【絵本の紹介】「ペンギンきょうだい ふねのたび」【173冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

8月ももう終わり。

夏休みももう終わり。

 

今年も、旅行らしい旅行はなかった私。

先日の林明子原画展のために日帰りで広島へ行ったのが唯一、旅と呼べるかな。

 

さて、今回紹介するのは「ペンギンきょうだい ふねのたび」です。

作・絵:工藤ノリコ

出版社:ブロンズ新社

発行日:2011年6月20日

 

大人気絵本作家・工藤さんの「ペンギンきょうだい」シリーズ第2弾。

 

≫絵本の紹介「ぺんぎんきょうだい れっしゃのたび」

 

おねえちゃん・ペンちゃん・ギンちゃんの3姉弟が、電車に乗って祖父母の家へ遊びに行った前回の続き。

ほんとに「続き」でして、この3人、前回から家に帰っていないんですね。

なんと、さらにここから今度は「おじちゃんの家」へ行くらしい。

 

おじいちゃんの犬ぞりに乗せられて、船着き場に行くところから始まります。

見逃せないポイントがいくつもあるこのシリーズ、おねえちゃんがおばあちゃんから何やら青い包みを受け取っているのに注目。

 

そして3人は可愛い「しましま号」に乗り込みます。

この客船に同乗しているのは、アザラシの紳士や、山ほどお土産を抱えたペンギン、犬を連れたクマなど、どういうわけか前回と同じメンバー。

ツアーでもなさそうなのに、謎。

途中、「ちいさなしま」に寄り道。

魚がいっぱいの海で泳いだり、ビーチで遊んだり、思い思いに過ごす乗客一同。

 

そしてお約束の食事シーン。

今回は「せんちょうさん とくせい ハンバーガーランチ」。

3人が選んだのは、

トマトバーガーとグアバジュース

チーズバーガーとスイカジュース

パイナップルバーガーとキウイジュース

とってもおいしそう。

 

そして、船長さんから素敵なプレゼントも。

イルカの群れとともに、「おおきなしま」に到着。

 

南国情緒たっぷりのおじちゃんの家へ迎え入れられます。

ここで、冒頭の青い包みの中身が、おじちゃんへのプレゼントであったことがわかります。

 

★      ★      ★

 

ため息が出そうなくらい素敵な船旅。

現実にはなかなかここまでのんびりした旅ってできませんよね。

 

景色や船もいいけど、一緒に旅をする人たちがみんないい人そう。

自然にお互い仲良くなったりしてます。

 

今回も、サブキャラクターたちの行動が面白くて、何度でも読み返せる仕掛けになっています。

私が好きなのは、大物を釣り上げるクマさん。

ペンギン姉弟の持ち物が、思い出の品でだんだん増えてきているのも楽しいです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

船長さんのかっこよさ度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ペンギンきょうだい ふねのたび

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント