3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私には3歳の息子がいます。

0歳の時から、ほぼ毎日、絵本を読み聞かせています。

我が家の読み聞かせルールは、「子どもが望むとき、望んだ分だけ、いつでも、何度でも読んであげる」です。

 

そうして、3歳までに読み聞かせた絵本は1000冊を超えました(1000回読んだ、でなく、1000種類の絵本、という意味です)。

2〜3回しか読まなかった絵本もあるし、それこそ何十回となく読んだ絵本もあります。

 

ただし、強制は絶対にしません。

読んでみて、反応がもうひとつだな、と思ったら、話の途中でも中断して、ほかの遊びをします。

逆に、子どもから「読んで」と言われたら、自分が何をしていても、絵本へ向かいます。

夜中じゅう繰り返し読み続けたこともあります(後半は睡魔のあまり読み間違えだらけでしたが……)。

 

以前にも幼児への早期教育や、集中的な読み聞かせについての記事を書きましたが、3歳くらいまでの子どもの吸収力というものは凄まじいものがあり、8歳にして6か国語を自由にしたドイツのカール・ヴィッテや、また、時には重い障害すら克服してしまったニュージーランドのクシュラのような例もあります。

 

読み聞かせはいつから?

クシュラの奇跡

 

子育てはどこで終わりというものではなく、成功・失敗がはっきりしたものでもありません。

ですから、途中経過はあくまで途中経過ですが、読み聞かせ育児というものの一つの参考事例として、息子の成長について、ここに紹介してみます。

 

息子は、1歳を少し過ぎたころには、平仮名・カタカナ・アルファベットを識別し、1歳半には文章を読めるようになりました。

特に教えてはいませんが、いつの間にかローマ字も判読するようになっていました。

たまには自分で絵本を読むこともありますが、基本的には読んでもらいたがります。

絵本を元ネタとした遊びをしたがります。

時にはこぐまちゃんになり、時にはうさぎになり、ロボットになり、絵本のセリフを諳んじます。

記憶力は相当いいようで、一度読んだだけの絵本のタイトルや内容も実によく覚えていて、こっちがついていけないこともしばしばです。

 

語彙が豊富で、単語ではなく長文を作って会話します。

割と的確な言葉を使います。

替え歌が大好きで、いろいろ作っては歌っています。

 

言葉が豊富だということは、感情表現も豊かだということに繋がります。

単に泣きわめくだけでなく、自分がどういう気持ちなのか、どうして欲しいのか、懸命に言葉を探しているようです。

ですから、滅多に癇癪は起こさないし、気分の切り替えも早いです。

 

少々親の欲目が入っているかもしれませんが、そんなところです。

今後この子がどう育っていくのかは、まだまだわかりません。

しかし、現時点でのこれらの成長と絵本の読み聞かせは、けっして無関係ではないと思っています。

 

ただ、誤解していただきたくないのですが、私は息子を東大に入れたいとか、学者にしたいとか考えているわけではありません(そうなってくれても一向に構いませんが)。

子どもには、将来、自分の人生を満ち足りたものとして、肯定的に、主体的に生きて欲しいと願っています。

そのために最も重要な土台となるのは、幼児期の愛情だと思っています。

 

赤ちゃんにとって、無条件に愛されていることが、あらゆる人間的資質の開花のための栄養分なのです。

絵本を読んでもらうことは、愛情の確認作業でもあります。

どんな時でも拒絶せずに読んであげることで、「あなたはいかなる時でも無条件に愛されている。あなたにはそれだけの価値がある」と、子どもに伝えているのです。

そして、子どもが親に対して真に求めているものは、まさにそのメッセージなのです。

 

子どもの早期教育と言って、高価な教材を購入したり、有名幼稚園に通わせようとするなら、手間と時間を惜しまず、子どもに絵本を読んであげましょう。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

コメント