虐待について

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

いよいよG20に伴う大規模な交通規制が始まってます。

大阪市在住の私としては、ただただ迷惑極まりない話です。

なんか警官がいっぱいいると嫌な気分になるし(無意識に後ろ暗いことがあるからかな)。

頼むからよそでやって。

 

ところが、周囲の人々の反応を窺うと、実に大人しいのですね。

仕事やプライベート含め、大いに迷惑をこうむっているはずなのに、ほとんど文句ひとつ言わない。

偉い人が決めたことだからしょうがない、という空気です。

ま、確かに私がぶうぶう言ったところで規制が解かれるわけではないですが。

 

唯々諾々。

これが国民性なのかもしれないし、学校教育の「成果」なのかもしれません。

 

今回はまた教育に関係する話です。

先日、親権者による児童への体罰禁止規定を盛り込んだ児童虐待防止法の改正案が成立しました。

子どもは叩いて矯正しないとまともな人間にならないと考えている人、体罰が禁止されたら子どもが「つけあがる」ことを懸念してる人、そもそもしつけと虐待の区別がついてない人。

そういう人々は、法律で体罰を禁止されることを苦々しく思っているでしょう。

 

体罰に対しての私の考えは過去に書いてます。

 

≫体罰について

 

読んでいただければわかる通り、私は体罰というものを認めていません。

あらゆる体罰は子どもの成長にとってマイナスだと思うからです。

そもそも「しつけ」ということに懐疑的です。

 

でも、だから体罰を法律で禁ずることに諸手を上げて賛成かと言うと、複雑な気持ちです。

子どもを産み、育てるという行為に対し、他人がくちばしを入れることに不快な気持ちがあるからです。

 

もちろん、実際に虐待され、人権を蹂躙され、助けを必要としながら声も上げることができない子どもたちは、「他人」の大人たちが自らくちばしを突っ込んで守らなければなりません。

そして現実問題として、救わなければならない子どもたちは大勢いるのです。

 

悲しいことですが「親になるべきでない親たち」は確かに存在します。

子どもたちは何よりもまずその親たち(彼らもまた救いを必要としている存在ですが)から守られなければなりません。

 

ですから、そのための「法」は必要には違いありません。

気を付けるべきなのは、国が個人を法で縛ることそのものが「いいこと」だと誤解しないことです。

 

子どもを産むという選択、産まないという選択。

いかに子どもと関わるかという選択、関わらないという選択。

それらは根本的には個人の自由に委ねるべき問題です。

 

「産め」「産むな」「こう育てろ」「こう育てるな」というすべての強制は本来されるべきではありません。

親と子どもを巡る数えきれないほどの悲劇や悲惨を認識した上で、それでもなお、です。

そうでなければ真に自由な人間を育てることにはならないからです。

 

人間は進み過ぎたり、現状に留まろうとしたりしながらも、「自由になること」を志向します。

私はそう考えています。

 

もう何度も繰り返してきたことですが、真に「自由になる」とは「本能のままに行動する」ことではありません。

人間には「本能に従わない自由」があり、「自らの信念や理想に基いて行動する」自由があります。

同時に「悪を行う自由」があり、危険な誤解を恐れずに言えば「虐待する自由」というものもあるのです。

 

自由の中で善を選び取ることに価値があるのです。

法律で禁止されてるから虐待を我慢するのではないのです。

 

虐待防止法が「今、現状」必要か? と問われれば「必要である」と答えます。

しかしそれが「未来に亘って永久的に」必要か? と問われれば「NO」です。

いずれはなくなるべきだし、なくなるでしょう。

 

同じ理由で、死刑制度も刑法そのものも、いずれはなくなると思います。

人類がその時代まで生き延びていれば、ですけど。

 

虐待をしてしまう親で(正直に申し上げてまったく同情心は湧かないんですが)最も哀しいのは、自分が幼い頃に虐待を受けた人間が、親になってから自分の子に虐待を繰り返すケースです。

 

子どもをどう育てるかはそれぞれの性質や環境によって様々です。

育児はどうすれば正解、という答えはなく、どこまでやればいいかも人によって違い、比べられるものではありません。

ですから、一つのテーマとしてですが、「自分が親からしてもらった以上のこと」が子どもに対してできれば、それでいいのかもしれないと考えています。

 

虐待を受けた人間が、虐待の連鎖を自分の代で断ち切れれば、それだけで素晴らしい価値のあることだと思います。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

義務教育をちゃんと考える

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

前回、小学校についてちょびっとだけ語りました。

かつては子どもの教育は一部の専門家の領域でしたが、現代では誰もが「教育問題」について自分なりの考えを持ち、語ります。

特に小中学校、義務教育に関しては本当に様々な方面から意見が百出しています。

 

そのほとんどすべてが、「このままではダメだ」という現場への批判です。

どうやら現状のままではいずれ義務教育は崩壊する(あるいはすでにしている)というのが、世の大半の見方であるようです。

 

確かにそうかもしれないと、私も思います。

でも、「じゃあどうすればいいのか」については、あまり耳にしないんですね。

いや、色々構想はあるみたいなんですよ。

でも、それらはどれも「実際には実現不可能」なものばかりです。

それは彼らが悪いわけではなく、学校のような恒久的なシステムを根本的に変革することは、一人の人間の力ではとても無理だし、長い時間をかけなければできないからです。

 

逆に言えば、時間をかけずにできるような「改革」には、必ず副作用があります。

現在もそこで生活する子どもたちがいる以上、そんな急激な革命はするべきではありません。

 

できるとすれば、新しい理念を掲げた私立学校を創設することくらいでしょう。

けど私学に子どもを通わせるのはどうしてもお金がかかりますし、そうやって富裕層だけが良質な教育を受けられるような格差が広がっていくことには、個人的には不満があります。

 

とりあえず、今、成長中である子どもたちに何がしてあげられるのか。

それは結局、個人的なことしかないと思います。

学校現場の方々にクレームをぶつけるより、親としてできることを探すほうが大切だし、その方が早い。

 

そもそも義務教育の役割とは何なのか、何のために学校に行くのか、親はそれを考える必要があります。

でも、実際にはほとんどの大人が特に考えずに「そうするのが当たり前だから」「世間が許さないから」と、子どもを学校に行かせています。

 

憲法26条をちゃんと読めばわかる通り、義務教育の「義務」は子どもに課せられたものではなく、保護者(と国)に対してのものです。

子どもには十分な教育を受ける権利があり、保護者はそれを受けさせる義務がある。

 

子どもが「学校に行きたくない」と言った場合、難しい問題ではありますが、親との間にきちんとしたコミュニケーションが成立しているなら、「学校に行かない」というのは選択肢としてありです。

もちろん、学校に行かない子どもにも十分な教育を受けさせる義務は残ります。

 

私の息子がちゃんと小学校に行けるかどうか、現段階ではよくわかりません。

多分普通に行くだろうと思うけど、もしかしたら「行きたくない」と言い出すかもしれない。

 

行かないのは構わないけど、そうなるとさらに親の仕事は増えます。

勉強なんか教えられないし、音楽や美術やその他いろいろな学習に関して、素人にはできないことが多すぎます。

そう考えると、問題が多くとも、やっぱり学校があることには感謝せざるを得ません。

 

そして何よりも、小中学生の年の子どもにとって、親以外の大人との接触は重要だと思うのです。

特に、見上げるように尊敬できる教師に出会える幸運に恵まれれば、その後の成長に多大な良い影響を及ぼします。

それは家にいるだけでは(核家族では特に)得られない体験です。

 

私がこのブログでしょっちゅう「自由」「自由」と口にするので、子どもが教師と非対称な関係性になることに否定的かと思われるかもしれませんが、そんなことはないのです。

子どもは尊敬できる大人が近くにいることで大きく成長できるのです。

その感情は大人になっても有益です。

それは教師や権威に対する盲目的な服従とはまったく異なるものです。

 

現代では子どもに「大人を尊敬させてあげる」ことができずにいます。

大人が情けないんでしょうね。

 

学校についてはまだまだ書きたいことがあるのですが、またの機会にしましょう。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

競争相手は蹴落とすものではなく、引き上げるもの

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家の息子も来年には小学生です。

これまでここでアレコレ書いてたように、息子はずっと家だけで過ごしており、幼稚園も保育所も行かず、友だちもいません。

この子が集団の中に入れられた時どんな反応を示すのか、不安半分楽しみ半分です。

 

わがまますぎるんじゃないかと心配した時期もありましたが、意外とよその人には礼儀正しかったりするのです。

私にはグーパンチを浴びせますが。

さて、子どもをどんな小学校に通わせるかは、親にとって悩ましい問題です。

どんな先生がいるのか、教育方針はどうなのか、周辺環境はどうなのか……など、考えればきりがない。

 

私も色々と検討してきましたが、はっきり言ってよくわかりません。

ネットで調べても、人に聞いても、小学校を評価する基準がほとんど「学力」ばかりだからです。

 

小学生の内からそんなに勉強ばかりしなくても……などと呑気に構えてる場合じゃないんだそうです。

きょうびの教育熱心な親御さんたちは、すでに小学校から大学受験までのルートを考えているのだそうです。

 

それを悪いことだとは思いません。

親心も理解できます。

 

でも、そういう「いい大学に入って、いい会社に就職して、いい配偶者を見つけて、いい家庭を築く」のが人生の目標という時代はもう終わりでいいんじゃないでしょうか。

もちろん、そういう人生は結構ですし、心から幸せな人もいらっしゃるでしょう。

しかしそれと人間的な完成度とは何の関係もありません。

 

今の社会では「同年代の競争相手」に勝ちさえすれば「成功者」になれるというルールが一般的になっています。

みんなが少しでも社会的な上昇を望んで競争を繰り返しています。

そのために子どもを幼いうちから塾や習い事に通わせるのです。

 

勉強なんて無意味、とは思いません。

勉強は大事です。

でも、それは「同年代集団での競争に勝つ」ためではなく、人間的に成長するために必要なのです。

 

きれいごとを言ってるように思われるでしょうが、その「きれいごと」を忘れてはならないのです。

そして本当は心の底では、誰もが「きれいごと」で生きるべきだと思っているのではないでしょうか。

教育に熱心な親御さんたちは、我が子の将来を真剣に考えている点、素晴らしいと思います。

でも、何が起こるかわからない世の中で、本当に我が子の将来を考えるならば、同年代集団での競争に勝つという局地的にしか使えない能力よりも、自ら必要なことを学習し、応用し、どんな状況でも愉快に生きることのできる人間力こそ重視するべきではないでしょうか。

 

息子が幼いうちから大量の絵本を読み続ける私は、他人から見れば早教育に躍起になっているように思われるでしょう。

しかし、私が息子に望むものは「競争相手を蹴落とす」能力ではなく、「競争相手を引き上げる」能力なのです。

それによって互いが、一人では到達できなかったステージへ上昇することができるからです。

それは真に自由な精神で主体的に学ぶ人間でなければできないことです。

 

小学校選びはもちろん大切です。

けれども、本当に大切な親の仕事は「どんな小学校に通わせるか」を選ぶことではなく、「どんな小学校に行っても大丈夫」な子どもを育てることではないでしょうか。

 

小学校に関しては色々と思うところもあるのですが、それはまた今度。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

子どもの弱視治療経過・2

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

長い連休も終わりましたね。

当店も昨日から通常営業しています。

 

何だかまだぼーっとしてます。

知らない間に年号変わってますね。

 

10連休とは言い条、私の休みは実質2日でして(残りは妻の休み)、いつも以上に息子と遊ぶ毎日でした。

リニューアルされてる大阪市立科学館とか、光滝寺キャンプ場とか、あとは公園ばっかり、全部日帰りで色々行ってました。

外に行かないと妻が休めないので。

 

で、休み明けに息子の定期検診で眼科に行きました。

 

≫子どもの弱視治療経過

 

相変わらず息子はあまりまともに視力検査をやらないんですが、それでも今回は遠距離で視力が0.5程度出ました。

そして、度数を上げた眼鏡でなら、1.0まで見えているようだと言われ、ともかくほっとしました。

 

弱視の問題は眼鏡などで矯正しても正常視力が出ないことです。

「眼鏡で1.0」が出れば治療は成功と言われています。

 

眼鏡をかけ始めて4か月弱で一応結果が出たということになります。

眼鏡で視力が出さえすれば、将来的にはコンタクトでもレーシック手術でも視力矯正は可能です(ちなみに私も妻もレーシックを受けています)。

 

妻はまだ不安が残ってるようですが、とりあえず少しは安心したと思います。

目のことで息子とのバトルが減ればありがたいです。

近くで物を見るなとか、姿勢が悪いとか、言われるたびに息子もイライラしてますので。

 

今使ってる眼鏡の度数を上げるかどうかですが、別に本人に不自由がないようなのでこのままで生活することにしました。

小学校に上がったら変えるかもしれません。

 

さて、連休中の読み聞かせですが、大して数は読んでません。

最近は質を重視して読んでるつもりです。

質というのは絵本の内容ではなく、私の朗読能力の質です。

もっとリズミカルに、心から楽しそうに読んだほうがいいと思うんですが、なかなか難しいもんです。

 

ここ最近の息子のお気に入りはレイモンド・ブリッグズさんの「サンタのたのしいなつやすみ」。

フランス料理に興味を持っているようで(作中に色々な料理が出てくるんです)、今度はフレンチに連れて行こうかと思ってます。

どうせ食べないだろうけど。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

子どもの行動は大人の(無意識の領域の)鏡ということ

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

新しい生活が始まる4月。

真新しいランドセルの新一年生が道を歩くのを見ながら、来年はうちの息子も小学生か……と思うと同時に、「ほんとにこのままで大丈夫なのかな」と考えてしまいます。

実は最近、以前にもまして手を焼いているのです。

そういう時期なのか性格なのか、息子はちょっとしたことでカッとなることが多くなりました。

「ちょっとしたこと」というのは本当にちょっとしたことで、例えばご飯のおかずが気に入らないとか、作っていたピタゴラ装置がうまく作動しなかったとか、そんなレベルの話です。

 

さらに、カッとなると手が出るようになりました。

グーパンチ、噛みつく、引っ掻く。

ま、これくらいはしたいようにさせておくのですが、一番恐ろしい技はこっちが寝ているところへのジャンピングニードロップ。

当たり所が悪ければシャレにならないダメージを受けます。

 

どうしてこんなに乱暴になったのかはわかりません。

あるいは、自然な成長かもしれません。

ただ、一般的には子どもはそういう時期を迎えたとしても、周囲の同じ年ごろの子どもたちとの喧嘩やふざけ合いの中で、手加減というものを覚えていくのでしょう。

親以外の大人から叱られる経験を通して、ある種の世渡りを学んでいくのでしょう。

 

しかし、何度も書いている通り、息子は保育園にも幼稚園にも通わず、他の子どもと遊ぶ機会もありません。

兄弟さえいません。

そして我が家の方針として、極力叱らない・何事も強制しない育て方をしてきました。

 

今の息子の我の強さ、罪悪感の無さ、抑制されることへの拒否感の強さは、むしろ当然なのかもしれません。

 

もちろん私としてはこのままで良しとは思っていません。

私が体力と精神力を削りつつ目指しているのは、息子の円満な人格形成です。

 

脅したり、痛めつけたり、押さえつけたり、エサで釣ったりといった、現在当たり前のように行われている「教育」に依らずして、「自由な精神を持つ人間」の成長を助けるのが、私の願いです。

 

とは言うものの、いつまでたっても情緒の未熟な息子を相手にしていると、自信がなくなってきます。

実はとんでもない間違った道を選んでしまったのではないかと不安になります。

 

ずっと続けてきた大量の絵本の読み聞かせによって、息子の言語能力は非常に発達してはいます。

「老廃物」とかを初見で読めるくらいの国語力はあります。

これだけ言葉がわかるなら、諄々と理を説けば納得させられるだろうと思うんですが、そうはなりません。

息子が感情を爆発させている時は、どれだけ言葉を尽くしたところで効果がありません。

 

色んな絵本や児童書を読んではいても、感動する話などには無頓着だし、道徳心が芽生える気配もありません。

とにかく今の息子には「楽しいかつまらないか」以外の基準がないように見えます。

 

妻などはとっくに忍耐の限界に達し、すぐに怒ってしまうようになっています。

私も、やはり叱るところは叱らないと駄目なのかな、と悩んだりしていました。

 

そんな時は色々な本を読みます(なるべくスケールの大きい内容のを)。

また、このブログで自分が書いたものを読み返したりします。

偉そうなこと書いてるな、と今の自分が恥ずかしくなったりします。

 

そうやって気持ちをリセットします。

そして最近の自分を振り返ってみれば、無自覚のうちに、余裕がなくなっていたことに思い至ります。

結局のところ、私は息子をコントロールできないことに苛立っていたのです。

思い通りに動いてくれないことに不満を抱いていたのです。

そんな風にコントロールされない人間を育てようとしていながら、です。

 

子どもの教育において最も大切なのは個人の成長を「信じて待つ」ことです。

未来の時代の人間への畏敬の念を持って子どもに接することです。

 

まだ息子は5歳なのです。

他の5歳は……と比べてしまっても、そんなことに意味はありません。

控えめに言っても一般的でない育て方をしている息子が、一般的な5歳と同じになるわけがないのです。

そして本来、人間はそれくらいひとりひとり違うものなのです。

 

私が息子に色々と諭す時、実のところそこには息子をどうにか思い通りに動かしたい、コントロールしたい、世間一般の枠に収まって欲しいという念が入り込んでいたように思います。

あるいは息子は、その念を察知して反発していたのかもしれません(子どもは自分の人生をコントロールしようとする大人に対して極めて敏感です)。

 

そして先日、息子がカッとなった時に、私が本当に心から「息子をどうにかしたい」などと思わずにごく自然に声をかけると、スッと息子が平静に戻ったのです。

 

たまたまかもしれませんけどね。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com