絵本の紹介「おおきなかぶ」

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむ店主です。

 

絵本にはよく、繰り返しのリズムが登場します。

幼児にとって、繰り返しはどんな意味を持つのでしょう。

 

何かが一度起こる。

次に、少し形を変えて、同じことが起こった時、これはもはや偶然ではないことが、幼い子どもにもわかります。

さらに3回、4回と繰り返されることで、今度は先回りして展開を読もうとする意識が働きます。

その予想が違わず、思った通りのことが起こった時、子どもは深い歓びを経験するのです。

 

別に不思議なことではありません。

人間の探求心とは、本来的に、この世界のパターンを理解したいという欲求です。

自分を取り巻く世界がある法則に貫かれており、自分もその一部であると認識するとき、人はその法則を美しく感じます。

それは子どもでも同じことです。

 

今回はそんな繰り返しのリズムがある名作絵本を取り上げたいと思います。

「こどものとも傑作集」から、「おおきなかぶ」です。

おじいさんが植えたかぶが、とてつもない大きさになります。

おじいさんはかぶを引き抜こうとしますが、抜けません。

おじいさんはおばあさんを呼び、おばあさんは孫娘を呼び、孫娘は犬を呼び……

そのたびにみんなで「うんとこしょ どっこいしょ」と、掛け声を合わせてかぶを引っ張ります。

この文章のリズムがとても心地よいです。

最後にとうとうかぶが抜けると、それまで地中に埋まっていた部分が現れますが、子どもはその大きさや形状が、頭に思い描いていたものと同じかどうか、しっかり確認しています。

そこで絵本を閉じ、表紙絵に戻ってあげましょう。

抜けたかぶを担いで家に戻るおじいさんたちを見て、子どもは満足感を覚え、そしてまた初めから読んでもらいたくなるのです。

 

文章と一体となった絵が、また素晴らしいです。

この絵本を読み聞かせていると、子どもが、一緒になってかぶを引き抜こうとする動作をしていることがあります。

それだけ子どもを引き込む力が、この絵にあるということです。

 

絵を描いている佐藤忠良さんの本職は彫刻家です。

シベリアで抑留生活を経験したこともある佐藤さんに、「こどものとも」編集長の松居直さんが、是非と挿絵をお願いしたそうです。

 

佐藤さんは鏡に向かって引っ張るポーズをしてはデッサンを繰り返し、どうしても押しているように見えてしまうと、何度も何度も描き直したそうです。

そんな苦心の末に完成しただけあって、ロシアの農民の生活が生き生きと伝わる、本当に力強い生命が溢れた絵になっています。

そして、文字の読めない子どもでも、絵だけを追って十分に物語を「読める」絵本に仕上がっています。

 

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

絵本専門の古本屋 えほにずむ

〒578-0981

大阪府東大阪市島之内2-12-43

URL:http://ehonizm.com

E-Mail:book@ehonizm.com

 

 

 

 

 

コメント