【絵本の紹介】「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」【337冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

祖母が他界しました。

4人いた祖父母の中で最も長生きし、そして最も私と近しい存在でした。

 

今回は「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」と共に、祖母の思い出を読み返したいと思います。

作・絵:ディック・ブルーナ

訳:松岡享子

出版社:福音館書店

発行日:2008年9月20日

 

すでにこのブログでは「ちいさなうさこちゃん」第1集に位置する4作品を取り上げました。

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

≫絵本の紹介「ゆきのひのうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとどうぶつえん」

 

それら初期の作品とこの作品とを読み比べてみますと、ほとんど変化してないようでいて微妙な違いがあります。

うさこちゃんの耳の形、そして全体のフォルムもより丸みを帯びたデザインになっており、日本語訳も訳者が石井桃子さんから松岡享子さんにタッチ。

 

とことんシンプルでありながら深みのある一枚一枚のカットはシリーズ通してのものですが、今作では非常に珍しいうさこちゃんの「後ろ姿」と「涙」が見られます。

ディック・ブルーナさんがキャラクターを常に正面を向いた状態で描くことは有名ですが、表紙にあるお墓の前にたたずむうさこちゃんは後ろ姿で描かれています。

ここでは読者はキャラクターへの単純な同一化を抑制されています。

うさこちゃんの悲しみを想像し、共感することでしか彼女の中に入っていくことはできません。

 

だいすきな おばあちゃん」が死んでしまい、大粒の涙をこぼすうさこちゃん。

眠るように息を引き取ったおばあちゃんは、「うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん」などに登場しています。

絵本のシリーズにおいて、レギュラーでないにしろ登場人物が死ぬというのは実は大変珍しい展開なのです。

おわかれの ときが きました

だれもが おじいちゃんや うさこちゃんのように おおつぶの なみだを ながしました

 

おばあちゃんは棺に入れられ、大きな森の静かな場所に埋められます。

うさこちゃんはその後、時々おばあちゃんのお墓にきれいなお花を持って行ってあげます。

うさこちゃんは おばあちゃんの おはかを はなで いっぱいに したいのです

おばあちゃんの おにわと おなじように

 

うさこちゃんは おはかのまえで だいすきな おばあちゃん と よびかけます

すると、おばあちゃんが ちゃんと きいていてくれるのが わかります

 

★      ★      ★

 

私の両親は共働きで、私は幼い頃、よく祖母の家で過ごしました。

幼い私は一時期「死」の恐怖に取りつかれ、祖母に「どうしても人間は死ぬのか」「死んだらどうなるのか」と質問したのを覚えています。

 

祖母が何と答えたかは忘れてしまいました。

憶えているのは「どうしてこの人は自分よりもっと死に近いのに平気そうでいるのだろう」と不思議に思った気持ちだけです。

 

今は私は単純に死が怖くありません。

死は無に帰すことではないし、霊は不滅であることを信じられるからです。

それは宗教によってではなく、科学によっても解明されつつあります。

 

人間はイメージの世界を持ち、物質的世界と重なった思考世界にも足を置いているのです。

うさこちゃんのように死者に語りかけ、死者と共に生きることは、空虚な幻ではなく、確かな現実なのです。

 

祖母が亡くなる前日、私は病室で彼女に会いました。

祖母はすでに会話ができず、かすかに目を開いて意識があることを伝えるだけでした。

私は祖母の手を取り、長い間そこにじっとしていました。

 

なにも怖くないよ、おばあちゃん。

さらに自由になるだけだよ。

 

遠い日に祖母に向けて発した問いへの答えは、長い時間を経て、私自身が見い出しました。

それを伝えたかったのです。

 

 

いま、初めて涙が出ました。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

簡潔・丁寧・厳粛度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「八郎」【319冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「八郎」です。

作:斎藤隆介

絵:滝平二郎

出版社:福音館書店

発行日:1967年11月1日

 

斎藤隆介さんと滝平二郎の名コンビによる作品は、以前に「モチモチの木」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「モチモチの木」

 

滝平さんの本領発揮といったド迫力の版画絵に、斎藤さんによる妥協する気一切なしの本気の方言語りテキスト。

むかしな、秋田のくにに、八郎って山男が住んでいたっけもの

八郎はな、山男だっけから、せぇがたあいして高かったけもの

見上げるほどの巨人。

それでも八郎は「まっとまっと」大きくなりたいと願い、毎日海に向かって叫んでいました。

その度に八郎は大きくなっていき、ついには鳥が頭に巣を作るほど巨大化します。

ある日のこと、八郎は浜で泣いている「おとこわらし」を見かけます。

わけを聞いてみると、毎年のように海が荒れるせいで、村の田が塩水をかぶって駄目になってしまうのが悲しくて泣いていると言います。

 

心の優しい八郎は、男の子に同情し、その怪力で山を持ち上げて海に放り込みます。

迫っていた波は山に押し返され、一時は村人たちは喜んだものの、沖の方からさらに巨大な津波が押し寄せてきます。

泣き出す男の子に「しんぺえすんな、見てれ!」と声をかけ、八郎は海に入って行きます。

そしてその巨大な両手を広げて海を押し返します。

 

荒れ狂う波に呑まれながら、八郎は叫びます。

わかったあ! おらが、なしていままで、おっきくおっきくなりたかったか!

おらは、こうしておっきくおっきくなって、こうして、みんなのためになりたかったなだ、んでねが、わらしこ!

 

八郎は海の中に消え、津波は収まります。

やがてそのあたりは「八郎潟」と呼ばれ、今でも八郎のおかげで穏やかな浜になっています。

八郎が沈めた山は「寒風山」と呼ばれています。

 

★      ★      ★

 

「八郎潟」も「寒風山」も秋田県に実在します。

「八郎太郎」という龍神の伝説が残っており、地名の由来となっていますが、伝説の内容はこの絵本とは違います。

この「八郎」はほぼ斎藤さんの創作ですが、本当にそんな民話がありそうに思わせるリアリティはさすがです。

 

同作者による「三コ」という「八郎」と酷似した絵本があって、そちらも巨人が他者のために自己を犠牲にする物語となっています。

その「三コ」のあとがきで、斎藤さんは「働く貧しい人々のために命をささげて死ぬ巨人」「はにかみを知る心やさしき巨人」である八郎と三コは、自分の理想の人間像であると語っています。

 

自己犠牲の精神とは、扱いの難しい物語です。

それは人を容易に感動させ、あらゆる言葉や理屈を超える力を持っています。

 

それゆえにこそ、権力者は「自己犠牲の物語」を利用したがります。

しかしそれはこの絵本に描かれているような美しい物語とはまったくかけ離れた偽物であることに注意しなくてはなりません。

 

犠牲心とは、外部からの強制や圧力から完全に自由な魂から芽吹いた精神でなければ、尊くも美しくもないのです。

贋物に欺かれることなく、己のうちにある「真・善・美」を見つめるためには、たくさんの物語に触れる必要があるのです。

これは何度言っても言い足りないくらい大切なことだと思います。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

主人公の好感度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「八郎

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

【絵本の紹介】「くじらの島」【297冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

6434人の死者を出した阪神淡路大震災は、今日で発生から24年となりました。

今回はあの震災で亡くなった童話作家・なるみやますみさんが遺した物語に、末崎茂樹さんが絵を添えて出版された絵本を紹介します。

くじらの島」。

作:なるみやますみ

絵:末崎茂樹

出版社:ひくまの出版

発行日:1997年6月

 

なるみやさんは1964年生まれということですから、30歳そこそこの若さで命を落としたことになります。

娘さんを遺し、夫と共に震災の犠牲となりました。

この絵本を含め、何冊かの作品が没後に出版されました。

 

この「くじらの島」は、一見楽しい冒険メルヘンのように思えますが、最後まで読むと胸が詰まるような切ない、しかしどこか厳粛で美しいラストシーンに辿り着きます。

作者があまりにも早く亡くなられたことを思い起こすと、この絵本に込められた非常に強いメッセージ性に改めて胸を衝かれる気がします。

 

まだ子どもなのに、普通のくじらが十頭集まってもかなわないくらい大きなくじらの「ノロ」。 

それだけ巨大なら、さぞかし仲間から頼られ、畏れられているだろうと思いきや、ノロは仲間はずれのいじめられっこ。

母親でさえ「どうしてこんなに大きくなっちゃったんだろうねぇ」と持て余し気味。

でも、ノロはとてもやさしい心の持ち主で、自分が巨大すぎるゆえに周囲への迷惑を考えて遠慮ばかりしているのです。

いくらいじめられても仕返しなど考えもしないどころか、自分が群れの足を引っ張っていると考えたノロは、ある夜にそっと群れを抜け出し、旅に出ます。

広い世界のどこかには、自分を受け入れてくれる友達がいるかもしれないという希望を抱いて。

けれども、あまりにも大きすぎるノロはどこへ行っても怖がられ、化け物扱い。

たった一羽、自分を怖がらずに話しかけてくれた渡り鳥に話を聞き、ノロは楽園のような南の島を目指すことにします。

 

辿り着いた島は本当に美しい場所でした。

ところが、島の動物たちは化け物くじらがこの島を狙っていると思い、一斉に石をぶつけます。

かえれ! かえれ!

浴びせかけられる罵声と怒声。

 

ノロの弁解も、渡り鳥の擁護も、島の動物たちは聞く耳を持ちません。

とうとうノロは涙を流しながら島に背を向けます。

傷ついたのは身体よりも心でした。

 

その後、辺りの海はひどい嵐に見舞われます。

自暴自棄になって雨に打たれていたノロのもとに、あの渡り鳥が飛んできます。

たすけて。島のみんながたいへんなの

 

必死の懇願に、死にかけていたノロの心に熱い気持ちが蘇ります。

ノロは島に引き返し、大波に呑まれそうになっている動物たちを自分の背中に乗せ、懸命に嵐の中を泳ぎます。

 

やっと嵐が去った後、島の動物たちが口々に感謝と謝罪の言葉をかける中で、ノロはそっと目を閉じます。

力尽きたノロは、そのまま二度と目を開きませんでした。

打ちひしがれる動物たちの前で、ノロの背中から、小さな白い花が咲きます。

 

時が流れ、今ではノロの体は花でいっぱいの島となり、動物たちの楽園となりました。

 

★      ★      ★

 

巨大さ・強さゆえに異端視され、恐怖心から疑心暗鬼に駆られた大衆から迫害される様は、ガリバーを思わせます。

しかし、この切なすぎる結末には「本当にこれでよかったの?」と呟きが漏れてしまいます。

 

当節、聖人のごときノロのキャラクターは一般的に支持されないような気がします。

今の世の中は「黙っていい人」でいれば際限なく追い立てられ、利用され、居場所すら奪われてしまいかねません。

 

個人的な印象ですが、昨今「復讐」をテーマにした様々な作品を目にします。

世間はただ黙って耐える「いい人」な被害者には冷淡で、加害者を徹底的なまでに攻撃し、破壊し、自らの罪を骨身に沁みてわからせるといった物語に喝采を送るようです。

 

確かに世の中には裁いても裁ききれないような悪が存在し、放っておけばどんどん浸食してくるように思えます。

「いい人」でいるだけではダメだ、という声が出てくるのも当然の流れかもしれません。

 

しかし翻って、「悪に正義の鉄槌を」と叫ぶ人々に埋め尽くされた世界を想像してみると、それはそれで地獄のような気もします。

 

身をもって「平和と愛」を示したノロの自己犠牲は、現代では評価されない行為かもしれません。

けれども、自らが震災による尊い犠牲となった作者を思う時、この結末は動かしがたいものとして心に響くのです。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

聖人度:☆☆☆☆☆

 

関連記事≫絵本の紹介「ゆずちゃん」

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「くじらの島

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「いもうとのにゅういん」【267冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はあの名作「はじめてのおつかい」を生み出した名タッグ、筒井頼子さんと林明子による絵本を紹介します。

いもうとのにゅういん」。

作:筒井頼子

絵:林明子

出版社:福音館書店

発行日:1987年2月25日

 

小さな女の子のほっぺと髪の毛を描かせたら日本一。

個人的にも大好きな林さんの作品、このブログで取り上げるのはかなり久々です。

 

筒井さん&林さんの絵本は、隠し要素的に他作品との関連が描き込まれていて、それらを探すのも楽しみのひとつですが、この「いもうとのにゅういん」は、はっきりと「あさえとちいさいいもうと」の続編という位置づけになっています。

 

≫絵本の紹介「あさえとちいさいいもうと」

 

前作からの時間経過はおそらく1年くらいでしょうか。

あさえ6歳、あやちゃん4歳くらいかな。

 

ストーリーの方も彼女たちの成長に合わせるようにやや長めになり、より複雑な心情を描いたドラマになっています。

 

幼稚園から帰ってきたあさえと友達のひろちゃん(筒井さんと林さんの別作品「とんことり」に登場する女の子です!)。

あさえの人形「ほっぺこちゃん」で遊ぶ約束だったのに、ほっぺこちゃんが見えません。

また、あやちゃんの いたずらだ

あさえが怒ってあやちゃんを呼ぶと、お母さんがぐったりしたあやちゃんをおんぶして出てきます。

お母さんはあやちゃんを病院に連れて行きますが、入院することになって、パジャマやタオルを取りに帰ってきて、また出かけて行きます。

盲腸の手術と聞き、動揺するあさえ。

 

その不安を反映するように空が暗くなり、雨が降り出しそうになり、ひろちゃんは帰ってしまいます。

稲妻が光り、激しい雨が降り出します。

 

あさえはほっぺこちゃんを抱きしめて、一人でお父さんの帰りを待ちます。

ほっぺこちゃん ほっぺこちゃん あやちゃんは だいじょうぶよね……

 

やがてお父さんが帰ってきて、あさえと二人だけで夕ご飯を食べます。

病院からお母さんの電話で、あやちゃんの手術は無事に終わったことが告げられます。

明日のお見舞いに何を持っていこうかと思案するあさえ。

折り紙を折り、手紙を書きます。

あやちゃんが、もっとよろこぶものって、なにかしら……

考え続け、あさえはついに答えを見つけます。

そして次の日。

あさえがあやちゃんのお見舞いに持って行った紙包みの中には、大切な人形のほっぺこちゃんが入っていました。

 

おねえちゃん、ほっぺこちゃんを くれるの? あたしに? ほんとう?

喜ぶ妹に、あさえは「ちからをいれて うなずきました」。

 

お母さんはあさえの肩を抱いて、

あさえちゃん、たったひとばんで ほんとうに おおきな おねえさんに なったのね

 

★      ★      ★

 

今さら言うまでもないことですが、林さんの画力、特に小さな子の微細な表情を捉える筆の見事さには恐れ入るばかりです。

お母さんの指摘したとおり、あさえはたった一晩のうちに大きく成長します。

 

その内面の変化が、表情や佇まいにも表れています。

あやちゃんへのお見舞いを考えるあさえの横顔のカットは、幼さを残しながらも情緒的な成長を遂げようとしている少女を的確に捉えています。

これはとても難しい絵だと思うのです。

 

年の近い兄弟や姉妹は、どうしても上の子が我慢を強いられることが多いかもしれません。

あさえも、普段はあやちゃんを可愛がりつつも、自分の人形を使われることを嫌がっていたのだと思います。

いくらお姉ちゃんだって子どもですから、自分のものは自分のものとして、妹に渡したくはない気持ちは当然でしょう。

 

それを乗り越えて、あさえは大切なほっぺこちゃんを妹に贈るのです。

誰に強制されたわけでもなく、自分の考えで。

 

自分よりも小さな者、弱い者に対して「譲り、贈る」行為ができた時、あさえはこれまでにない喜びを感じたことでしょう。

 

……それにしても立派な子です。

ついつい自分の息子と比べてしまいますね。

兄弟がいないせいかなあ。

 

さて、例によって林さんの「遊び」として、病院には、他作品の登場人物がいます。

探してみてください。

よくよく見ると、彼女たちも大きくなっているような……。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

あさえの美少女度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「いもうとのにゅういん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おとなになれなかった弟たちに……」【263冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

お盆が近づくと、戦争や原爆について考えることが増えます。

そしてあれほどの悲惨と慟哭が、月日を追うごとに記号化され、その深刻さを忘れ去られていくことに、大人として、親として、責任を感じずにはいられません。

 

私たちには、次の世代にも平和への祈りや想いを正しくバトンタッチする義務があります。

その手段として、戦争を直接には知らない私たちの言葉よりも、遥かに重さと深みのある芸術作品によるほうが、よりまっすぐに子どもたちの胸に突き刺さると思います。

 

今回は「おとなになれなかった弟たちに……」を紹介します。

作・絵:米倉斉加年

出版社:偕成社

発行日:1983年11月

 

2014年に亡くなった俳優の米倉斉加年さんが、自身の悲しい戦争体験を綴った絵本です。

絵も、米倉さんが描かれています。

 

教科書でこの作品に出会った人も多いでしょう。

かくいう私もその一人です。

このお話は強烈に心に残っており、大人になっても細部まで覚えていました。

 

印象的なのは、その語り口です。

作者は小学生の頃の経験を、小学生だった当時のままの目線で、余計な感情表現を一切用いずに、淡々と独白します。

 

それがかえって、少年の哀しみの深さを際立たせています。

「一生わすれません」という最後の一文。

戦争を、弟の死を、本当に一生忘れないで心に留め続けた米倉さんだからこそ、子どもの頃に感じたことをそのまま作品に成し得たのだと思います。

ひもじいひもじい少年時代。

食べるものがない辛さを体験した者は、そのことを生涯忘れないと言います。

 

産まれたばかりの作者の弟のヒロユキにとっては、母親のお乳が出ないので、ときどき配給される一缶のミルクだけが、大切な食べ物でした。

けれども、作者は弟の大切なミルクを盗み飲みしてしまいます。

ぼくにはそれがどんなに悪いことか、よくわかっていたのです

でもぼくは飲んでしまったのです

ぼくは弟がかわいくてかわいくてしかたがなかったのですが……それなのに飲んでしまいました

 

やがて空襲が激しくなってくると、母は疎開しようと考え、親戚に相談に行きます。

しかしそこで何も言わないうちから、うちには食べ物はない、と言われます。

母はすぐさま帰ろう、と言って、後ろを向きます。

そのときの顔を、ぼくはいまでもわすれません

強い顔でした。でも悲しい悲しい顔でした。ぼくはあんなに美しい顔を見たことはありません

 

疎開先で、作者はヒロユキをおんぶして、川へ遊びに行きますが、栄養失調のためヒロユキは死んでしまいます。

息子が死んでもずっと泣かなかった母は、ヒロユキをお棺に入れるとき、少し大きくなっていることに気づいて、初めて涙を流すのでした。

 

★      ★      ★

 

俳優としての米倉さんは、それこそ何百もの映画やドラマに出演していますが、無教養な私はそちらの方面には疎く、全然知りません。

ただ、夢野久作の小説などで見る米倉さんの挿絵には、強い印象を持っていました(それが教科書で見たこのお話の作者であるとは全然気が付きませんでした)。

 

本当に多才な人物だったと思います。

 

米倉さんは、弟が死んだのは自分のせいではないかと悩み続けたのでしょう。

あの時、ミルクを盗み飲みしなければ、あるいはヒロユキは死ななかったのではないか。

 

弟の死は、幼い少年の心に、一生消えることのない罪悪感を刻み付ける出来事だったのでしょう。

 

しかし、それでは少年の作者は本当に罪を犯したと言えるのか。

彼にひもじい思いをさせ、本来背負わなくてよかったはずの罪の意識を背負わせたものはなんだったのか。

 

米倉さんは「あとがき」にこう書きます。

私の弟が死んだ太平洋戦争は、日本がはじめた戦争なのです。そして朝鮮、韓国、中国、東南アジアの国々、南方諸島の人たちをどんなに苦しめたことでしょう。そのことを私たちは忘れてはならないと思います

 

昨今では、こうした言葉は軽んじられ、侮蔑の対象にすらなるかもしれません。

様々なところで「日本は悪くなかった」と主張する人たちが増えたからです。

 

しかしそれでは、ミルクを盗み飲みした少年は悪かったと言えるのでしょうか。

けれども、米倉さんはその「罪」を引き受け、一生罪とともに生きることを自らに課します。

その上で、戦争そのものの責任をも引き受けているのです。

 

平和へ至るための道は、「被害者」の立場を超えて、背負わなくていいかもしれない「責任」を、自ら引き受ける者によってしか拓かれない。

米倉さんが残したメッセージを、私たちは次の世代に伝えることができるでしょうか。

 

次第に、それは困難な作業になっていきつつあるような予感がするのです。

 

推奨年齢:小学校中級〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

作者の知性と優しさとマルチな才能度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おとなになれなかった弟たちに……

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com