【絵本の紹介】「ねずみのいもほり」【275冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

天気が悪い日が多かったり、なんか暑かったり、あんまり秋を感じられない気がしますが、それでも昨日息子と公園で見た夕焼け空は秋らしい美しさでした。

今回は山下明生さん・いわむらかずおさんによる「7つごねずみ」シリーズより「ねずみのいもほり」を紹介します。

作:山下明生

絵:いわむらかずお

出版社:ひさかたチャイルド

発行日:1984年8月

 

かなり久しぶりの登場ですが、以前に冬のお話「ねずみのさかなつり」を取り上げたことがあります。

≫絵本の紹介「ねずみのさかなつり」

 

ねずみの大家族を描くいわむらさんの代表作「14ひきのシリーズ」と設定・絵ともに酷似しています。

上の記事でも触れていますが、違いは「7つご」の方は自然に近い田舎暮らしで、他の動物たちとも交流があり、学校にも通っている点です。

 

山下さんがいわむらさんの絵の良さを最大限に発揮できる設定で物語を作っているとも言えます。

素朴な田舎暮らし、自然との共生、懐かしい温かさなどが伝わってきます。

 

ねずみのさかなつり」ではお母さんが活躍しますが、今回はお父さんの出番。

いもほりたいかい」に7つごたちを連れて参加します。

いもほり用のスコップはお父さんの手製です。

7人分作るのは大変だったでしょうな。

道中、このスコップが色々な使い方で役立ちます。

ホッピングにして「ぴょんぴょんとび」、持ち手をロープに通して「ケーブルカー」。

 

この辺りも、今のモノがあふれた時代では思いつかない遊びの数々です。

本来、子どもは棒一本あればいくらでも遊べると言いますが、今はどうでしょうね。

さて、いもほり大会は見事に7つごチームの優勝。

お父さんもびっくりの大きなおいもを掘り出します。

 

お母さんにもこのおいもを見せてあげたいけど、どうやって持ち帰るかが問題。

そこでまたまたお父さんがDIY力を発揮して……。

おいものカヌーで川を下って帰ります。

スコップはオールになります。

 

★      ★      ★

 

うちの息子もいつの間にか5歳。

こういう絵本を読むと、「そうだ、そろそろ芋掘りも経験させてやらないと」と気づきます。

 

土に触れるというのは大人が考える以上に、人間にとって重要な行為だと思います。

大げさな言い方に聞こえるかもしれませんけど、地中に手を入れることは地球の内部に触れるということです。

自分が踏みしめて立っている大地の下には、生命を成り立たせている力が潜んでいるのだと感じる行為です。

 

土を掘ればそこには植物の根が張っており、驚くほどの強靭さで地上部分を支えています。

植物は太陽と、そして地球の両方から生命力を得ており、そしてその力は巡り巡って人間に辿り着きます。

 

芋掘りはそういうことを直観として理解するのに良い機会です。

これは教科書で得る知識とは全く別物ですから。

 

うちの息子も、土に触れるのは大好きです。

公園に連れて行くと、地面にべったり顔までつけて、ひたすらに砂を触り続けます。

体中に砂をこすりつけて、地面に潜る気なんじゃないかと思ってしまいます。

そういう姿を見ていると、やっぱり人間は無意識に地球の力に引き寄せられているのだという気がします。

 

でも、夢中になって砂をまき散らすので、周囲の子どもたちや親御さんたちに嫌な顔をされることもしばしばです。

この場を借りてお詫び申し上げます。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

スコップ万能度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ねずみのいもほり

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「どうぞのいす」【271冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「どうぞのいす」です。

作:香山美子

絵:柿本幸造

出版社:ひさかたチャイルド

発行日:1981年11月

 

香山さんと柿本さんのタッグ作品では、以前に「ヒッコリーのきのみ」を取り上げたことがあります。

 

≫絵本の紹介「ヒッコリーのきのみ」

 

この「どうぞのいす」は、「交換と贈与」をテーマにした人気絵本。

テンポのいい繰り返し展開が読者を飽きさせず、柿本さんのふんわりとしたタッチと温かい色使いの力もあって、優しい思いやりの気持ちが自然と心に染み入るような素敵な物語になっています。

 

うさぎさんがDIYで椅子を作ります。

この椅子をどこに置こうかと考えたうさぎさんは、大きな木の近くに、「どうぞのいす」と書いた立札と一緒に置きます。

つまり、誰でも座って休める公共物として社会に寄付したのです。

はじめにやってきたろばさんは、どんぐりでいっぱいのかごを椅子に置いて、自分は木陰で昼寝。

 

するとそこにくまさんが来て、どんぐりの乗った「どうぞのいす」を見ます。

これは ごちそうさま。どうぞならば えんりょなく いただきましょう

勘違いしたくまさんはろばさんのどんぐりを全部食べてしまいます。

しかしここでくまさんは、

からっぽに してしまっては あとの ひとに おきのどく

と、代わりにハチミツの瓶をかごにいれて行きます。

 

後にはきつねさんがやってきて、ハチミツをなめて、代わりに持っていたパンを。

その次にやってきた十匹のりすさんたちは、パンを食べ、代わりに栗を置いて行きます。

こんな風に次々と物々交換が繰り返され、ろばさんが目を覚ました時には、どんぐりの代わりにたくさんの栗が、椅子の上のかごに置かれていたのでした。

 

★      ★      ★

 

我が家の5歳の息子は一人っ子。

幼稚園にも行かず、社会経験は皆無に等しいです。

 

家の中では好きなようにやらせてますので、「俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの」なジャイアニズム。

でも、本来子どもとはそんなもの。

 

私は倫理や道徳を、外的に押し付けないように子どもと接しています。

しかしそれでは、人間を人間たらしめている「どうぞ」の精神を学ぶ機会などないかのように思われるかもしれません。

 

子ども(あとのひと)に対し、大人が「どうぞ」と言い続けると、子どもの人格が曲がってしまうと信じる人たちが大勢います。

しかし、私は見てみたいのです。

本当に心からの「どうぞ」を与えられ続けた子どもが、どう成長するのかを。

 

本心から「どうぞ」と言うためには、「私は十分に満たされている」と思えなければなりません。

だから、「あとのひと」に対し、「私はもういいから、どうぞ」という言葉が出てくるのです。

 

世の中を見ていると、十分に満たされていない子どもたちが、大人からの押しつけによって「どうぞ」と言わされているような光景を度々目にします。

 

子どもたちに「どうぞ」と言わせたければ、まずは子どもたちを完全に満たしてやらなければならないはずです。

それは物やお金ではなく、健全な愛情によってという意味です。

 

そうすることで初めて人間は、「自分には与えられたものを『あとのひと』に贈る義務がある」と感じるのです。

 

そして、この絵本のように楽しく美しい(教訓臭くない)物語を与えてやることも、子どもたちの自然な倫理観を育成する重要な手段だと思います。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

つぶらな瞳度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「どうぞのいす

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ピーターのいす」【268冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

9月に入りました。

もうすぐこの店は2周年を迎え、そして同時に私の息子は5歳になります。

どちらも、少しずつ成長していることを感じます。

 

それについてはまた改めて記事を書くとして、今回は小さな子どもの成長に心を打たれる名作絵本を紹介しましょう。

ピーターのいす」です。

作・絵:エズラ・ジャック・キーツ

訳:木島始

出版社:偕成社

発行日:1969年10月

 

圧倒的に可愛い黒人少年を主人公にした人気シリーズ「ピーターの絵本」。

色鮮やかで楽しくなってくるコラージュイラストもさることながら、子どもの世界の見過ごしてしまいそうな繊細なドラマを的確に描き出している点が、世界的に長く支持されている要因でしょう。

 

作者のキーツさんの目線は「鋭さ」よりも「あたたかさ」そして「自然体」を感じさせます。

 

≫絵本の紹介「ゆきのひ」

≫絵本の紹介「ピーターのくちぶえ」

 

さて、絵本というものは超時間的な作品が多いものですが、実はこのシリーズでは、ゆるやかに時間が流れています。

ゆきのひ」で、夢中で雪遊びをしていたあのあどけないピーターにも、ついに妹が産まれます。

よく見ると、少し背も伸びたようです。

けれど、ピーターの心中は複雑です。

お母さんは生まれたばかりの赤ちゃんにつきっきりだし、自分のものだったベッドや食堂いすはピンク色に塗り替えられていくし……。

 

ピーターはまだ塗り替えられていないままの、小さな頃に使っていた青いいすを見つけると、「おもちゃの ワニと、あかちゃんのときの しゃしん」を持って、犬のウィリーと一緒に家出します。

もっとも、家出と言っても本当に家を出ただけで、家のすぐ前に持ち物を並べただけ。

それでも、ピーターは侵されつつあるような気のする「自分の領域」を確保した気分になって、懐かしいいすに腰かけてみようとします。

 

ところが、お尻がいすに入りません。

ピーターは、おおきく なりすぎていたんだ!

お母さんが窓からピーターに呼びかけます。

ピーターはいいことを思いつき、こっそり家に帰って隠れます。

 

カーテンの下にピーターの靴を見つけたお母さんは、ピーターの「変わり身」作戦にまんまと引っかかります。

 

大人のいすに座ったピーターは、自分からお父さんに、妹のためにあの小さないすをピンクに塗り替えることを提案するのでした。

 

★      ★      ★

 

キーツさんは相変わらずドラマ作りが上手いです。

そしてテーマの選び方も的確です。

 

「下の子」が生まれ、「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」になる誰しもが経験する、切ないような面白くないような、微妙な気持ち。

特に異性の姉弟が生まれた時は、戸惑いも大きいでしょう。

 

そういう普遍的でデリケートな感情を、キーツさんはことさらに騒ぎ立てず、絶妙なさりげなさで物語として仕上げます。

作者のこうした手腕は、ちょっと他の作家の及ぶところではないと思います。

 

小さな頃のいすにお尻が入らないピーター。

ピーターが「自分自身の成長」に気づくという、作品の核部分を、たったこれだけのカットで終わらせています。

それ以上、なんの補足も入れず、心情も語りません。

 

必要なものはすべて語られたのです。

まさに「詩」です。

 

そしてその後のお母さんとピーターのやり取りも素敵です。

知的な「かくれんぼ」を披露することで、ピーターは自分の成長をはっきりと示すのです。

 

両親の愛情が自分ひとりのものではなくなると感じるときの不安と不満。

けれども、それ以上に自分が大人へ近づいたことの喜びは大きい。

必ずピーターは妹を可愛がるお兄ちゃんになるでしょう。

彼がいかに愛されて育ったかは、彼の素敵な両親を見ればわかるからです。

 

ちなみに、キーツさんのコラージュには、和紙も使われているようです。

ピーターのあの柔らかそうなくせ毛のところでしょうね。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

家族愛度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ピーターのいす

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おやすみなさいコッコさん」【264冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

早いもので、来月になれば息子も5歳の誕生日を迎えます。

息子の成長についても、また書こうとは思ってますが、「とにかく寝ない」という特徴だけは、赤ちゃんの頃からほとんど変わっていません。

 

まあ、本当に微妙な変化はあって、以前よりは多少リズムもついて、そうそう徹夜することもなくなったんですが、「素直に布団で横になって寝ようとする」ことは滅多とありません。

明らかに眠い時でも、なんとか頑張ろうとします。

 

これが寝かしつけをしなかったせいなのか、それとも生まれ持った性なのかは不明です。

 

今回は片山健さんが自分の娘さんをモデルに描いたコッコさんシリーズより、「おやすみなさいコッコさん」を紹介します。

作・絵:片山健

出版社:福音館書店

発行日:1988年1月30日

 

ま、程度の差はあれど、「寝るのが嫌い」という子どもはたくさんいます。

いつまでも遊んでいたいのか、どこか寂しくて怖い気持ちになるのか、そういう子どもの親はあれやこれや手を変え品を変え我が子を寝かしつけようと頑張ります(そして最終的にキレてしまう親もたくさんいることと思います)。

 

寝る前に絵本を読んであげることは、昂った神経を鎮め、楽しい気持ちで眠りにつかせるのに非常に有効です(うちの子は例外)。

「寝かしつけに良い絵本を……」と探す親たちのために、絵本にはいわゆる「おやすみなさいシリーズ」とでも呼ぶべきジャンルが存在します。

 

この「おやすみなさいコッコさん」も、もちろん寝かしつけにぴったりな絵本ではありますが、おそらく片山さんはそんな意図よりも、単に眠りに入る前の愛娘の可愛らしさに夢中になっているだけという気がします。

「コッコさん」シリーズ全編を貫いている「愛すべき親バカ」目線ですね。

布団に入ったまま寝ようとしないコッコさんに、お空のお月様がやさしく話しかけます。

もう そらの くもも ねむったよ

するとコッコさんは、

そらの くもが ねむっても コッコは ねむらないもん

と返します。

いけの みずだって ねむったよ

いけの さかなも ねむったよ

とりも……

いぬも……

おにいちゃんも……

 

だんだんと近づいてくるお月様の語りかけに対し、

コッコは ねむらないもん

と抵抗を続けるコッコさん。

 

しかし、この言葉遊びのような問答に引き込まれていること自体が、お月様(=親)の優しい計略の内。

予想通り、最後にはコッコさんは静かに眠りの世界に入っていきます。

コッコはねむらないもん……

コッコは……ねむらない……もん……

 

★      ★      ★

 

だんだん文字が小さくなるにつれ、読み聞かせるほうも自然と声を潜め、子どものまぶたも重くなって……。

と、そう上手くいけばありがたいんですがね。

 

うちの息子には、むしろいい言い回しを与えたようで、「ねむらないもん」を連発し、いっそうはしゃぎだす始末。

 

そもそも息子は「おやすみなさい〇〇」系の絵本を見るだけで内容を予測し、「読まない!」と拒絶することも多いです。

こちらが邪な気を持って読み聞かせようとするからでしょうか……。

 

≫絵本の紹介「おやすみなさいおつきさま」

絵本の紹介「おやすみなさいフランシス」

絵本の紹介「ねないこだれだ」

 

一時は絵本よりも、宇宙に関する本などを延々と読んで聞かせるほうがよく寝ました。

最近はもうその手も通じませんが。

というかもう諦めてます。

 

作者の片山さんですが、その昔は怪しさ漂う幻想的でエロティックな鉛筆画で知られた画家で(「赤ずきん」などの挿絵も残ってます)、絵本とはずいぶん印象が違います。

 

絵本を作るようになってからも、その画風、ことに子どもの描き方が初期とはかなり変化しています。

例えば「ゆうちゃんのみきさーしゃ」と「おなかのすくさん」に登場する子どもを見比べてみると、彼らの発する生命力の差に驚きます。

 

≫絵本の紹介「ゆうちゃんのみきさーしゃ」

絵本の紹介「おなかのすくさんぽ」

 

それはやはり、ご自分が子どもを持ったことによる影響が大きいのでしょうね。

 

推奨年齢:2歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

作者の目線の優しさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おやすみなさいコッコさん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ふたりはいっしょ」【249冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもに読み聞かせるのとはまた別の楽しみがあるのが、絵本の一人読み。

とは言うものの、例えば梅雨のじめじめした、なんとなく気分の晴れないような日には、「絵本でも読むか」という気にはなりにくいものです。

 

やっぱり絵本というものは、心に余裕がある時の方が読みたくなるようです。

しかし、中にはそういうモヤモヤした気分の時でも楽しめる絵本もあります。

むしろそういう気分の時こそ、ふと手が伸びる絵本が、「がまくんとかえるくん」シリーズです。

 

この二人の間に流れる空気、繰り返される会話、それらは滑稽でありながら人生の哀しみや温かみに溢れ、読んでいるうちに不思議と心に落ち着きを取り戻すことができるのです。

 

今回は「ふたりはいっしょ」を紹介します。

作・絵:アーノルド・ローベル

訳:三木卓

出版社:文化出版局

発行日:1972年11月10日

 

以前、「ふたりはともだち」を取り上げました。

よろしければ併せてお読みください。

≫絵本の紹介「ふたりはともだち」

 

悲観的で出不精で内向的ながまくんと、楽観的でおおらかで積極的なかえるくんの凸凹コンビ。

今回も5つの短編集で構成されています。

まずは<よていひょう>。

一日の予定を紙に書き、それらを消化するごとに律儀に線を引いて消すがまくん。

 

なんともじりじりしますが、予定表が風に飛ばされてしまうと、もう「なんにも しないでいるより しかたない」と、悲しそうに座り込むがまくん。

本当に、こういう性格の彼にとって、生きて行くことは大変なんだろうと思います。

 

でも、そのがまくんに付き合って一日中隣で座っているかえるくんの存在により、がまくんは救われているのです。

最後の、「ぼく うれしいよ」というかえるくんのセリフは、読めば読むほど様々な感情を揺り起こされ、じーんとします。

 

<はやく めを だせ>では、かえるくんの素晴らしい庭に触発されたがまくんが、珍しくやる気を出して庭づくりに取り組みます。

なかなか芽を出さない種に、本を読んだり、歌を歌ったり、詩を朗読したり、音楽を聴かせたり。

 

がまくんの「とても たいへんな しごとだったよ」から、あるいは子育てのお話なのかしら……というのは、私の個人的な読み。

クッキーを食べるのを止められなくなった二人が、「意志力」を得るために、どうにかしてクッキーを食べずにいようとする<クッキー>。

これは例によって仲良し二人の「遊び」です。

最後までかえるくんに付き合った末に、がまくんがさらりとオチをつけます。

 

<こわくないやい>は、自分たちの勇気を試すお話。

互いにがたがた震えているのに、互いを勇敢だと褒め合う二人。

 

そしてラストに、最も深いお話の<がまくんのゆめ>。

夢の中、がまくんは妙な口上に乗せられて、舞台の上でピアノを弾き、綱渡りをし、ダンスを披露します。

それを客席からかえるくんが観ています。

 

がまくんは芸をするたびにかえるくんに向かって「きみは……できるかい?」と言います。

かえるくんは「いいや」と返事をし、そのたびに小さくなっていき、とうとう見えなくなってしまいます。

 

我に返ったがまくんは、自分のしたことを後悔し、口上に対し「だまれ!」と叫びます。

かえって きておくれよ、かえるくん

がまくんが悲痛な叫びと共に目を覚ますと、ベッドのわきにかえるくんが立っています。

 

ぼく きみが きて くれて うれしいよ

いつだって きてるじゃないか

 

★      ★      ★

 

<がまくんのゆめ>は、何度読んでも、がまくんの「ぼく ひとりぼっちに なっちゃうよ!」で泣いてしまいます。

 

友だち関係はほとんどの場合において非対称であり、精神的に「甘え、甘えられる」がまくんとかえるくんのような関係は、現実に珍しいものではありません。

しかし、「甘える」側の人間は、相手を大切に思いながらも、どこかでその相手から圧を感じたり、劣等感を抱いたりするものかもしれません。

がまくんの夢の中の声は、がまくん自身の無意識の声なのです。

 

それにしても、今回がまくんはバイオリンを弾いたり、クッキーを焼いたり、園芸をしたり、意外と活動的な面を見せます。

芸術家肌なんですかね。

 

だからこそ、すぐに殻にこもってしまうところがあるのかもしれません。

彼がかえるくんを必要とする気持ちがよくわかる一冊になっています。

 

推奨年齢:7歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

気分晴れやか度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ふたりはいっしょ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com