【絵本の紹介】「アレクサンダとぜんまいねずみ」【357冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

ねずみ年のねずみ絵本紹介、今回は「アレクサンダとぜんまいねずみ」です。

作・絵:レオ・レオニ

訳:谷川俊太郎

出版社:好学社

発行日:1975年4月1日

 

やっぱりねずみ絵本と言えばレオニさんは外せませんね。

フレデリック」や「シオドア」「ジェラルディン」といったラブリーで個性的なねずみキャラクターをたくさん生み出しています。

 

≫絵本の紹介「シオドアとものいうきのこ」

≫絵本の紹介「フレデリック」

 

「個性的って、ねずみの見た目が全部同じじゃないか! あだち充か!」という無粋なツッコミに対しては「よく絵を見てください」と返しましょう。

全部微妙に違いますよ。

それは作者が毎回少しずつ手法を変えているからです。

 

同じ造形のコラージュでも、使用する紙や切り抜き方によって変化を表現しています。

例えばこの「アレクサンダとぜんまいねずみ」でも、本物のねずみとおもちゃのねずみでは輪郭のふわふわ感が違います。

 

さて内容の方ですが、「自分とは何か」を核にした哲学的物語……という点はいつものレオニさんですが、その展開と構成は彼の作品の中でも目を引いてドラマチックです。

アニーの家に棲むねずみのアレキサンダは、見つかるたびにほうきで追い回される嫌われ者。

ある日、彼はアニーの部屋でぜんまいじかけのねずみに出会います。

 

ウィリーというそのおもちゃねずみはアニーのお気に入り。

彼は自分では自由に動き回れませんが、大事にされていることに満足しています。

(余談ですが、私の手元にある第28刷では表記が最初は「ウィリー」、途中から「ウイリー」となっています。ここでは「ウィリー」で統一させてもらいます)。

 

二ひきは仲良くなり、アニーの目を盗んで度々一緒に会って話をします。

アレキサンダはみんなからちやほやされているウィリーを羨ましく思います。

ある日、ウィリーは不思議な話をします。

きいちごの しげみの ちかくに」生き物を他の生き物に変える力を持った「まほうの とかげ」が棲んでいるというのです。

 

自分もウィリーのようなぜんまいねずみになりたいと思っていたアレキサンダはさっそく教えられた場所へ行き、とかげを呼び出します。

はなばなと ちょうちょうの いろをした」非常に幻想的で美しいとかげが現れ、「つきが まんまるの とき」「むらさきの こいし」を持ってくるように告げます。

 

それから来る日も来る日もアレキサンダは庭に出て「むらさきの こいし」を探しますが見つかりません。

疲れ果てて帰ったアレキサンダは衝撃的な光景を目にします。

 

ウィリーが他の古くなったおもちゃと一緒に物置に捨てられていたのです。

アニーが誕生日に新しいおもちゃを買ってもらったので、古いウィリーはゴミ箱行きの運命となったのです。

心を痛めるアレキサンダは、突然「むらさきの こいし」を見つけます。

 

ちょうど満月の夜で、アレキサンダは胸をどきどきさせてあのとかげに会いに行きます。

怪しく光る緑の瞳。

とかげはアレキサンダが何になりたいのか尋ねます。

 

アレキサンダは一瞬言いかけて、そして思い直し、「ウィリーを ぼくみたいな ねずみに かえてくれる?」と言います。

目もくらむような光とともに「むらさきの こいし」は消えてしまいます。

 

大急ぎで物置へ走るアレキサンダ。

しかしウィリーの捨てられていた箱はからっぽ。

おそかった」……重い心で巣穴に帰ったアレキサンダの前に、ウィリーが現れます。

ぜんまいねずみではなく、生きた本物のねずみとして。

二ひきは喜び、抱き合い、夜明けまで踊り続けるのでした。

 

★      ★      ★

 

例によって、単一の解釈に落とし込めない深みのあるお話です。

素直に読めば、捨てられてしまう友達を助けるために、自分の権利である願い事を分け与える尊い行為の物語として読むことができます。

ただし、ここには主人公二人の内面の深層までは描かれていないために、「アレキサンダは最後までぜんまいねずみになってみたいと思っていたのか」「ウィリーは本当にぜんまいねずみとしての自分に満足していたのか、そうだとするとアレキサンダの行為は迷惑なお節介ではなかったのか」という疑問が浮上してきます。

 

同作者による「さかなはさかな」では、同じく友達に羨望の念を持つ主人公が、最終的には自己と友人の違いを認め、受け入れることによって成長を果たす物語でした。

 

≫絵本の紹介「さかなはさかな」

 

しかし今作では、友人を自分のステージに引き込むというラストになっています。

もちろんそうしなければウィリーはおそらく焼却場送りになっていたわけですから、助けるためにやむを得ずという面はあります。

それでもやはりどこかで「大きなお世話」ではないか、という思いは残ります。

ウィリーは「たすけてくれ」とは一言も言っていないからです。

 

ところで、この物語で思い出すのは古典名作「ビロードうさぎ」です。

 

≫絵本の紹介「ビロードうさぎ」

 

「ビロードうさぎ」では、ぬいぐるみのうさぎである主人公が、本物の生きたうさぎになることを夢見ます。

うさぎは捨てられてしまいますが、奇跡が起こり、最後には本物のうさぎとして生まれ変わります。

私は上記記事でこの絵本を「愛による精神の成長」物語として解釈しました(あんまりそういう読み方する人はいないかもしれませんけど)。

そこで、自身の読み筋に沿って、同様の目線で「アレクサンダとぜんまいねずみ」を解読してみます。

 

たぶんレオニさんは「現代版ビロードうさぎ」としてこの「アレクサンダとぜんまいねずみ」を描いたのだと思います。

自由と引き換えに大事にされ、ちやほやされるぜんまいねずみ。

本心か自己弁護かは不明ですが、ウィリーは自身の境遇に満足していると口にします。

そんなウィリーを、自由ではあっても生きづらさを感じるアレキサンダが羨望するという関係性は「ビロードうさぎ」と対比的です。

 

ここでの「自由」を内的なものとして読めば、現実にこういう光景を見ることは可能です。

「奴隷の幸福」という言葉があるように、望んで不自由な現状を維持しようとする人間がいます。

 

ブラック企業で滅私奉公するサラリーマン、暴力的なパートナーと別れられない人、独裁体制を支持する(最も護られていない立場にある)一般庶民。

彼らは主観的には自分の意志で行動していますが、本当の意味ではやはり自由であるとは言えないでしょう。

さほど大げさでなくとも、自己決定権を他者に委ねることでストレスから解放されるという心理は確かにあります。

 

しかしながら「個人の自由」を尊重しようとすれば、彼らに手を差し伸べる行為は彼らの「個人の自由」への侵害ということになってしまいます。

彼らは現状に満足し、そこから抜け出そうとは思っていないからです。

では結局、自由の行き着く先には永劫の孤独しかないのでしょうか。

いかにして「お節介」と「自由」を両立させることができるのでしょう。

 

そこに架けるべき橋はやはり「愛」しかないと思います。

 

「愛」とは人類にとって未解決の課題であり、慎重に取り扱うべきものですが、それでも目を逸らすことのできない一条の光なのです。

ビロードうさぎは持ち主の無償の愛によって自由になります。

アレキサンダは愛によってウィリーを自由にします。

 

この二つの作品を並べてみると、そこに美しい愛の連鎖の構築を見ることができます。

レオニさんが描こうとしたものは、そこにあるのではないでしょうか。

 

もちろん、ここに綴ったのは私の個人的解釈であり、他にもたくさんの読み方ができる絵本です。

そうした様々な読みを受け入れる懐の深さが名作の名作たるゆえんでもあります。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

とかげと壁紙の美しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「アレクサンダとぜんまいねずみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「くろうまブランキ―」【355冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するクリスマス絵本は堀内誠一さんの絵本デビュー作でもある「くろうまブランキ―」です。

再話:伊東三郎

絵:堀内誠一

出版社:福音館書店

発行日:1967年11月1日(こどものとも傑作集)

 

再話者が伊東三郎さん、ということはこれは海外の民話か何かかと思ったら、フランスの学校の子どもたちが作ったお話だそうです。

そう言われると納得の、いい意味でのシンプルなストーリーです。

無駄が一切なく、しかし必要な要素はすべて描かれています。

 

真っ黒な仔馬のブランキー。

主人のお百姓はとても意地悪。

それでもブランキーは一生懸命に働きます。

重い荷物を引かされ、しかし自分のための小屋さえ作ってもらえない哀れなブランキー。

ひとりぼっちで、星を見上げるブランキー。

年を取り、大きな荷物を運ぶ力がなくなったブランキーを、主人が打擲します。

道の上で倒れ、放置され、死にそうになります。

その夜はちょうどクリスマスの夜でした。

空からサンタクロースが降りてきて、ブランキーを助け起こしてくれます。

 

ブランキーはサンタクロースの銀のそりを引く仕事を任されます。

もう叩かれる心配もなく、優しく扱われ、餌もたっぷり与えられ、ブランキーは幸せな眠りにつくのです。

 

★      ★      ★

 

「マッチ売りの少女」を思わせる展開ですね。

でも、これはちゃんとハッピーエンド。

 

大人が読み飛ばすと、単純すぎて物足りないという感想を抱くかもしれませんが、感受性の豊かな子どもたちは、この短い物語から「自分あてのメッセージ」を過たず読み取ります。

それは即ち「この世界は美しく、素晴らしいところである」という福音です。

 

これは幼い子どもに対し、何度も何度も伝えるべきメッセージであり、エールです。

いや、大人に対しても。

 

現代社会を生きる人間は、豊かな文明を享受する一方、常に痛めつけられています。

「生産性」という言葉に代表される価値観は、ただ素朴に実直に生きているだけのブランキーのような存在が幸せになる物語を歓迎しません。

 

困難や障壁を乗り越え、努力し、何らかの能力を示して、初めて「幸せ」に辿り着くという物語のほうが、現代的には受け入れられるのです。

実はもう大人も(子どもも)、そういう物語に疲れているのではないでしょうか。

全ての人は、ただ生きているだけで幸せになってもいいのだと、なるべきなのだと、心の奥ではそういう言葉を求めているのではないでしょうか。

 

最初に触れたように、この「くろうまブランキ―」は堀内さんの絵本作家としてのデビュー作品です。

絵本を描きたくてもなかなか苦労していた堀内さんは、この話によって開眼したと語っています(「こどものとも」1969年6月号折り込み付録)。

 

ところで、物語冒頭、広い野原に生まれたばかりのブランキーが横たわるカットがあります。

堀内さんの大ロングセラー「ぐるんぱのようちえん」が好きな方はすぐに気がつくかもしれませんが、上記の絵はぐるんぱが野原に横たわる最初のカットと酷似しています。

お持ちの方はぜひ見比べてください。

 

堀内さんが何を考えていたかはわかりませんが、これはきっと意図的なものだと思います。

何故なら、作者の他作品を読めばわかるとおり、あれほど多彩な絵柄を描き分ける才能を持ったイラストレーターが、わざわざ同じ構図のカットを二度も使うことは偶然とは考えにくいからです。

 

≫絵本の紹介「ぐるんぱのようちえん」

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

夢オチでないことを祈る度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くろうまブランキ―

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」【337冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

祖母が他界しました。

4人いた祖父母の中で最も長生きし、そして最も私と近しい存在でした。

 

今回は「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」と共に、祖母の思い出を読み返したいと思います。

作・絵:ディック・ブルーナ

訳:松岡享子

出版社:福音館書店

発行日:2008年9月20日

 

すでにこのブログでは「ちいさなうさこちゃん」第1集に位置する4作品を取り上げました。

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

≫絵本の紹介「ゆきのひのうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとどうぶつえん」

 

それら初期の作品とこの作品とを読み比べてみますと、ほとんど変化してないようでいて微妙な違いがあります。

うさこちゃんの耳の形、そして全体のフォルムもより丸みを帯びたデザインになっており、日本語訳も訳者が石井桃子さんから松岡享子さんにタッチ。

 

とことんシンプルでありながら深みのある一枚一枚のカットはシリーズ通してのものですが、今作では非常に珍しいうさこちゃんの「後ろ姿」と「涙」が見られます。

ディック・ブルーナさんがキャラクターを常に正面を向いた状態で描くことは有名ですが、表紙にあるお墓の前にたたずむうさこちゃんは後ろ姿で描かれています。

ここでは読者はキャラクターへの単純な同一化を抑制されています。

うさこちゃんの悲しみを想像し、共感することでしか彼女の中に入っていくことはできません。

 

だいすきな おばあちゃん」が死んでしまい、大粒の涙をこぼすうさこちゃん。

眠るように息を引き取ったおばあちゃんは、「うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん」などに登場しています。

絵本のシリーズにおいて、レギュラーでないにしろ登場人物が死ぬというのは実は大変珍しい展開なのです。

おわかれの ときが きました

だれもが おじいちゃんや うさこちゃんのように おおつぶの なみだを ながしました

 

おばあちゃんは棺に入れられ、大きな森の静かな場所に埋められます。

うさこちゃんはその後、時々おばあちゃんのお墓にきれいなお花を持って行ってあげます。

うさこちゃんは おばあちゃんの おはかを はなで いっぱいに したいのです

おばあちゃんの おにわと おなじように

 

うさこちゃんは おはかのまえで だいすきな おばあちゃん と よびかけます

すると、おばあちゃんが ちゃんと きいていてくれるのが わかります

 

★      ★      ★

 

私の両親は共働きで、私は幼い頃、よく祖母の家で過ごしました。

幼い私は一時期「死」の恐怖に取りつかれ、祖母に「どうしても人間は死ぬのか」「死んだらどうなるのか」と質問したのを覚えています。

 

祖母が何と答えたかは忘れてしまいました。

憶えているのは「どうしてこの人は自分よりもっと死に近いのに平気そうでいるのだろう」と不思議に思った気持ちだけです。

 

今は私は単純に死が怖くありません。

死は無に帰すことではないし、霊は不滅であることを信じられるからです。

それは宗教によってではなく、科学によっても解明されつつあります。

 

人間はイメージの世界を持ち、物質的世界と重なった思考世界にも足を置いているのです。

うさこちゃんのように死者に語りかけ、死者と共に生きることは、空虚な幻ではなく、確かな現実なのです。

 

祖母が亡くなる前日、私は病室で彼女に会いました。

祖母はすでに会話ができず、かすかに目を開いて意識があることを伝えるだけでした。

私は祖母の手を取り、長い間そこにじっとしていました。

 

なにも怖くないよ、おばあちゃん。

さらに自由になるだけだよ。

 

遠い日に祖母に向けて発した問いへの答えは、長い時間を経て、私自身が見い出しました。

それを伝えたかったのです。

 

 

いま、初めて涙が出ました。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

簡潔・丁寧・厳粛度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「八郎」【319冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「八郎」です。

作:斎藤隆介

絵:滝平二郎

出版社:福音館書店

発行日:1967年11月1日

 

斎藤隆介さんと滝平二郎の名コンビによる作品は、以前に「モチモチの木」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「モチモチの木」

 

滝平さんの本領発揮といったド迫力の版画絵に、斎藤さんによる妥協する気一切なしの本気の方言語りテキスト。

むかしな、秋田のくにに、八郎って山男が住んでいたっけもの

八郎はな、山男だっけから、せぇがたあいして高かったけもの

見上げるほどの巨人。

それでも八郎は「まっとまっと」大きくなりたいと願い、毎日海に向かって叫んでいました。

その度に八郎は大きくなっていき、ついには鳥が頭に巣を作るほど巨大化します。

ある日のこと、八郎は浜で泣いている「おとこわらし」を見かけます。

わけを聞いてみると、毎年のように海が荒れるせいで、村の田が塩水をかぶって駄目になってしまうのが悲しくて泣いていると言います。

 

心の優しい八郎は、男の子に同情し、その怪力で山を持ち上げて海に放り込みます。

迫っていた波は山に押し返され、一時は村人たちは喜んだものの、沖の方からさらに巨大な津波が押し寄せてきます。

泣き出す男の子に「しんぺえすんな、見てれ!」と声をかけ、八郎は海に入って行きます。

そしてその巨大な両手を広げて海を押し返します。

 

荒れ狂う波に呑まれながら、八郎は叫びます。

わかったあ! おらが、なしていままで、おっきくおっきくなりたかったか!

おらは、こうしておっきくおっきくなって、こうして、みんなのためになりたかったなだ、んでねが、わらしこ!

 

八郎は海の中に消え、津波は収まります。

やがてそのあたりは「八郎潟」と呼ばれ、今でも八郎のおかげで穏やかな浜になっています。

八郎が沈めた山は「寒風山」と呼ばれています。

 

★      ★      ★

 

「八郎潟」も「寒風山」も秋田県に実在します。

「八郎太郎」という龍神の伝説が残っており、地名の由来となっていますが、伝説の内容はこの絵本とは違います。

この「八郎」はほぼ斎藤さんの創作ですが、本当にそんな民話がありそうに思わせるリアリティはさすがです。

 

同作者による「三コ」という「八郎」と酷似した絵本があって、そちらも巨人が他者のために自己を犠牲にする物語となっています。

その「三コ」のあとがきで、斎藤さんは「働く貧しい人々のために命をささげて死ぬ巨人」「はにかみを知る心やさしき巨人」である八郎と三コは、自分の理想の人間像であると語っています。

 

自己犠牲の精神とは、扱いの難しい物語です。

それは人を容易に感動させ、あらゆる言葉や理屈を超える力を持っています。

 

それゆえにこそ、権力者は「自己犠牲の物語」を利用したがります。

しかしそれはこの絵本に描かれているような美しい物語とはまったくかけ離れた偽物であることに注意しなくてはなりません。

 

犠牲心とは、外部からの強制や圧力から完全に自由な魂から芽吹いた精神でなければ、尊くも美しくもないのです。

贋物に欺かれることなく、己のうちにある「真・善・美」を見つめるためには、たくさんの物語に触れる必要があるのです。

これは何度言っても言い足りないくらい大切なことだと思います。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

主人公の好感度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「八郎

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

【絵本の紹介】「くじらの島」【297冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

6434人の死者を出した阪神淡路大震災は、今日で発生から24年となりました。

今回はあの震災で亡くなった童話作家・なるみやますみさんが遺した物語に、末崎茂樹さんが絵を添えて出版された絵本を紹介します。

くじらの島」。

作:なるみやますみ

絵:末崎茂樹

出版社:ひくまの出版

発行日:1997年6月

 

なるみやさんは1964年生まれということですから、30歳そこそこの若さで命を落としたことになります。

娘さんを遺し、夫と共に震災の犠牲となりました。

この絵本を含め、何冊かの作品が没後に出版されました。

 

この「くじらの島」は、一見楽しい冒険メルヘンのように思えますが、最後まで読むと胸が詰まるような切ない、しかしどこか厳粛で美しいラストシーンに辿り着きます。

作者があまりにも早く亡くなられたことを思い起こすと、この絵本に込められた非常に強いメッセージ性に改めて胸を衝かれる気がします。

 

まだ子どもなのに、普通のくじらが十頭集まってもかなわないくらい大きなくじらの「ノロ」。 

それだけ巨大なら、さぞかし仲間から頼られ、畏れられているだろうと思いきや、ノロは仲間はずれのいじめられっこ。

母親でさえ「どうしてこんなに大きくなっちゃったんだろうねぇ」と持て余し気味。

でも、ノロはとてもやさしい心の持ち主で、自分が巨大すぎるゆえに周囲への迷惑を考えて遠慮ばかりしているのです。

いくらいじめられても仕返しなど考えもしないどころか、自分が群れの足を引っ張っていると考えたノロは、ある夜にそっと群れを抜け出し、旅に出ます。

広い世界のどこかには、自分を受け入れてくれる友達がいるかもしれないという希望を抱いて。

けれども、あまりにも大きすぎるノロはどこへ行っても怖がられ、化け物扱い。

たった一羽、自分を怖がらずに話しかけてくれた渡り鳥に話を聞き、ノロは楽園のような南の島を目指すことにします。

 

辿り着いた島は本当に美しい場所でした。

ところが、島の動物たちは化け物くじらがこの島を狙っていると思い、一斉に石をぶつけます。

かえれ! かえれ!

浴びせかけられる罵声と怒声。

 

ノロの弁解も、渡り鳥の擁護も、島の動物たちは聞く耳を持ちません。

とうとうノロは涙を流しながら島に背を向けます。

傷ついたのは身体よりも心でした。

 

その後、辺りの海はひどい嵐に見舞われます。

自暴自棄になって雨に打たれていたノロのもとに、あの渡り鳥が飛んできます。

たすけて。島のみんながたいへんなの

 

必死の懇願に、死にかけていたノロの心に熱い気持ちが蘇ります。

ノロは島に引き返し、大波に呑まれそうになっている動物たちを自分の背中に乗せ、懸命に嵐の中を泳ぎます。

 

やっと嵐が去った後、島の動物たちが口々に感謝と謝罪の言葉をかける中で、ノロはそっと目を閉じます。

力尽きたノロは、そのまま二度と目を開きませんでした。

打ちひしがれる動物たちの前で、ノロの背中から、小さな白い花が咲きます。

 

時が流れ、今ではノロの体は花でいっぱいの島となり、動物たちの楽園となりました。

 

★      ★      ★

 

巨大さ・強さゆえに異端視され、恐怖心から疑心暗鬼に駆られた大衆から迫害される様は、ガリバーを思わせます。

しかし、この切なすぎる結末には「本当にこれでよかったの?」と呟きが漏れてしまいます。

 

当節、聖人のごときノロのキャラクターは一般的に支持されないような気がします。

今の世の中は「黙っていい人」でいれば際限なく追い立てられ、利用され、居場所すら奪われてしまいかねません。

 

個人的な印象ですが、昨今「復讐」をテーマにした様々な作品を目にします。

世間はただ黙って耐える「いい人」な被害者には冷淡で、加害者を徹底的なまでに攻撃し、破壊し、自らの罪を骨身に沁みてわからせるといった物語に喝采を送るようです。

 

確かに世の中には裁いても裁ききれないような悪が存在し、放っておけばどんどん浸食してくるように思えます。

「いい人」でいるだけではダメだ、という声が出てくるのも当然の流れかもしれません。

 

しかし翻って、「悪に正義の鉄槌を」と叫ぶ人々に埋め尽くされた世界を想像してみると、それはそれで地獄のような気もします。

 

身をもって「平和と愛」を示したノロの自己犠牲は、現代では評価されない行為かもしれません。

けれども、自らが震災による尊い犠牲となった作者を思う時、この結末は動かしがたいものとして心に響くのです。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

聖人度:☆☆☆☆☆

 

関連記事≫絵本の紹介「ゆずちゃん」

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くじらの島

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com