝」が存在するのだということ。

その「溝」を認識できれば、子どもに対してイライラしたり、「どうしてわからないの!」とキレてしまうことも減るんじゃないでしょうか。

 

それに、注意深く読んでみると、シャーリーは決して母親を無視しているわけではありません。

母親のセリフが、彼女の空想世界に、何らかの波紋を投げかけています。

あたらしいくつを きたないタールで よごしちゃだめよ

と言われると、次のシーンではシャーリーは(現実とは違い)真っ黒な靴を履いています。

いぬを ぶったりしちゃ だめよ

と言われると、犬が海賊に噛みつき、活躍します。

いそがないと おそくなっちゃうわ

と聞くと、空想世界は真っ暗な夜に変化します。

 

子どもが、現実と空想の「境界」を漂うように生きるというのは、こういうことでしょう。

親から見れば、全然こちらの話を聞いていないように見える子どもは、こんな形で「聞いている」のです。

だから、「お母さんの話を聞いてるの!?」と怒鳴られると、たいていの子どもは憮然とした表情になるんでしょうね。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

犬はどこ行ったの度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「なみにきをつけて、シャーリー

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント