【絵本の紹介】「ちいさなねこ」【279冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は絵本界、いや児童文学会の重鎮中の重鎮、石井桃子さんによる絵本を紹介します。

戦後日本の絵本は、様々な方々の尽力と貢献によって発展しました。

 

その中でも船頭的役割を担ったのが、瀬田貞二さんと石井桃子さんだったと思います。

私を含め、今の親の世代で、およそ石井さんのお世話にならなかった人が存在するでしょうか。

 

まだ絵本が子どものおもちゃ程度に認識されていた時代に、石井さんは優れた海外の絵本や児童文学を次々に翻訳されました。

ピーターラビットの絵本」も、「ちいさなうさこちゃん」も、「ちいさいおうち」も、「くまのプーさん」も、石井さんがいなければ私たちにこんなになじみ深いものにはなっていなかったでしょう。

 

それだけ多くの名作の翻訳を手掛けてきた石井さんの創作した絵本が、面白くないわけがありません。

1963年に「こどものとも」で発表して以来、今も子どもたちに読まれ続けている「ちいさなねこ」。

作:石井桃子

絵:横内襄

出版社:福音館書店

発行日:1967年1月20日(こどものとも傑作集)

 

内容は、わりとシンプルで短いものです。

大人が読むと、何の感慨もなしに読み飛ばしてしまうかもしれません。

 

しかし、ここには子どもが夢中になるリアルなストーリー展開と、そして何度でも繰り返したくなる完璧な構成があります。

横内さんの精緻な絵、石井さんの的確な文、それらが絵本の本質部分をしっかりと捉えているからこそ、いくら古くなろうともこの絵本は子どもたちにとって魅力的であり続けるのです。

 

ちいさな ねこ、おおきな へやに ちいさな ねこ

という最初の見開きで、子猫の周囲の余白を効果的に使っています。

 

そして子猫は縁側から庭に下り、外の世界へ向かって走り出します。

おかあさんねこが みていないまに、ひとりで でかけて だいじょうぶかな

石井さんの語りかけるような文により、読者は子猫を心配し、同時に子猫に自身を投影してワクワクします。

子どもに捕まり、通りで自動車に轢かれそうになり……(町並みの古臭さよ)。

ハラハラドキドキの連続。

そして怖いもの知らずの子猫の活躍は痛快の一言。

自分よりずっと大きな犬にも怯みません。

爪で鼻をひっかいて、怒った犬に追いかけられ、木の上に逃げます。

 

そしてここで絶対的存在のおかあさんねこが登場します。

あそんでいる こどもの そばを とおりぬけ、じどうしゃを よけて

と、ここでさりげなく子猫との違いを描いています。

何という安心感でしょう。

 

さらには木の下で大きな犬を追い払う頼もしさ。

いたずらな子猫を有無を言わせず口にくわえ、危なげなく帰宅します。

この子猫可愛い。

 

最後におかあさんねこのおっぱいを飲む子猫の姿を描き、お話は終わります。

このラストシーンがあるからこそ子どもは安心し、子猫の冒険を幸せな気持ちで楽しむことができるのです。

 

★      ★      ★

 

この子猫は、石井さんが昔拾って育てた、怪我をした子猫がモデルになっているそうです。

 

小さな動物が、ちょっとした冒険に出て、そして帰ってくるという話型は、幼児絵本のひとつの王道です。

同じ形式の絵本は「こすずめのぼうけん」や「アンガスとあひる」などがあります。

 

≫絵本の紹介「こすずめのぼうけん」

≫絵本の紹介「アンガスとあひる」

 

この絵本を「親の言うことを聞かずに一人で出かけると、危ない目に遭う」という「教訓」として読み聞かせるのは自由ですが、そうした捉え方ははっきり言って的外れです。

子どもにとって、自分の分身と思える主人公の冒険と活躍、そして最終的に安心できる場所への帰還という物語をたくさん読んでもらうことは、これからの人生にとって非常に重要な力となるのです。

 

2008年に亡くなられた石井さんは、享年なんと101歳。

彼女が生涯を通して子どものために成された仕事の数々を思う時、私は自然と頭が下がってしまうのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

おかあさんねこの貫禄度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ちいさなねこ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ベンジャミン・バニーのおはなし」【270冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は世界で一番愛されているうさぎ「ピーターラビット」シリーズより、「ベンジャミン・バニーのおはなし」を紹介します。

作・絵:ビアトリクス・ポター

訳:石井桃子

出版社:福音館書店

発行日:1971年11月1日

 

このシリーズは私も個人的に大好きでして、全作品を取り上げたい気持ちなのですが、こればっかりやるわけにもいかず、いつになるやら。

≫絵本の紹介「ピーターラビットのおはなし」

≫絵本の紹介「パイがふたつあったおはなし」

 

さて、「ピーターラビットの絵本」は、同じ世界を舞台にした様々なキャラクターの活躍を描くシリーズです。

「ピーターラビットの」とタイトルは付けられていても、ピーターが登場しない作品のほうが多いです。

 

しかし、意外なところでキャラクター同士の繋がりがあったり、ストーリーには絡まなくてもイラストのみに登場するキャラクターがいたり。

こういう群像劇っぽいシリーズは、絵本では珍しいような気がします。

 

この「ベンジャミン・バニーのおはなし」は、シリーズ2作目にあたり、唯一前回からの流れを引き継いで展開される物語になっています。

つまり、「ピーターラビットのおはなし」で、マグレガーさんの畑に侵入したピーターが散々な目に遭い、靴も上着もなくして逃げ帰ってきた後のお話です。

ベンジャミン・バニーはピーターのいとこ。

ピーターのお母さんの兄の息子にあたります。

 

ほっぷ・すきっぷ・あんどじゃんぷ」をしながら登場。

ベンジャミンはおばさんであるピーターの母親は苦手のようですが、ピーターとは仲良し。

 

元気なく赤い木綿のハンカチにくるまっているピーターから、先日の災難について聞き出します。

ベンジャミンは、マグレガーさんたちが馬車で出かけている隙にピーターの服を取り返しに行こうと考えます。

 

二人は連れ立ってマグレガーさんの畑に侵入します。

かかしに着せられていたピーターの上着と靴はすぐに回収できました。

すっかり怯えていて、終始そわそわしているピーターに対し、ひどい目に遭ったことないベンジャミンは怖いもの知らずといった様子で、畑から玉ねぎを失敬し、おみやげにしようとしたり、レタスをつまみ食いしたりします。

 

そしてゆうゆうと帰ろうとした時、二人はマグレガーさんの猫に遭遇してしまいます。

ベンジャミンはとっさに自分とピーターに大きなかごをかぶせ、隠れます。

 

ところが猫が近づいてきて、そのかごの上に乗って昼寝を始めてしまいます(5時間も!)

 

ここで救世主のごとく登場するのが、ベンジャミン・バニーのお父さん。

その名もベンジャミン・バニー氏。

 

くわえパイプに、手には短い鞭を持ち、猫などまったく問題にしない堂々たる態度でやってくると、いきなり猫に飛びかかって温室に蹴り込んで戸に鍵をかけて閉じ込めてしまいます。

ベンジャミンたちはかごから助け出されますが、ベンジャミン・バニー氏に鞭でお尻をぶたれてしまいます。

絵を見ると、ピーターも一緒にぶたれています。

 

二人はお尻を押さえて泣きながら、ベンジャミン・バニー氏はたまねぎの入ったハンケチを持ってゆうゆうと、マグレガーさんの畑を後にします。

 

ピーターのお母さんは、ピーターが上着と靴を取り戻してきたことを喜び、ピーターは叱られずに済みます。

 

★      ★      ★

 

ピーターもベンジャミンも、作者のポターさんが飼っていたうさぎの名前です。

ことに、ポターさんは「興奮しやすく、快活で、愚かしく見えるほどに人懐こくてセンチメンタルで、見下げ果てた臆病者」と日記に評してあるベンジャミンを可愛がっていたようです。

本物のベンジャミン・バニーについては、ポターさんの日記上に愉快なエピソードがいくつも残されています。

 

そして、頼もしくも恐ろしい父親ベンジャミン・バニー氏ですが、息子たちが成人した後のエピソード「キツネどんのおはなし」では、息子の嫁に叱られる子どもっぽいおじいちゃんになってしまいます。

そのあたりの変化も、シリーズ通しての発見の楽しみです。

 

イラストの美しさは言うに及ばず、テキストにおいても相変わらずポターさんの筆は冴えわたっており、必要なこと以外は何も語りません。

その一方で、前回は描かれなかったピーター一家の暮らしぶりなどが描かれ、ピーターのお母さんが「うさぎの毛の手ぶくろ」や「そで口かざり」を編んだり、せんじ薬や「うさぎたばこ」(ラベンダーのこと)を売ったりして生計を立てていることなどがわかります。

 

そこでさらりと「わたしも、まえに、ばざーで、ひとくみ かったことがあります」とポターさんは言うのです。

こんなふうに、このシリーズでは時折作者自身が作中に登場します。

 

このたった一言で、この世界は単なる空想ではないことが読者に伝わります。

ポターさんは「現実に」ピーターたちと会って、関りを持っているのです。

マグレガーさんからは追いかけ回され、パイにされてしまいそうになるうさぎたちは、一方で人間相手に商売をしているのです。

 

この一文に、大人は戸惑い、子どもたちはワクワクさせられるのです。

ポターさんの絵本の凄みは、このようなさりげない一文にも秘められているのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

ベンジャミン・バニー氏無双度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ベンジャミン・バニーのおはなし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん」【261冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん」を紹介します。

作・絵:ロバート・マックロスキー

訳:渡辺茂男

出版社:童話館

発行日:1995年4月25日

 

以前にほるぷ出版より刊行されていたものの復刻版で、現在は童話館から出版されています。

発表は1963年。

 

ロバート・マックロスキーさんと言えばロングセラー「かもさんおとおり」が有名ですね。

 

≫絵本の紹介「かもさんおとおり」

 

「かもさんおとおり」はモノクロ画でしたが、今作では鮮やかな色彩が楽しめます。

特に船やクジラの体内に用いられているピンクが効果的です。

 

この前紹介した「海は広いね、おじいちゃん」に引き続き、これもまた「老人と海」な絵本です。

おじいちゃんと言えば海。

 

≫絵本の紹介「海は広いね、おじいちゃん」

 

ちょっと長めの話で、洒落た表現もたくさん出てくるので、夏休みの読書感想文などにもオススメです。

 

バート・ダウじいさんは引退した沖釣り漁師。妹のリーラと暮らしています。

船を2艘持っていて、1艘は花壇にしています。

もう1艘が特にお気に入りの「潮まかせ」号。

 

かなり古い船ですが、バートじいさんは大切にしていて、しょっちゅうペンキを塗って穴をふさいでいます。

ペンキ塗りの仕事の余りで塗るので、カラフルな船になっています。

 

ある朝、バートじいさんは仲良しのかもめと一緒に、「潮まかせ」で沖釣りに行きます。

そこで釣り糸に引っかかったのが、なんとクジラ。

危うく船ごと沈められそうになりながら、じいさんはどうにかクジラをなだめて針を外し、絆創膏を貼ってやります。

が、いつの間にか空模様が怪しくなり、嵐が近づいていることを示しています。

 

このままでは突風にあおられて沈められてしまうと思ったバートじいさんは一計を案じます。

それはクジラの胃袋に一時避難すること。

で、クジラに頼んで呑み込んでもらいます。

今度は出るために、ペンキを撒き、クジラにしゃっくりをさせます。

無事に飛び出した「潮まかせ」が着水したのはクジラの群れの中。

バートさんが他のクジラにも絆創膏を巻いてやると、クジラたちは大変に喜び、一斉に潮を吹くのでした。

 

★      ★      ★

 

マックロスキーさんはアメリカ絵本の黄金時代を築いた作家の一人とされ、「かもさんおとおり」でもそうでしたが、その作風には「古き良きアメリカ」のテイストが色濃く表れています。

 

バートさんの人柄、リーラとの掛け合い、おしゃべりかもめとの交情、町の人々など、作者が心から楽しんで描いていることがよくわかります。

ピンチの連続の中でも常にジョーク混じりの粋なセリフを飛ばすバートじいさんは、いかにもアメリカ男です。

 

読み終わると、まるでアメリカ映画を一本鑑賞したような気分になります。

ちなみに絵を見ればわかりますが、「潮まかせ」の原文は「TIDELY-IDLEY」。

これまた洒落たネーミングになっています。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

生き生きした人物造形度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「あんぱんまんとばいきんまん」【258冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はお久しぶりに国民的アイドルに登場してもらいましょう。

あんぱんまんとばいきんまん」です。

作・絵:やなせたかし

出版社:フレーベル館

発行日:1979年7月

 

例によってまだ平仮名表記の、初期「あんぱんまん」です。

そしてついに今回、あの名悪役「ばいきんまん」が初登場します。

 

初期あんぱんまんの特徴やアニメとの差異、作者のやなせさんの想いなどをつづった過去記事も読んでみてくださいね。

≫絵本の紹介「あんぱんまん」

≫絵本の紹介「アンパンマンのサンタクロース」

 

さて、「ひもじい人に食べ物を(文字通り)身を削って分け与える」という、やなせさんの考える「正義」の具現として生み出されたヒーローあんぱんまん。

(ちなみにデザインは「月おとこ」にインスピレーションを受けたそうです)。

 

≫絵本の紹介「月おとこ」

 

第一作「あんぱんまん」では、砂漠や森で彷徨う人々に顔を食べさせるだけの(連れ帰ってはくれないんですね)お話でした。

私は大好きですが、少々シュールが過ぎて、ホラーテイストすら漂わせるデビューでした。

 

やなせさん自身、「何かが足りない」と試行錯誤を重ねた末、悪役ライバルとして「ばいきんまん」を登場させ、なおかつなんと「あんぱんまん」を巨大化させて戦わせるという王道ヒーローものに作品を転向させます。

 

あまつさえ、「顔を食べさせる」というあんぱんまん最大のコンセプトさえカット。

大丈夫なのかやなせさん。

 

しかしこれが結果的には大当たり。

以後、「ばいきんまん」は主役を凌ぐほどの人気者に成長してゆくことになります。

 

ついに名前が判明した「ジャムおじさん」(まだバタコさんも未登場)が、なんだか具合悪そうに座り込んでいます。

おじさん あんこが くさりますよ

とあんぱんまん。

こういうセリフ回しに、まだまだ飄逸なあんぱんまんのキャラクターが見えます。

 

あんぱんまんは工場の上空を覆う黒い雲を調べるため、飛び出します。

ここでばいきんまん登場。

触覚とか、微妙に現在とデザインが違います。

 

テレビであんぱんまんを見つけると、

なんだ、こいつは あんパンの おばけか?

と、紫色の光を放って、あんぱんまんを墜落させます。

 

あんぱんまんは地上に叩きつけられ、中身が出るなど、人間だったらかなりグロいことになります。

大泣きしながら工場に帰るあんぱんまん(この辺りの性格もアニメ版とは結構違います)。

 

さあ、ジャムおじさんは怒り心頭、具合が悪いのも忘れて「ジャイアントあんぱんまん」を作り始めます。

おおきくて かたくて ぜったいに つぶれない」という、とても食べることのできない「ジャイアントあんぱんまん」。

ボディはどうなってるの?

ボディもチェンジしてたら、あんぱんまんのアイデンティティってどうなるの?

そんな疑問は無視して、ジャイアントあんぱんまんはばいきんまんにリベンジ完了。

黒い雲を吹き飛ばし、青空を取り戻します。

 

戦いの終わったジャイアントあんぱんまんは元のサイズの食べられるあんぱんまんに戻り(ボディは?)、「せかいじゅうの おなかの すいた こどもたちを たすける ため」飛んでいくのでした。

 

★      ★      ★

 

やなせさん、悩んだんでしょうねえ……。

こうして改めて読み返してみると、第一作「あんぱんまん」とは結構違った方向へテコ入れしてるのがわかります。

 

何気に助ける相手が「こどもたち」に限定されちゃってるし。

しかしまあ、あんぱんまんのキャラクターや、せっかくできたジャイアントあんぱんまんが工場から出られずに屋根をふっ飛ばして外に出るところなど、シュールな味はそのままです。

 

私も子どもの頃はこの絵本の展開に興奮した記憶がありますし、やっぱり子どもが喜ぶものを追及した結果の作品転向であり、そしてそれは大成功と言うべきでしょう。

 

でも、初期の八頭身あんぱんまんのことも忘れないでやってくださいね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

色々と衝撃的度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あんぱんまんとばいきんまん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「よるのびょういん」【257冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は写真絵本を持ってきました。

よるのびょういん」です。

作:谷川俊太郎

写真:長野重一

出版社:福音館書店

発行日:1985年2月15日(こどものとも傑作集)

 

タイトルで誤解しないよう言っておきますけど、ホラー要素はありませんよ。

上質なドキュメンタリー形式のフィクション絵本です。

 

文は詩人・谷川俊太郎さん。

写真を撮影しているのは記録映画「1964年東京オリンピック」に参加した長野重一さん。

同映画には谷川さんも脚本家として参加されています。

 

病院の仕事を紹介する絵本は色々とありますが、これは少年の緊急手術というストーリーを付け、俳優たちによる演技をモノクロフィルムに映すという手法を取ることで、いわゆる科学絵本や知識絵本とは一線を画す、緊迫感と絶妙なユーモアの感じられる特異な作品に仕上がっています。

 

朝からお腹が痛いと言っていた少年「ゆたか」が、夜中に高熱を出します。

父親は新聞社の夜勤という設定で、母親が救急車を呼ぶことになります。

熱でぼうっとなりながらも、初めての救急車に興奮するゆたか。

病院に着くと当直の先生が颯爽と白衣に腕を通しながら階段を駆け下りてきます。

すぐに しゅじゅつだ!

ドキドキする展開。

要所要所に病院の仕事や機械などが登場し、子どもの「知りたい欲」をくすぐります。

 

一方、ゆたかの父親は母親から連絡を受けますが、ここでも夜の新聞社での仕事を垣間見ることができ、「輪転機」などのワードもさりげなく差し込まれます。

谷川さん、わかってらっしゃる。

手術が続く中、夜の病院で働く人々が写されます。

看護婦さんやボイラーマン、集中治療室の様子など。

病院とは、お医者さんと看護婦さんだけの職場ではないのです。

 

ゆたかの手術は無事に終わり、ほっとした空気が流れます。

 

★      ★      ★

 

ゆたかの病気は要するに盲腸で、深刻なものではないのですが、お腹を切るのですから、子どもたちにとってはドキドキするような本物の手術であることには変わりありません。

恐怖を感じさせることなく、この非日常のハラハラ感を演出できるのは、モノクロ写真の力と、谷川さんの文の力にあります。

 

ずいぶん おんぼろもうちょうだけど、きねんに うちへ もってかえるかい

と冗談を飛ばす先生や、

まえから おれが いってたろう、ぶどうの たねは はきださないと もうちょうになるって

と、真剣な様子で言う父親。

 

緊張感漂う全編において、ふっと肩の力を抜けるような、絶妙なユーモアが秀逸です。

 

ちなみに谷川さんによる写真絵本では他に「なおみ」という作品がありますが、これもホラーではないのですが、こちらは人形の写真のインパクトが強烈過ぎて「怖すぎる」絵本として一部で有名です。

谷川さんとしては不本意でしょうけど。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

ブドウの種で盲腸になるのは迷信ですよ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「よるのびょういん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com