絵本の紹介「ノラネコぐんだん パンこうじょう」


 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今日2月22日は、222(ニャーニャーニャー)で「猫の日」です!

 

古典から新作に至るまで、ねこが登場する絵本は数えきれないほどありますが、今回は現在最も注目されている「ねこ絵本」を紹介します。

工藤ノリコさんの「ノラネコぐんだん パンこうじょう」です。

作・絵:工藤ノリコ

出版社:白泉社

発行日:2012年11月20日

 

私も個人的にファンである工藤ノリコさんの大人気シリーズ。

以前の記事で工藤さんの作品の魅力について語りましたので、そちらも併せてご覧ください。

 

≫絵本の紹介「ピヨピヨスーパーマーケット」

 

とにかく、工藤さんのキャラクターは可愛い。

それも、ちょっと他にはない可愛さです。

 

それはやっぱり、あの「顔のパーツ」の力だと思います。

たいていのキャラクターが、横一線の目に、タラコくちびる(クチバシ)。

 

たったそれだけのパーツで、実に豊かな表情を読み取ることができるのです。

これは「へのへのもへじ」並みの発明なのではないかと思います。

ワンワンちゃんの パンこうじょう」を覗いているノラネコぐんだん。

なにやらよからぬことを考えているよう。

 

工藤さん、相変わらず食べ物や小物の細かい描写が楽しいです。

夜中にほっかむり姿で工場に忍び込んだノラネコぐんだん。

自分たちでパンを作って食べるつもり。

 

意外と手際よくやっていますが、ふくらしこを一缶まるごと入れた結果、膨らみ過ぎたパンがかまどを破壊し、工場をふっ飛ばしてしまいます。

 

駆けつけたワンワンちゃんの前に、巨大なパン。

 

ワンワンちゃんはノラネコぐんだんを正座させ、

こんなことをして いいと おもっているんですか

と、なんとも型どおり過ぎて力の抜けるお説教。

 

ノラネコぐんだんも、

いいと おもってません

ニャー

と、絶対反省してなさそうな返事。

 

しかし、ここからがワンワンちゃんの教育(?)流儀。

巨大パンを使って、「パンまつり」を開催。

ノラネコたちはお手伝い。

 

パンを切ったり、サンドイッチを作ったり、結構楽しそうに働いてます。

労働の大変さや楽しさを教え、食べ物を粗末にせず、そして最後は工場の再建設まで、経験主義のまさに「生きた教育」。

 

ノラネコぐんだんの好奇心や興味を、実体験させることで満たしてやるわけです。

 

★      ★      ★

 

このシリーズを読み続けていくと、ひとつの疑問が湧いてきます。

ワンワンちゃんって、何者?

 

パン屋さんかと思っていると、農場主になってたり、お寿司屋さんになったかと思うと、飛行機まで所有していたり。

そのあたりの説明は一切ないんです。

 

実は、工藤さんはかつて4コマ漫画として「ワンワンちゃん」シリーズを連載しており、ノラネコぐんだんも、もとはその漫画のキャラクターだったんですね。

 

掲載されていたのが就職誌だっただけあり、「さすらいの就職犬」という設定のワンワンちゃんは、毎回様々な職種にチャレンジします。

絵本では名前すら出てきませんが、いつもワンワンちゃんと行動を共にしているニワトリ(?)は「マーミーちゃん」というロボットで、小鳥の方は「パッポヒ」というドイツ生まれの鳩時計に住む鳩です。

 

うーん、初めて読んだ時は、ワンワンちゃんとマーミーちゃんが夫婦で、パッポヒがその子どもかと思ってました。

この二人も、よく見ているとそれぞれのキャラクターに合った行動を取っていて面白いですよ。

 

パン屋のお客さんも、漫画にも登場したキャラクターたち。

漫画では、ノラネコぐんだんを始め、ほぼ全員がワンワンちゃんの足を引っ張ることが多いですが。

 

絵本紹介のはずが、漫画紹介みたいになってしまった……。

 

ので、最後にひとつ。

おさるさんが買っている「ねじりパン」の値段はいくらでしょう?

よーく絵本を読み込めばわかるようになっていますよ。

 

推奨年齢:1歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ワルかわいい度:☆☆☆☆☆

 

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

コメント