【絵本の紹介】「さる・るるる」【106冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもを観察していて感心させられることは山ほどありますが、中でも言葉に対する彼らの感受性・吸収力の高さにはいつも驚かされます。

 

子どもは、大人の発する言葉を単に「模倣」しているわけではありません。

彼らは言葉を注意深く(そして驚嘆すべき速度で)分析し、分類し、「仮説」を当てはめ、「応用」しようと試みます。

 

我が家の例を挙げれば、息子が2歳のころ、

ふたりぼっち

という造語を用いたことがあります。

 

これは明らかに「ひとりぼっち」から推測した「派生語」です。

(たまに見かける造語ですが、息子がそれを耳にしたことはありません)。

 

また、私たち大人は、アニメDVDなどの映像を「観る」と表現しますが、息子はそれを

聞いて、見る

と毎回のように訂正していました。

 

考えてみれば、そうした行為には「音声を聞く」作業が含まれているのだから、息子にしてみれば「見る」というだけでは「足りない」と感じられたのでしょう。

 

これらのことからも、子どもが単純に大人の言葉を「コピー」しているわけではなく、(無意識に)凄まじい知的探求心でもって、解釈し、自分のものにしようと努力していることがわかります。

 

また、子どもは「韻を踏んだ」言葉が大好きで、そういう言葉を発見すると、1時間でも2時間でも繰り返して口ずさみます。

 

それは言葉の「練習」というよりは、もっと本能的な歓びに因しているように思われます。

 

つまり、子どもにとって「言葉」とは、「意味」と「音」の美しい「調和」であるべきだ、と直感されているのではないでしょうか。

そういった、子どもの詩的とも言うべき言葉への感性は、大人には及びもつかない鋭さを持っています。

 

前置きが長くなりましたが、上に述べたようなことを考慮すれば、今回紹介する「さる・るるる」が、子どもに絶大な人気である理由もわかるような気がします。

作・絵:五味太郎

出版社:絵本館

発行日:1979年11月

 

毎回遊び心が満載の五味太郎さんの絵本。

これは、「る」で終わる動詞のみでストーリーが紡がれていく作品です。

さる・くる

さる・みる

さる・ける」…

 

こう読み始めるだけで、息子は大喜びし、さるの行動を自分でも再現します。

絵だけでもじゅうぶんに物語は読めますし、何と言っても、さるが抜群にユーモラス。

さる・える

さる・せる

あたりは、子どもには少し理解しにくい動詞ですが、細かいことは気にしない。

いずれわかります。

 

子どもにとって言葉とは、「意味」以前に「響きの心地よさ」がなければならないのです。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆

読み終わった後も、必ず「る」遊びが続く度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「さる・るるる

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント