1年生になれなかった話

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴って緊急事態宣言が発令されることになり、私の住む大阪市でも休校延長が決まりました。

昨日は息子の小学校入学式予定だったんですが、延期になりました。

かなりギリギリの発表だったので、知らずに学校行った人もいたみたいです。

 

うちはもう4月になった時点の様子を見て入学式は欠席することに決めてたので同じことなんですけど、教科書配布とか今後の予定とかどうなるんでしょうか。

いまだに発表がありません……。

これについては学校側も大変な混乱状態でしょうから気の毒ですけど、遅いですよね、色々と。

だって1〜2月ごろから対策の猶予はあったんですから、一応最悪を想定しておくべきだったと思うんですが。

私でも入学式までに自体が収束しないことは予想できたのに。

 

さて、これからどうしますかね。

妻は「やっと昼の間だけでも自分の時間ができると思ったのに……」と落胆してますが、仕方ありません。

休校はとりあえずGW明けくらいまでのようですけど、どうでしょう。

言いたかないけど、それも無根拠な気がします。

むしろその頃がピークじゃないかな。

 

下手すると半年〜1年くらい学校行けないかもしれません。

そうすると自宅学習の準備を進めて行かなければなりません。

 

そのあたりはやっぱり海外の対応は迅速で、ロックダウン下のNYでは1週間でオンライン授業の体制が整えられたようです。

日本では……まあ、無理でしょうな。

やってくれるのかしら。

 

別に小1の授業が遅れたからってどうってことないですけど、私としてはそろそろ息子に友だちも欲しいし、集団生活を経験させるとか、親以外の大人と接触させるとか、そういう面で小学校の意味を考えてたんですが。

息子のいわゆる「学力」については、あまり気にしてないしここでもさほど触れてきませんでしたが、毎日絵本や児童書、図鑑に囲まれて生活する中で、自然と言葉や科学知識を身に付けています。

「お勉強」をさせたことは一度もありません。

全部遊びの中でやってきました。

 

だから学校授業のプログラムとは合致していません。

例えば読み書きレベルに関しては、小学校高学年でも習わないような漢字も読める(調べて書くこともします)一方、「書き順」は我流です。

科学知識は豊富で、簡単な足し算引き算は理解してますけど、九九は言えません。

 

私の考えとしては「暗記」に関することはもう少し成長してからの方がいいと思ってます。

丸暗記学習に意味がないとは思ってなくて、子どもの成長過程で丸暗記そのものを楽しめる時期があると考えています。

だから九九を2年生でやるのは割と適切なんじゃないかなと思います。

それまでは興味あることを自然に覚えてしまう以外に記憶力を酷使するべきではないと思います。

 

息子の時間感覚はいまだに目覚めてません。

今日ご飯何回食べた?」「何時に起きた?」と訊いても答えられません。

昨日のことでも、一昨日のことでも「さっき」で表現します。

 

しかし一方、こちらが驚くほどの記憶力を見せることもあります。

息子はアニメは見ないけど漫画は読みます。

大長編ドラえもんのび太の恐竜」という漫画は、私が子どもの頃買ったものを実家から持ってきた本なので、相当古い。

確か49刷くらい。

で、それが先日、とうとうバラバラに裂けてしまったので、古本屋で同じのを買って来たんです。

それが104刷くらい。

 

すると息子は開いて5分も読まないうちに「49刷と104刷での改訂箇所」を次々と指摘し出したんですね。

「早い」が「速い」になってるとか、平仮名が漢字になってるとか、文字が大きくなってるとか、ルビがふってあるとか。

捨てる予定だった49刷を持ってきて確認してみると、本当でした。

これにはちょっと鳥肌立ちました。

 

「今日ご飯何回食べたか」は覚えてられないけど、こういうのは実に細部にわたって覚えているんですね(覚えてるのか、ぱっと見た時の違和感でわかるのか)。

つくづく子どもは不思議です。

そして努々侮るべからず、です。

 

自宅学習の話でしたね。

まあ、小学校以上の学生たちは大変だと思います。

だからこそ「主体的に学ぶ」仕方を幼いうちから身に付けておくことが重要なのです。

特にこういう非常時には明暗を分けることになるかもしれません。

 

息子にとって問題なのは勉強よりも運動面です。

公園のような広い場所でも、子どもたちが集まって遊ぶのは危険かもしれません。

息子に思いっきり運動させたいのに。

息子と二人で鬼ごっこはこっちの体力が続かないので、これからは友だちと遊んで欲しかったんですが。

 

まだ当分は、楽させてもらえそうにありません。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

文化芸術の危機を「フレデリック」から考える

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

どうも、予感は悪い方向に当たるみたいです。

先月来、ちょくちょくコロナに関する心配を綴ってますが、事態は収束どころか悪化の一方を辿っています。

今日は志村けん氏の訃報が世間に衝撃を与えています。

 

うーん……本当に4月から学校再開するの?

誤解する人たちがいそうですけど、学校再開=コロナ収束ではまったくないですからね。

もちろん、いつまでも休校を続けていると様々な問題があるのはわかります。

でも、そもそもそれらのケアを含めての休校でないと意味がないんですよね。

 

私の息子はまだ就学前だし、最初からどこの幼稚園にも保育所にも行ってないので、「家で過ごす」のは常態です。

最近は百人一首を覚えて遊んでます。

でも、やっぱり何日も家から出ないで過ごすのは親子ともにストレスです。

お気に入りの科学館も博物館も軒並み休館なので、公園しか行くとこないんですけど、以前のようにのびのびと遊ばせる気持ちになれません。

なるべく人のいないところで一人遊びさせ、しょっちゅう手を洗わせ……疲れます。

 

それでも、本当は家から一歩も出ないべきなのかもしれません。

他国のコロナ対策を見ればわかる通り、本来「家にいてください」と要請する時は「生活は補償します」がセットであるのが常識です。

そうでないと、誰だって仕事を休めないでしょう。

親が仕事休めないと、小学校なんか休校できないでしょう、本来は。

 

ここで補償というのは現金支援のことですけど、その点で私が気になっているのは文化芸術に関わる人々が今、大変な状況になっていることです。

コンサートやイベント、落語などの舞台演芸、演劇などが次々と中止を余儀なくされています。

 

これについて文化庁長官が「文化芸術に関わる全ての皆様へ」というメッセージを発表しています。

読んでみると具体的な補償や支援についての内容はありません。

収入が絶たれてしまうアーティストやイベント関係者が、瀕死の危機に直面しているのに、です。

 

絵本屋のブログにしては変なことばかり書いていると思われるかもしれません(今さらかな)。

私だって、ここでこんなこと言いたくないです。

絵本と子どもの話だけしていたい。

 

でも、本当の意味で子どものことを考えれば、こうしたすべてのことに言及せざるを得ません。

 

今のところオンライン絵本屋という商売にとって、コロナは深刻な影響は及ぼしていません。

しかし、上記の文化芸術の軽視(としか思えません)は、けっして他人事だとは思えないのです。

 

この国の政治家の多くは文化芸術を「しょせんは娯楽」と見ているのです。

彼らの物差しは「金」だけです。

「金になる」文化は認めるけど、「金にならない」文化は消えても仕方がないと、本気でそういう発言をする人が何人もいます。

それを当たり前のように受け入れる人々も大勢います。

 

以前レオ・レオニさんの「フレデリック」を紹介した時にこの問題に触れました。

 

≫絵本の紹介「フレデリック」

 

皆と一緒に冬の食料を集めない詩人ねずみのフレデリックは、今の社会で言えば「生産性がない」メンバーです。

しかしコミュニティにおける「精神の荒廃」の危機は、フレデリックによって救われます。

 

「金」だけを物差しにすると、フレデリックは仲間に「食わせてもらっている」と映るかもしれません。

でも、本質はそうではない。

しかし、それに気づかないような人々が多数を占めつつあるのではないでしょうか。

 

何かしらの文化芸術が注目を浴びたとすると、たいていそこに「経済効果」という言葉が出てきて、「金の話」に切り替えられます。

あまりにそういう光景を見過ぎたせいで、私たちはそれを「変だ」とか「品がない」とか、感じなくなってきているのではないでしょうか。

 

今回、絵本というメディアは「たまたま」直接的被害が少なかったかもしれません。

でも、文化芸術を軽視する風潮がこのまま主流になれば、いつか必ずその矛先は絵本業界にも向けられます。

その時彼らが口にするセリフは想像がつきます。

しょせんは子どもの玩具である絵本に、金をかける価値があるのか」です。

その時、先人たちが懸命に残そうとした文化は破壊されるでしょう。

 

レオニさんが危惧した「フレデリックのいない社会」に、私は住みたくないし、子どもたちをそんな荒廃した世界に住ませたくありません。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

「絵本による育児」を振り返る

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

新型コロナの影響で休校していた学校も、ぼちぼち再開されるようですね。

でも、それは別に「もう心配ない」という意味では全然ないようです。

 

いったいこの休校にどんな効果があったのか、何をもって学校再開しても大丈夫となったのか、納得のいく説明は耳にしません。

むしろ「これ以上自粛ムードが拡がるとコロナより先に経済的な問題で死者が出る」ことの不安が大きくなったような気がします。

 

それはそうでしょうけど、だからといってウイルスの問題が消えたわけではないので。

うちの息子も4月から小学生ですけど、心配は尽きません。

というか、ウイルス以前の心配ごとも山積してるんですけど。

そもそも集団生活をまともに送れるのか。

息子の成長について、ここでちょいちょい綴らせてもらってますけど、就学を間近に控えた今、もう一度振り返ってみようと思います。

過去の繰り返しになる部分も多いですけど、最近ブログ読者が増えてきたみたいですし。

 

息子の誕生は、私にとって絵本というものに深く関わるきっかけでもありました。

あの時はまさか自分が絵本屋を開くことになるとは想像もしてませんでした。

 

人間を育てる。

自分自身が未熟な人間である私に、うまくそんなことができるのか。

息子が生まれる前、私と妻は色々と話し合った末に、絵本の力を借りることにしました。

それは絵本の読み聞かせによって健全で円満な英才児を育てた海外の例を参考にしたものです。

 

≫3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら

≫読み聞かせという英才教育

 

そして私の願いとして、「自由な精神を持つ子ども」を育てたいということがありました。

これは簡潔に説明することの難しいテーマですが、これまでの記事の中で、そして絵本紹介の中でも折に触れて考察してきました。

 

≫「自由な子ども」を育てるということ

≫倫理と想像力【自由な子どもを育てるということ・2】

≫子どもの自己中心性を守る【「自由な子ども」を育てるということ・3】

 

幼い頃から、それこそまだ言葉も理解できない0歳時からたくさんの絵本を読んであげることは、子どもの言語や情緒の発達に大きく影響します。

これは単に言葉や文字を早くに教え込むことや知識の詰め込みとは違います。

絵本を読んでもらうことは子どもの自然な欲求だからです。

 

我が家の読み聞かせルールは「いつでも、何冊でも、何度繰り返しても」です。

息子が望めば、望んだ分だけ、それに応えてやる。

もちろん100%できたわけではありませんけど。

 

その代わり、息子が望まない時は一切読みません。

途中でも息子が飽きたらやめます。

そして他の遊びも、可能な限り息子の望む形で付き合います。

 

子どもにとって絵本を読んでもらうことは愛情の確認でもあります。

どんな時でも「読んで」と言ったら読んでもらえること、近しい大人の体温と肉声を感じることは、自分が無条件に愛されているという肯定感を育むことでもあるのです。

 

ただ、こういう育て方にはいつもある指摘が付きまといます。

わがままになるんじゃないの?」という疑問です。

 

「わがまま」といっても色々あるし、すべてが悪というわけでもないと思いますが、日本は特に「わがまま」を嫌悪する傾向があるので、こういう心配はなかなか拭えません。

「自己中心性」を「主体性」にどう昇華させるかは難しい問題です。

 

実際、息子はわがままです。

一番難しいと感じているのは、「賞罰」に依らずに言うことを聞いてもらう方法です。

つまり「脅し」や「餌」といった交換条件をつけることは上記の「主体性」や「自由な精神」という理念から外れると思うので、私としては子どもの頃からできる限りその手は使いたくないのです。

 

しかし、そうなるとほとんど言うことは聞いてもらえません。

「嫌なものは嫌」で終わりです。

傍から見れば「なんで子どもにそんなわがままを許すの?」と思われるでしょう。

 

これについては本当に自分の力不足であり、別の方法もあったはずだと思うのですが、結果として息子の規則正しい生活という面では完全に失敗しました。

夜に寝ない息子には本当に苦労しましたし、今はかなり改善されましたけど、まだ苦労は続いています。

 

一度カッとなると一切理屈が通じないモードになる息子は、自分が遊んでもらいたい時に私が出かけようとすると怒ってしがみついてきたりします。

つい先日も用事があって出かけようとする私に「ダメ! 一緒にピタゴラ装置作るの!」とパンチを浴びせてきました。

「帰ってから」「あとで」は通じません。

正直「またこのパターンか」と思ったんですけど、すぐに息子は気分を切り替えたらしく、「ぼくが一人でやるから、帰ってきたら見てね」「心配しないで行ってきて」と言い出したんですね。

切り替えすぎというか、ほとんど豹変。

息子の中で何が起こっているのかはわかんないけど、とにかく成長しています。

子育ては「信じて待つ」態度が肝要です。

言語能力的には色々あるんですけど、最近「なんかすごいな」と感じているのは、「誤植を見つける能力」です。

以前から科学館の展示物の解説文の脱字や意味のない重複などを指摘してきた息子ですけど、図鑑なんかでも「こんなとこ読んでんの?」と驚くような部分で誤植を発見します。

 

宇宙関係の本ですが、「索引」で「あ」の項目に「か」で始まる用語が入っていることを指摘したり、「アインシュタインリング」という言葉が「アイインシュタインリング」(イが多い。志村けんか)になってることを見つけたり。

「どーでもいいわ、そんなん」とも思いますけど、読んでないようで読んでるんですねえ。

 

小学校の勉強とは関係ないけど、別に勉強ができようができなかろうが私としてはまったく気にしません。

小学校は楽しく遊べる場所ならそれでいいと思っています。

息子の人間的能力の開花を信じて待つだけです。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:https://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

ウイルス問題と臨時休校について

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

昨日、総理大臣から新型コロナウイルス感染症拡大予防と称して全国の小中学校・高校に臨時休校の「要請」があり、私の住む大阪市の教育委員会はこれを受けてすべての市立小中学校と幼稚園を臨時休校・休業とすることを決めました。

 

イキナリですね。

現場はパニックでしょう。

 

つい先日の22日のブログ記事で、「休校になってもおかしくない」と書いたら、ほんとに休校しちゃった。

≫「入学準備とウイルス問題」

でも、私が言いたかったのは「個人の判断で子どもを休ませてもいいんじゃないですか」ということであって、「休校にすべき」ということではありません。

ていうか、共働きの親やひとり親のケアはどうなってんでしょうね。

 

こういう非常時には特別な権限を発動して、すべての人が集まる施設を閉鎖して、感染者を隔離して……というやり方は効果的ではあるかもしれません(もう遅いけど)。

けれど、それは個人の精神の自由という観点からは肯定できません。

 

もう何度もこのブログで綴りつつ、日々考えていることですが、私は「精神の自由」を大切に思っています。

それは「無法状態」とは違います。

「精神」には「自由」が必要ですが、「法」に「自由」は馴染みません(ちなみに「法」に必要なのは「平等」です)。

 

例えば今回のような場合、個人の自由な判断において学校を休むことにはなんの問題もないと思います。

ただ、前述した共働き家庭やひとり親家庭、その他さまざまな事情によってその「自由な判断」が困難である人々がいます。

「行政」「法」の力はそこにこそ働くべきなのです。

「平等」という概念はそういうものだと思います。

 

「休むことを決められる」ことも、「行動を制限される」ことも、そもそも「健康に留意するように」と指導されることすら、私は不快です。

本当はね。

 

学校(仕事も)を休みたい人がいつでも休めるよう、休むことによって発生する不平等を少しでも失くすのが行政の役目です。

本来そのために私たちは安くない税金を納めているはずじゃないですか。

「これからどうするか」を決めて欲しいんじゃない(決めて欲しいと思っている人たちがたくさんいることは理解します)。

 

しかし、これでいよいよ入学式も怪しくなってきましたね。

ま、簡易にはやるでしょうけど。

うちは参加しないかもしれません。

 

それは全然構わないけど、早くこの嫌な空気が晴れて欲しい。

そしてなんの心配もなく静かに絵本を読む幸せを味わいたいものです。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

入学準備とウイルス問題

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

4月から息子が小学生ということで、準備に追われる毎日です。

初めての小学校というか、初めての集団生活。

幼稚園も保育所も行ってないし、同年代の子がいる近所づきあいもないので、情報収集に難儀してます。

 

用意するものリストを眺めながら、「これって学校指定のモノじゃなくて100均でも十分だよな」と思いつつ、なんか心配になってしまったり、体操服のサイズをどの程度大きめにしておくかで悩んだり、数学セット(おもちゃでしょ、どう見ても)の超小さい名前書きに憤慨したり。

米粒に字を書く人か。

 

そんな折、世間では新型コロナウイルス感染症の脅威が懸念されています。

水際対策には失敗したみたいなので、どう考えても入学式の頃までに事態は収束しないでしょう。

大丈夫じゃないような気がするんですけど。

新型コロナは検査自体にハードルが存在するので、発症してるかどうかなかなかわからないところが怖いですよね。

つまり、現在発表されてる感染者数は実際より相当少ないと見た方が良さそうです。

 

子どもがいる家庭では特に色々と調べてらっしゃるでしょうけど、調べれば調べるほど怖い。

ウイルスそのものも怖いけど、対策の杜撰さがなお怖い。

 

でね、まだ自分の子を小学校に通わせた経験がないのにこういう話は控えようと思ってたんですけど……。

学校休ませてもいいんじゃないでしょうか。

 

だってどう考えても学校は集団感染の場でしょう。

本来なら休校になってもおかしくない状況なんですけど。

 

「休校が必要なら『お上』が判断してそうなっているはずだ。だから心配いらない」という考え方もあるでしょう。

でも昔話的・物語的に言えば、危機的状況において「決断」を他者に委ねた者はぎりぎりのところで必ず生き残れません。

 

もちろん、素人判断は危険ということも言えます。

プロの判断を仰ぐことは大切です。

しかし、情報が錯綜する中、最終的な判断を下すのは個人の自由です。

 

というか、学校や保護者に向けられた文部科学省のメッセージも、要約すれば「それぞれが適切に行動して注意してね」というだけのものです。

だったら、子どもを休ませたって問題ないでしょう。

 

もともと私は現在の学校に通わせること自体を絶対視してません。

楽しく通えればいいし、嫌なら行かなきゃいいと思ってます。

その分、親の負担は増えますけど、だってその程度の制度なんだから仕方ない。

 

もちろん、心配したほどのこともなく、被害も拡大しないかもしれない(そうなってくれれば本当に嬉しい)。

子どもを休ませた後にそうなったとしたら、「じゃ、もう大丈夫みたいだからまた学校行くか」でいいんじゃないでしょうか。

別に取り返しのつかないことをしたわけではない。

逆のパターンの方が取り返しがつかないです。

 

これは今回のことだけの話じゃなくて、みんな何か行動する時に周囲が動き出すのを待ちすぎなんです。

「最初の一人」が手を挙げるまでは、手を挙げたくても自制し、みんなが手を挙げたら挙げたくなくてもそれに追随する。

この典型的な日本人しぐさ、本当に不自由だと思います。

 

「不安を煽る」ことが犯罪のように言われますけど、私はむしろもっと気楽に楽観的に考えているのです。

深刻・沈痛な思いで学校を休ませるんじゃなく、楽観的に「じゃ、今はなるべく外出しないで、家で出来る遊びをしようか」でいいんじゃないかな、と言ってるのです。

 

今のところ様子を見ているわけですが、ことによれば息子は入学式から欠席するかもしれません。

それすらも「まあ、いいんじゃないの」と思ってます。

小学校の最初の1、2か月出遅れたところで問題ないでしょう。

どうせ集団生活経験のない息子ですから、最初っから出遅れていることに変わりないし。

 

別に息子も小学校を心待ちにしているわけでもありません。

むしろ学校生活に備えて「ご飯をこぼさずに食べて」「早く食べて」「鼻をかんで」「ちゃんと決まった時間に寝起きして」と言われ始めたのを煩わしく思ってるでしょう。

 

もちろん、最初から参加できたほうがいいとは思います。

妻は「一刻も早く学校に行って欲しい」(そして一人の時間を増やしたい)と願ってますし。

そのためにも、早くこの状況が収束に向かうことを願います。

みなさんもどうぞお気を付けください。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com