【絵本の紹介】「がいこつさん」【329冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「がいこつさん」です。

作・絵:五味太郎

出版社:文化出版局

発行日:1982年5月2日

 

一目でわかる特徴的なイラストは五味さん独特の味。

本人はよく自分は絵が下手だと言ってますが(林明子さんと比べたりするから……)、そんなことはないと思います。

この「がいこつさん」なんか、すごく可愛いです。

足の曲げ方とか、表情(?)とか。

 

もともと、絵本の絵とは上手であることが重要なのではありません。

上手に越したことはないかもしれませんけど。

五味さんは絵よりも絵本の構造的な部分で毎回手法を変えてきます。

この作品では、テキストの語り手が、主役である「がいこつさん」と掛け合いをするというメタ的な表現がされています。

 

何かが気になって眠れないがいこつさん。

なにか 忘れているような 気がする……

語り手が「ちゃんと思い出さないと いつまでたっても ねむれませんよ」と言うと「それも そうだな」と、がいこつさんは起き出して考え始めます。

 

この語り手とは作者なのか、読者なのか、神様なのか、それともがいこつさん自身の心の声なのか、その辺はわかりません。

思い出せないがいこつさんは外へ散歩へ出かけます。

さっぱりと いい天気」と書いてますが、何だか夜中みたいに見えます。

暗めの青を基調にした色使いのせいで、もちろん意図的なものでしょう。

病院に 予約してあったかな

頭を さっぱりするの 忘れていたかな

などと呟くがいこつさんに、語り手は「まさか」とツッコミを入れ続け、そのたびにがいこつさんは「それも そうだな」。

デパートをあてもなくうろつき、最後にトイレへ。

もちろんがいこつさんはおしっこなんかしません。

でも、最後に鏡を見て気づくのです。

忘れていたのは……。

 

★      ★      ★

 

五味太郎さんらしいシュールさ満載の世界。

色調は暗めでも、少しも怖くもないし、がいこつさんのキャラクターもいい。

何を言われても「それも そうだな」と受け流す淡泊さの内には、すでにこの世から解き放たれた存在ゆえの涼やかな達観があるのでしょうか。

 

もう何も必要ではないがいこつさん。

語り手との愉快な掛け合いの中に、ほんのちょっぴりの寂寥感が隠し味として含まれています。

 

誰かがどこかで 待っているの 忘れていたかな

いやいや、もうそれはない。たしかに 待っていたひともいたけれど、それはもう ずっと昔の話

 

オチについては一応伏せておきましたけど、別にオチが重要な絵本ではありません。

だいたい予想できますし、絵本に慣れた読者ならちゃんと見返しの絵を見るので、すぐにピンとくるはずです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

口を開けたがいこつさんの可愛さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「がいこつさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

【絵本の紹介】「あ」【325冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。
書籍のタイトル付けは、そのまま売れ行きに影響したりしますので、出版社側としては頭の悩ませどころです。
とにかく目に留まらなければいけないので、インパクトを重視してるようです。
攻め過ぎてわけわかんなくなってるタイトルを見てると、苦労されてるなあと思います(恥ずかしげもなく売れた本の二番煎じタイトルを付けてるのもあるけど)。
絵本はそのジャンルの性質上、あまりタイトルは捻らないようです。
ほとんどの作品が「内容そのまんま」か「主人公の名前」です。
絵本はあんまり攻めたタイトル付けると買ってもらいにくいですからね。
そんな中で、今回紹介するのは大胆にも「」という一文字タイトルのこの作品です。
作:大槻あかね
出版社:福音館書店
発行日:2008年11月15日(こどものとも絵本)
発表が2005年1月の「こどものとも年中向き」ですから、絵本としては新作の部類に入ります。
古典絵本ばっかり紹介してるので、久しぶりにフレッシュな現代絵本を取り上げてみたくなりまして。
作者は大槻あかねさん。
絵本だけでなく雑誌や広告、CDジャケットなど幅広い分野で活躍されているアーティストです。
写真を見るとミュージシャンかと思うような、なかなかパンクな外見をしておられます。
作者の風貌、タイトルのインパクトから、難解な前衛的作品かと思いきや、実にシンプルで共感しやすい内容です。
タイトルも実は「そのまんま」。
写真絵本で、主人公は針金で作られた小人。
彼が様々な日常目にする「物」に出会います。
その度に針金くんは「あ」と発し、ちょっとニヤリとしてしまうような反応を見せます。
ジョッキやポットの真似をしたり、綿棒をバーベルに見立てて重量上げをしたり。
生き生きと動き回ります。
針金くんの行動はちょっと意外なようで、「もし小さくなったら誰もがやりそう」なこと。
天真爛漫な彼の姿に、何だか不思議な種類の笑いが湧いてきます。
蚊取り線香の上を走ったり、手袋に潜り込んだり。
最後はファスナーの上を滑って、さらなる出会いを求めて駆けて行きます。
★      ★      ★
シンプルでありながら独創的。
それでいて奇をてらったわけではなく、ある種の普遍性をも捉えた良作です。
自由な発想と、すぐに実行に移す行動力。
私たちが普段見慣れて何とも思わない物にも、針金くんは新鮮な興味を持って近づきます。
そう、針金くんは既成概念に縛られない子どもそのもの。
子どもたちは「自分だったらこうする」という予想通りに動いたり、あるいは予想を超えて行ったりする針金くんに共感を覚え、快哉を叫ぶでしょう。
実は2017年に続編「ああ」がこどものともより出ております。
残念ながらまだ単行本化はされてませんが、うちの息子はこれが大好き。
何回読んでもゲラゲラ笑ってくれます。
ところで、こどものとも絵本には奥付に英語版タイトルが付いてるんですが、これを見るのが結構楽しかったりします。
日本語版と全然違うタイトルのものも少なくありません。
ちなみにこの「あ」は英語版だと「HE MEETS」。
 
推奨年齢:3歳〜
読み聞かせ難易度:☆
クスクス度:☆☆☆☆☆

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「めがねうさぎ」【316冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

近視大国・日本。

国民の約6割が近視だそうで、発症する年齢もだんだん下がっているようです。

私も妻も小学生の頃に近眼が始まりましたが、息子の場合はもともと良い目が悪くなったのではなく、そもそもピント機能が発達していない弱視の近視でした。

 

去年の暮から治療用眼鏡をかけた生活を始め、どうにか最近に矯正視力が出るようになりました。

しかし、眼鏡が外せるようになったわけではありません。

今では手術で近視は治ります(私も妻も手術済み)が、大人になるまでは眼鏡(かコンタクトレンズ)が手放せないわけです。

 

親としてはどうにも不憫で、あれこれ気を回したり、もっと可愛いフレームにした方が良かったかと悩んだりしますが、本人はすでに眼鏡が体の一部となっており、起きるととりあえず眼鏡を探すようになりました。

 

大人が気にするほどには子どもは眼鏡を疎ましく思っていないようです。

まあ、これだけ眼鏡の人が多くなると、学校でももういちいち冷やかされたり、からかわれたりということもないのかもしれません(まだ息子は学校に行ってないから知らないけど)。

 

今回はせなけいこさんの「めがねうさぎ」を紹介します。

作・絵:せなけいこ

出版社:ポプラ社

発行日:1975年2月

 

表紙を見ればわかる通り、日本中の子どもたちにトラウマを植え付けたあの最恐絵本「ねないこだれだ」と同じ造形のおばけがここにも登場します。

 

≫絵本の紹介「ねないこだれだ」

 

ただ読めばわかりますが、このおばけは見た目は「ねないこだれだ」のおばけと一緒でも、セリフも行動も表情も愛嬌たっぷりで少しも怖くありません。

天然眼鏡っ子キャラクターの「うさこ」にいいように翻弄されてしまいます。

 

冒頭の一文がとてもいい。

近頃目が悪くなったうさこが眼鏡をかけるようになると、友だちが面白がって「めがねうさぎ」と呼ぶようになります。

するとうさこは「ちょっぴり はずかしく ちょっぴり とくいです」。

そうなんですよね。

子どもは眼鏡でも松葉杖でも、周囲と違う特別を誇らしく思ったりするようです。

マドレーヌは、盲腸の手術痕を見せびらかしてましたし。

 

≫絵本の紹介「げんきなマドレーヌ」

 

さて、夜寝る前になって、うさこは眼鏡をしていないことに気づきます。

昼間遊んだ山で落としたのかもしれないと思い、うさこは大胆にもひとりで探しに出かけます。

そこで眼鏡と間違えて、ふくろうの目玉やねずみのしっぽを掴み、叱られます。

森の奥まで来たところ、そこには退屈したおばけが待ち構えていたのです。

 

うさこを見つけたおばけは張り切って「べろべろ ばあー」。

ところがド近眼のうさこは目の前のおばけがよく見えていません。

ちっとも怖がらないうさこにがっかりしたおばけは、うさこの眼鏡探しを手伝います。

汗をかきかき、必死になって眼鏡を探すおばけが愛おしい。

一方のうさこは「だれだか しらないけど しんせつな ひとだなあ」と座って待っています。

 

一晩中かかってやっと眼鏡を見つけたおばけは、うさこに眼鏡をかけさせ、今度こそ驚かせてやろうと伸び上がります。

ところがちょうど夜が明けてしまい、朝日を浴びたおばけは「きゃあ!」と叫んで消えてしまいます。

 

結局うさこは何も知らないまま、眼鏡が見つかったことを喜びながら帰って行くのでした。

 

★      ★      ★

 

ユーモラスな展開でありながら、そこはかとなく怖い雰囲気だけは漂っているのがせなさんの持ち味。

夜の山なんて普通でも恐ろしいところなのに、見えていない状態で平気で歩いて行くうさこには驚きです。

 

むしろ見えているからこその恐怖があり、見えないから逆に怖くないという逆転現象が描かれています。

それは視界だけの話ではなく、のほほんとしたうさこの性格ゆえに、何も恐れることがないのです。

 

身体機能が正常であることはもちろん望ましいことですが、精神が健康であることのほうがさらに喜ばしいのではないでしょうか。

眼鏡の息子を持つ身となってから、今一度この絵本を読むと、何だか勇気づけられるのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

おばけに同情度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「めがねうさぎ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「きゅうりさんあぶないよ」【313冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私はほとんどテレビを見ないんですが、この前スズキコージさんが出ると聞いて「日曜美術館」を息子と一緒に録画視聴しました。

代替不可能な感性を持った絵本作家・画家。

現在71歳。初めて知ったんですが、緑内障を患われていて、片目を失明されているんですね。

去年亡くなられた加古里子さんも、同じ病気で苦労されていたのを思い出しました。

 

以前「コーベッコー」という作品の記念展でスズキさんとお会いしたことがあります。

 

≫スズキコージ「コーベッコー」出版記念絵本原画展とサイン会に行ってきました。

 

息子はもう忘れているだろうと思ってたんですが、自分あてにサインをもらったこともちゃんと憶えてました。

野外で巨大なキャンバスに素手で絵を描く「ライブペインティング」のシーンが特に気に入って、何度もリピートしてました(見終わると微妙にスズキさんっぽい喋り方になってて笑えました)。

 

とにかく絵の個性が強烈で、読者を選びかねないスズキ作品。

その圧倒的独自性ゆえに絵の仕事も断られることが多く、堀内誠一さんに見出されて絵本の道に入ったものの、不遇の時期も長かったそうです。

 

独特なのは絵だけではなく物語の内容も同様で、ほとんどの作品が従来の絵本の枠組みに収まらないようなハチャメチャな展開と理解しがたい世界ばかり。

絵柄の変遷はあっても、キャラクターのアクの強さは変わらず。

一種黒魔術的な危なさを感じてしまう読者も少なからずいるのではないでしょうか。

 

今回紹介する「きゅうりさんあぶないよ」もまた、とても他の作家には描けない唯一無二の絵本です。

作・絵:スズキコージ

出版社:福音館書店

発行日:1998年11月10日

 

主人公「きゅうりさん」は、きゅうりに顔があり、蔓のようなぐるぐるした手足を持ち、斜め掛け鞄を持ったヘンなキャラクター。

彼が一言も発さずにずんずんと進み続けます。

それに対し、くま、トナカイ、ハリネズミ、やまねこといった動物たちが

きゅうりさん そっちへいったら あぶないよ ねずみがでるから

と注意します。

意味わかりません。

きゅうりさんは忠告を聞いてるのか聞いてないのか、とにかく進み続けますが、動物たちと出会うたびに、彼らの身に付けている物を少しづつもらって装備していきます。

この変化・進化が面白い。

何度もページを行ったり来たりしてしまいます。

帽子、眼鏡、ほうき、手袋、やかん(?)、旗、リュック、エプロン、ローラースケート、ベルト……。

もはや最初の姿からは想像もつかないような変貌を遂げ、最後にはヤギから白いあごひげをもらい(どうやってもらったんでしょう)、ついに件の「ねずみ」と対峙。

 

ねずみはきゅうりさんの神々しい姿を見るなり「あぶない!」と叫んで逃げ出し、きゅうりさんはそれを追いかけます。

 

★      ★      ★

 

自分で書いてても、何だかわからないから、説明されてもわからないでしょう。

一度読んでみるしかない、そんな絵本です。

 

ナンセンスと言えば途方もなくナンセンスなんですが、スズキさんの作品は例えば同じ絵本作家の長新太さんとか佐々木マキさんのナンセンスさとは違う気がします。

長さんの描く絵本は頭の固い大人の怒りを買ったりしますが、スズキさんの場合は怒ることすらできない、といった風でしょうか。

 

これほど異質な作品を描きながら、挑発的な匂いも実験的な意図も感じられないのがスズキさんらしい。

とにかく自分のイメージを素直に表現したら「こうなっちゃったよ」と、自分でも感心してしまってるような気配がします。

 

例の「日曜美術館」で、スズキさんはあまり読者である子どものことは考えてないと話してますが、そうだろうと思います。

子どものことを考えてたらこんな絵本は描けませんよ。

子どもだってこんなのは意味不明です。

 

だけど、子どものいいところは意味が分からなくてもそこにある「おもしろさ」には気づいてくれること。

シンプルに捉えれば、きゅうりさんの装備の変化を追うだけで充分すぎるくらいこの絵本はおもしろいんです。

まるで古臭いRPGゲームみたいにだんだんと重装備になっていって、裏表紙では勇者のように銅像まで建てられている。

なんかわからないけど、こういう「増えて行くおもしろさ」というのは確かにあります。

 

もう結構長い期間「個性を大事に」なんて的外れなことを教育現場で掲げていますが、その割にはこの国には個性的な大人というのは驚くほど少ないです。

むしろ個性的・個人的であれば生きにくい社会ですから、当然と言えば当然です。

 

スズキさんはずっと理解されない孤独や生きづらさを感じてこられたのではないでしょうか。

普通の人はそこで個人的であることを諦めて、周りの価値観に自分を合わせて生きることを覚えるのですが、スズキさんはけっして自分を諦めなかった人なんだと思います。

 

本来人間はこれくらい個人的であっても自由であっても構わないはず。

スズキさんの作品や生き方を見ているとそんな気持ちになるんです。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆

銅像の文字が読めない度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「きゅうりさんあぶないよ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ゴムあたまポンたろう」【308冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「ゴムあたまポンたろう」です。

作・絵:長新太

出版社:童心社

発行日:1998年3月25日

 

どうですか。

破壊力抜群のこのタイトル、そしてこの表紙絵。

説明不要の長新太ワールド全開作品です。

 

長新太さんのナンセンス絵本を取り上げることは実に久しぶりですね。

これまで何度かにわたって彼の世界を読んできました。

 

≫絵本の紹介「キャベツくん」

≫絵本の紹介「チョコレートパン」

≫絵本の紹介「ぼくのくれよん」

≫絵本の紹介「ごろごろにゃーん」

 

まだまだ紹介したい長新太作品はあるけれど、結局過去記事の繰り返しになりそうで悩ましいところです。

だいたい、あれこれ解釈したり分析したりすること自体、長さん絵本を「わかってない」ような気すらするのです。

そういう凡人の賢しらを超越したところに彼の絵本は存在します。

 

かと言ってもそれはお高く止まった芸術家とはまったく無縁の、限りなく温かいものです。

だから私も性懲りもなく長さんの作品について語ることができるのです。

 

今回はピンクを基調にした色使いで、丸いスキンヘッド頭で直立不動の姿勢で空中飛行する主人公が描かれます。

その名も「ゴムあたまポンたろう」。

もう、この名前がすべてを表しています。

この少年は頭(だけ)がゴムでできているという、某人気漫画の主人公みたいな能力者。

しかし、その特性の使い方はひたすら受動的。

 

ゴムの弾力の続く限り飛んで行って、頭から墜落してまた反動で飛び上がる、を繰り返すだけ。

落ちて行った先には大抵ヘンなものが待ち構えていて、何だかハラハラします。

ポンたろうはどんなものに当たっても痛くないそうですが、一応飛び上がるには条件があるようで、柔らかいものや尖ったものは苦手。

でも、オバケに当たった時はちゃんと飛ぶんですな。

 

最後はゴムの木の枝で一休みします。

 

★      ★      ★

 

ポンたろうの目的はよくわかりませんが、どうやら彼は旅行しているようです。

色々心配もしつつ、途中の景色や花の香りを楽しんでいるみたいです。

 

しかし、この旅行はやっぱり「受け身」であり、風まかせ(ゴムまかせ?)といった気配です。

してみると、これは長さん流の「ヒッチハイク絵本」なのかもしれません。

 

行先に何が待ち構えているか次第で移動距離や方角が変わったり、時にはヒヤヒヤしたり。

そんなトラブル自体を驚き楽しむ放浪者としてポンたろうは旅を続けていくのでしょう。

 

そして相変わらず、長さんの描く世界はどこまでも広々として開放感があります。

読んでいると、普段の凝り固まった思考や感情からポーンと解き放たれる気がします。

 

読者の頭も柔らかくて弾力に富んだ「ゴムあたま」に変えてしまう一冊です。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

出オチ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゴムあたまポンたろう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com