【絵本の紹介】「キャベツくんのにちようび」【383冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

熊本ではまた豪雨災害で大変なことになっているようですね。

大阪でも今日は朝から雨です。

今年は梅雨が長い気がしますが、この湿度で気温まで上がってきたら、マスク必須な今の生活がきついものになりそうです。

学校での熱中症も心配だし。

 

さて、なんとなく重苦しい空気を吹き払うような楽しい絵本を紹介しましょう。

久々登場「キャベツくん」シリーズより「キャベツくんのにちようび」。

作・絵:長新太

出版社:文研出版

発行日:1992年5月20日

 

このブログで「キャベツくん」を紹介したのは3年以上も前ですね。

いやあ、ほんとに久々。

 

≫絵本の紹介「キャベツくん」

 

ナンセンスの神様・長新太さんの真骨頂ともいうべきシュールなシリーズですが、なんだか意味は分からなくても読むと心が晴れやかになります。

キャベツを擬人化した「キャベツくん」と、ことあるごとに彼を食べようとする困ったちゃんの「ブタヤマさん」の掛け合いはここにしかない独特の味わい。

 

キャベツと豚といえばトンカツを連想しますが、ここではキャベツが主役。

そして「ブタヤマさん」というこのネーミングセンスね。

長さんらしい。

 

二人が広々とした原っぱで遭遇するなり、ブタヤマさんは「キャベツ、おまえを たべる!」。

そこへ後ろの草むらから大きな手が出てきて、「いらっしゃい いらっしゃい おいしいものが ありますよー」と手招き。

現れたのは三匹の巨大な招き猫。

ブタヤマさんはキャベツくんを食べようとしていたのも忘れて、

キャベツくん はやく はやく」なんて言いながら猫についていきます。

そこに出現したのは見渡す限りの広大なキャベツ畑。

ブキャッ」と驚くブタヤマさんですが、キャベツ畑は一瞬で消えてしまいます。

 

猫たちはさらに二人を手招きします。

おそるおそるブタヤマさんたちがついていくと、今度は……。

画面を埋め尽くす招き猫たち。

わけわかりません。

 

これまたすぐ消えて、さらに誘導が続き、最後は豚の大集団が出現します。

キャベツくんが「ブタヤマさんは ブタを たべるの?

ブタヤマさんは「ブタは たべない。トンカツだって たべない」。

 

三匹の魔法使い?の猫たちは去っていきます。

どうもからかわれただけのようです。

 

キャベツくんはブタヤマさんの手を引き、「ぼくのうちで おいしいものを ごちそうしてあげるよ」。

 

★      ★      ★

 

とにかく憎めないブタヤマさんのキャラクター。

今回もストーリーは意味不明ながら、「ページをめくるたびに画面いっぱいに何かが出現する」という長さんが好んで使う手法は第一作「キャベツくん」と共通します。

 

長さんは空と地平線の絵が大好きで、この絵本はつまりその「どこまでも広がっていく」絵を描きたかったんじゃないかなと思います。

長さんは絵を主体にする作家さんです。

シュールなストーリーを読解しようとばかり頭をひねっていると、一番重要な絵を見逃します。

 

全カットうんと引いたアングルで、空と地平線と山、そしてどこまでもどこまでも続くキャベツ畑。猫と豚の大群。

いい眺めじゃないですか。

とっても心が満たされるような開放的な光景じゃないですか。

まあ、猫はちょっと不気味ですが。

 

あと、両手を前に突き出して、へっぴり腰で並んで猫についていくブタヤマさんとキャベツくんのポーズがコント劇っぽくて愉快です。

読者も一緒に、心の中でこんな姿勢になってちょっぴりドキドキ、ワクワクしながら次のページへ案内されます。

してみると、あのすっとぼけた顔の猫の正体は長さん自身なのかもしれませんね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

夢に出そう度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「キャベツくんのにちようび

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「どんどんどんどん」【381冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は1984年に発表された片山健さんの「どんどんどんどん」を紹介しましょう。

作・絵:片山健

出版社:文研出版

発行日:1984年10月20日

 

ギリシャ彫刻のトーガのようなオムツ(パンツ?)一丁の「こども」が無限の荒野を「どんどんどんどん」突き進んでいく、というだけの絵本。

扉絵では地平線に太陽(あるいは満月)と三日月が同時に浮かび、主人公の男の子が後ろ向きに歩いていく姿が描かれています。

 

とにかく子どもの持つ根源的な生命力やパワーを具象化したいという作者の情念が筆を走らせたような作品ですが、ドタバタナンセンスのようでいてどこかに神々しさが漂っています。

それは上記した主人公の造形・立ち姿・自然の描写などから伝わります。

 

作者は神を畏れるように「こども」を畏怖しています。

作者の経歴や作風の変遷なども見ながらそのあたりを読んでいくと興味深いのですが、まずは本を開いてみましょう。

あるひ あるひ ひとりのこどもが

どんどん どんどん ゆきました

 

というナレーションが入り、主人公の男の子はただひたすら「どんどん どんどん」突き進みます。

直線的で狂暴で、純粋。

男の子の行く手には恐竜や蛇、蛙などの爬虫類、昆虫、動物、微生物などの生き物がうじゃうじゃ出現しては、男の子に蹴散らされていきます。

 

やがて男の子は町に出ますが、お構いなしに「どんどん どんどん」。

まるで怪獣です。

地面には亀裂が入り、町は破壊され、洪水に呑み込まれ、ついには本物の怪獣が火を吐き……。

黒煙が立ち昇り、画面の迫力と熱量は留まるところを知らず、うねりくねり、収拾がつかなくなったところで、

どーん

と、男の子は前のめりに倒れます。

 

そこで「ちょっと つかれた ひとやすみ」。

となりますが、男の子は泥で山を作っています。

一休みとはいっても、何かをしているわけで決して止まってはいないのです。

 

山ができると再び男の子は立ち上がり、「そりゃあ ただもう」「どんどん どんどん」歩いていきます。

 

★      ★      ★

 

これまで何度か片山さんの絵本を紹介してきた中でも触れましたが、彼は若いころは幻想的でエロチックな色鉛筆画家として知られていました。

この前片山さん絵の「赤ずきん」を取り上げましたが、実はそれよりずっと以前に片山さんはシャルル・ペロー版の「長靴をはいた猫」(澁澤達彦訳)の中の「赤ずきん」の挿絵を描いています。

狼に食われるシーンでの赤ずきんはヌードで蠱惑的で、子ども向けとは言えませんが非常に完成度の高い絵になっています。

 

≫絵本の紹介「赤ずきん」

 

そういうちょっと妖しいタッチの絵を描いていた作者が初めて絵本に携わったのが「ゆうちゃんのみきさーしゃ」です。

 

≫絵本の紹介「ゆうちゃんのみきさーしゃ」

 

ここでは作者一流の病的なタッチは鳴りを潜めていますが、まだどこかにその作風は残っており、子どもたちは現実世界から乖離した影のように描かれています。

それから長い間絵本の仕事から離れていた片山さんは、娘を授かったことを契機に再び絵本に向かいます。

娘をモデルとした「コッコさん」シリーズでは子どもの描き方が一変し、生々しい生命力を感じさせる顔や四肢が特徴的な造形となっています。

 

≫絵本の紹介「コッコさんのともだち」

≫絵本の紹介「おやすみなさいコッコさん」

 

「コッコさん」に繋がるのがこの「どんどんどんどん」に登場する「こども」だと考えられます。

おそらく片山さんは実際に子どもを育てる経験を持ったことで、それまでの「幻想的で儚い子ども」(いいとか悪いとかいう問題ではなく)という表現からもっと「体温や匂いや息遣い」が間近に感じられるような子どもを描きたいという衝動を持ったのではないでしょうか。

 

ここには「目的に対して猪突猛進する野生の子ども」に対する畏怖、畏敬、憧憬の念が感じられます。

作者はそのあまりの純粋なパワーに圧倒されています。

それがこの「どんどんどんどん」に凝縮されています。

 

土臭い絵の具の色遣いは田島征三さんを思わせ、開放的でありながら緊密な画面構成は長新太さんを彷彿させます。

後年、片山さんはかつての色鉛筆画で絵本「おなかのすくさんぽ」を描きましたが、そこでもやはり動物そのもののような神聖さを持った凄まじい目力の少年を主人公としています。

 

≫絵本の紹介「おなかのすくさんぽ」

 

子どもを描く・子どもの本を作るという衝動の核となる部分に何を持つかは表現者それぞれだと思いますが、片山さんの場合それは「畏敬の念」のように感じます。

「どんどんどんどん」に描かれた子どもは、制作衝動の「出発点」だということです。

 

絵本作家や子どもの本に関わる表現者にとってその「核」が何であるかは重要です。

片山さんのように「子どもに対する畏敬」から出発した表現者の作品は、読者となる子どもに素直に受け入れられるものです。

 

何故なら子どもは感受性の塊であり、たとえ言葉がわからなかったとしても「自分に向けられた感情」は感情のレベルで極めて敏感かつ正確にキャッチする生き物だからです。

例えば親が何かの原因で子どもを叱った場合、「なぜ叱られたか」はまったく理解せずに「怒っている親の感情」だけを記憶する子どもは多くいます。

 

ですから、もし子どもの本を作る人間が読者である子どもを理解しようとするのでなく、買い手である大人に対する「市場戦略」や「宣伝効果」や「流行の傾向」に照準を合わせていたとすれば、そうした本は例え売れたとしても長い時間を生き残ることはないでしょう。

子どもの本を見る目はけっして過たず、作り手の心根までも見通すからです。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆

直線的度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「どんどんどんどん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぶたぶたくんのおかいもの」【364冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのはこのブログ初登場・土方久功さんの傑作「ぶたぶたくんのおかいもの」です。

作・絵:土方久功

出版社:福音館書店

発行日:1985年2月28日(こどものとも傑作集)

 

月刊絵本「こどものとも」に発表されたのが1970年ですから、実に50年前の作品。

古い新しい以前に絵の個性が強烈。

 

この主人公「ぶたぶたくん」の造形、そして買い物かごの中身を見てください。

人の顔のパンがありますが、その顔が、なんというか。

そして「キャラメル」の字もシュール。

 

派手さはなく、絵の雰囲気も好みが分かれそうで、人によってはちょっと手に取りづらいと感じるかもしれません。

ですが、食わず嫌いはもったいない。

物凄くおもしろいし、子ども受けも最高な作品なのです。

 

とりあえずこの独特な世界に踏み込むには、黙読ではなく音読が条件です。

黙読だと何だか冗長に感じてしまうテキストが、声に出して読んでみると楽しくて仕方がない。

子どもはゲラゲラ笑うし、実は相当に高いレベルで練り上げられていることがわかります。

 

それは主人公の名前にすでに表れています。

ぶたぶたくん」という名前そのものが繰り返しのリズムによって生まれているのです。

きみたち、こぶたの ぶたぶたくん しってる?

この こぶたくんは」「ぶたぶた ぶたぶた という くせが あるのさ

いつのまにか みんなが ぶたぶたくんと よぶように なってしまったのさ

この語り口にまずニヤニヤさせられます。

 

さて、ぶたぶたくんはお母さんから買い物を頼まれます。

そうさ ぼくだって ひとりで いけるのさ」「ぶたぶたぶた

リズムよく歌いながらまずはパン屋さんに到着。

 

パン屋の「にこにこ おじさん」の顔も凄いですけど、売り物も凄い。

ぶたぶたくんがおまけしてもらった「かおつきぱん」の顔が、どっかの国の置物土産っぽい。

 

ぶたぶたくんは続いて八百屋さんへ。

途中で「からすの かあこちゃん」と道連れに。

八百屋さんは「はやくち おねえさん」。

おかいものは なにと なにと なにと なに

きゃべつ きゅうり とまと ねぎ、ばななに りんごに なつみかん

あまい しょっぱい すっぱい にがい……

とまくしたてます。

 

それからお菓子屋さんへ。

ぶたぶた かあこお ぶたぶた かあこお」と歩きます。

繰り返しますが、音読しないとこの楽しさはわかりません。

お菓子屋の主人は「ゆっくり おばあさん」。

 

帰り道、「こぐまくん」に出会って、三人で近道をとって家に帰ります。

ぶたぶた かあこお くまくま」……。

友達と別れた後、ぶたぶたくんは無事に家に帰り着き、家の前で待っていたお母さんにかじりつきます。

ぶたぶた。ぼく ひとりで おかいもの できたよ

 

★      ★      ★

 

このシュールさ、ユニークさ、インパクト、テキストの妙、そしてどこかに漂う異国テイスト。

この感じ、誰かに似てると考えてみたら、スズキコージさんが近いような気がしますね。

日本のようでいて日本でないような、しかしどこの国かはわからないような、独特の世界。

たぶん、スズキさんは土方さんに何らかの影響を受けているのではないでしょうか。

 

実際、様々な絵本作家さんが、印象に残る絵本として「ぶたぶたくんのおかいもの」をちょいちょい挙げてます。

作り手の目から見ると、この作品によりいっそう感心してしまうのかもしれません。

 

はじめてのおつかいに出かける子どものドキドキ感、ワクワク感、冒険心、ちょっとした不安。

はっきり言ってありふれた題材を土台に据えながら、ここまで個性的に描けるとは。

 

そして単純そうに見えながら、内部には実に様々な仕掛けが施されており、絵本の基礎とも言える「3の繰り返し」要素もふんだんに盛り込んでいます。

最後にはぶたぶたくんが辿った道の地図があり、また最初に戻って確認しながら読みたくなります。

良作。

 

ぶたぶた かあこお」のリズムにハマったら、土方さんの別作品「ゆかいなさんぽ」もおすすめです。

こっちはさらに動物が増えてカオスなことになってます。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

かおつきぱんのインスタ映え度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぶたぶたくんのおかいもの

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス」【350冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

いよいよ師走。

もうクリスマスか……。年々早くなるのはどうしてでしょう。

 

今年もクリスマス絵本を紹介していきます。

おとぼけキャラクターが人気の「めがねうさぎ」シリーズより「めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス」です。

作・絵:せなけいこ

出版社:ポプラ社

発行日:2002年11月

 

私も息子が眼鏡っ子になってから、よりこのめがねうさぎに親近感を覚えるようになりました。

第一作の紹介記事も併せてお読みください。

 

≫絵本の紹介「めがねうさぎ」

 

さて、せなさんといえばちぎり絵、うさぎ、そしておばけ。

おそらく「怖い絵本」ランキングではぶっちぎりの一位を獲得しそうな「ねないこだれだ」に登場する「おばけ」とこの「めがねうさぎ」シリーズの「おばけ」は、姿は同じでもまったく別物です。

全然怖くないどころか、今作ではひたすら親切で健気。

 

眼鏡っ子うさぎ「うさこ」は、そのおばけが昼寝していたモミの木をおばけごとクリスマスツリーとして持ち帰り、飾りつけをし、サンタさんを心待ちにして眠ります。

一方サンタさんはくまさんの家でこぐまをぐっすり寝かせるための「グーグージュース」とかいう怪しげな飲み物に手を付け、眠り込んでしまいます。

 

弱ったくまのお母さんは(何故か)うさこに電話で助けを求め、おばけにめがねを探してもらって(これはお約束)、くまさんの家へ向かいます。

うさことおばけはタッグを組み、サンタさんの代わりにプレゼントを配りに出ます。

相変わらずおばけのことを「かわったひと」で片づけてしまううさこ。

首尾よくプレゼントを配り終えた後、起きてきたサンタさんからお礼のプレゼントをもらう二人。

 

おばけにはクリスマスケーキ。

うさこにはたくさんの眼鏡。

 

毎回眼鏡を失くしてしまううさこには有難いプレゼント、と思いきや、結局……。

 

★      ★      ★

 

息子は意外と眼鏡を失くしません。

まあ、外すこともほぼないんですが、寝るときにはちゃんと決まった場所に置いて寝ます。

 

相変わらず夜更かしするので、親の方が先に寝てしまうこともあるんですが、眼鏡をかけたまま落ちてしまうことは滅多にありません。

てことは、寝ない寝ないと言いつつ、いよいよとなったら寝るつもりで横になってるってことですね。

朝になるとちゃんと規定場所に眼鏡があります。

 

それはいいんですが、眼鏡の扱いが雑なことだけは困ったもの。

すぐにフレームが歪んでしまい、そのままかけてるとよくないのでしょっちゅう眼鏡屋さんに行って直してもらってます。

あんまり行き過ぎるので気兼ねするくらい。

子どもの眼鏡は近所で買ったほうが絶対いいと思います。

 

さて、上記した「ねないこだれだ」が誕生から50周年を迎えたということで、せなけいこ展が今月の18日(水)〜2020年1月6日(月)まで、阪急うめだ本店9Fにて開催されます。

 

公式HP≫「せなけいこ展 公式サイト」

 

久しぶりに私も行けるので、楽しみにしてます。

なんかうるさい眼鏡の子を連れたのがいたら私です。

グッズがかなり充実してるっぽいので、お金使い過ぎないように気を付けないと……。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

グーグージュース欲しい度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「めがねうさぎのクリスマスったらクリスマス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「みみずのオッサン」【347冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「ナンセンスの神様」の異名を取る長新太さんによる「みみずのオッサン」です。

作・絵:長新太

出版社:童心社

発行日:2003年9月10日

 

ピンク色(ミミズ色?)を基調としたド派手でサイケな色彩。

タイトルのインパクトも長さん一流。

 

みみずのおじさん、なら絵本らしいのですが、そこを「オッサン」。

ちょっと乱暴で馴れ馴れしい呼び方……ではなく、このみみずの名前が「オッサン」なのですね。

もうこの時点で読者は長さんワールドに足を踏み入れているのです。

武道的に言えば「先を取られている」わけです。

あとはもう、長さんの掌の上。

 

長さん絵本は常に人を食ったような、悪ふざけのような作品が多いのですが、深読みしようと思えばどこまでも深読みを許してくれる懐の深さ・読者の認識の在り方を根本から問いかけるような哲学的側面を有してもいます。

この絵本も、ハチャメチャな展開の後に主人公の活躍があり、大団円へ向かうのかしら……と思いきや、予想を裏切るクライマックスが。

 

オッサン」が散歩に出かけると、「こんなもの」が「ドシーン!」と落ちてきます。

こんなもの」は「ヌルヌル ベトベト ベタベタベタ〜」の色の塊。

ペンキ工場が爆発したのです。

さらには絵の具とクレヨンの工場も爆発して、町はベトベトに固まって車も生き物も動かなくなります。

一体どうなるのかと思っていると、オッサンが「もぐもぐもぐもぐ」「ムシャムシャムシャ」と絵の具やペンキを食べ始めます。

凄い勢いで食べて行き、食べたものは「きれいなどろになって」排泄されていきます。

その泥はどこまでも広がって行き、(長さんの大好きな)地平線を描きます。

 

で、ここで終わらないのが長さん。

なんとオッサンの排泄した泥は「みどりのだいちになり、ずうっとむかしにもどってしまった」のです。

そこで歩き回る恐竜を見て、オッサンは恐竜になりたいなあと思うのですが、お月さんが「みみずのオッサンは、そのままでいいよ」と言います。

 

そしてオッサンは地面の下に戻って行きます。

しずかなよるです」。

 

★      ★      ★

 

「シュール」の一言で片づけるのは簡単ですが、一体ここには何が描かれているのでしょうか。

絵の具やペンキやクレヨンに呑み込まれていく人々は妙に呑気で、「きれいだねえ」などと口にします。

けれど、結局は彼らは絵の具ごとオッサンに取り込まれ、そして土に戻されてしまうわけですから、考えてみると怖いようなお話です。

 

ミミズが豊沃な土壌を作るのは本当で、私が子どもの頃にはまだグラウンドを掘ればミミズが出てくるのも珍しくなかったのですが、最近はどうでしょうね。

土を掘ることがなくなったのでわかりませんが。

ミミズってまじまじ観察すると本当に気持ち悪くて不思議な生き物です。

 

これを文明社会への警鐘・自然の偉大さを謳った絵本と捉えるのは適切でしょうか。

私にはなんとなく、長さんが描きたいものを描いたらこうなっただけ、という気がします。

 

これは色の絵本です。

どぎついほどの色・色・色。

子どもが絵の具遊びを楽しんでいるような、輪郭線すらない色の世界。

 

町も世界も全部塗りつぶしてしまう壮大な「お絵描き」からの「地平線」、そして「緑の大地」。

長さんの「お絵描き欲」を思い切り吐き出したような、「お絵描き創世絵本」です。

 

もし長さんにそんなことを言ったとしたら、何と答えが返ってくるでしょうか。

あのとぼけたような顔で、難しいこと言わないで絵を見てよ、と言うでしょうか。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

「オッサン」のアクセントに悩む度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「みみずのオッサン

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com