競争相手は蹴落とすものではなく、引き上げるもの

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家の息子も来年には小学生です。

これまでここでアレコレ書いてたように、息子はずっと家だけで過ごしており、幼稚園も保育所も行かず、友だちもいません。

この子が集団の中に入れられた時どんな反応を示すのか、不安半分楽しみ半分です。

 

わがまますぎるんじゃないかと心配した時期もありましたが、意外とよその人には礼儀正しかったりするのです。

私にはグーパンチを浴びせますが。

さて、子どもをどんな小学校に通わせるかは、親にとって悩ましい問題です。

どんな先生がいるのか、教育方針はどうなのか、周辺環境はどうなのか……など、考えればきりがない。

 

私も色々と検討してきましたが、はっきり言ってよくわかりません。

ネットで調べても、人に聞いても、小学校を評価する基準がほとんど「学力」ばかりだからです。

 

小学生の内からそんなに勉強ばかりしなくても……などと呑気に構えてる場合じゃないんだそうです。

きょうびの教育熱心な親御さんたちは、すでに小学校から大学受験までのルートを考えているのだそうです。

 

それを悪いことだとは思いません。

親心も理解できます。

 

でも、そういう「いい大学に入って、いい会社に就職して、いい配偶者を見つけて、いい家庭を築く」のが人生の目標という時代はもう終わりでいいんじゃないでしょうか。

もちろん、そういう人生は結構ですし、心から幸せな人もいらっしゃるでしょう。

しかしそれと人間的な完成度とは何の関係もありません。

 

今の社会では「同年代の競争相手」に勝ちさえすれば「成功者」になれるというルールが一般的になっています。

みんなが少しでも社会的な上昇を望んで競争を繰り返しています。

そのために子どもを幼いうちから塾や習い事に通わせるのです。

 

勉強なんて無意味、とは思いません。

勉強は大事です。

でも、それは「同年代集団での競争に勝つ」ためではなく、人間的に成長するために必要なのです。

 

きれいごとを言ってるように思われるでしょうが、その「きれいごと」を忘れてはならないのです。

そして本当は心の底では、誰もが「きれいごと」で生きるべきだと思っているのではないでしょうか。

教育に熱心な親御さんたちは、我が子の将来を真剣に考えている点、素晴らしいと思います。

でも、何が起こるかわからない世の中で、本当に我が子の将来を考えるならば、同年代集団での競争に勝つという局地的にしか使えない能力よりも、自ら必要なことを学習し、応用し、どんな状況でも愉快に生きることのできる人間力こそ重視するべきではないでしょうか。

 

息子が幼いうちから大量の絵本を読み続ける私は、他人から見れば早教育に躍起になっているように思われるでしょう。

しかし、私が息子に望むものは「競争相手を蹴落とす」能力ではなく、「競争相手を引き上げる」能力なのです。

それによって互いが、一人では到達できなかったステージへ上昇することができるからです。

それは真に自由な精神で主体的に学ぶ人間でなければできないことです。

 

小学校選びはもちろん大切です。

けれども、本当に大切な親の仕事は「どんな小学校に通わせるか」を選ぶことではなく、「どんな小学校に行っても大丈夫」な子どもを育てることではないでしょうか。

 

小学校に関しては色々と思うところもあるのですが、それはまた今度。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

子どもの弱視治療経過・2

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

長い連休も終わりましたね。

当店も昨日から通常営業しています。

 

何だかまだぼーっとしてます。

知らない間に年号変わってますね。

 

10連休とは言い条、私の休みは実質2日でして(残りは妻の休み)、いつも以上に息子と遊ぶ毎日でした。

リニューアルされてる大阪市立科学館とか、光滝寺キャンプ場とか、あとは公園ばっかり、全部日帰りで色々行ってました。

外に行かないと妻が休めないので。

 

で、休み明けに息子の定期検診で眼科に行きました。

 

≫子どもの弱視治療経過

 

相変わらず息子はあまりまともに視力検査をやらないんですが、それでも今回は遠距離で視力が0.5程度出ました。

そして、度数を上げた眼鏡でなら、1.0まで見えているようだと言われ、ともかくほっとしました。

 

弱視の問題は眼鏡などで矯正しても正常視力が出ないことです。

「眼鏡で1.0」が出れば治療は成功と言われています。

 

眼鏡をかけ始めて4か月弱で一応結果が出たということになります。

眼鏡で視力が出さえすれば、将来的にはコンタクトでもレーシック手術でも視力矯正は可能です(ちなみに私も妻もレーシックを受けています)。

 

妻はまだ不安が残ってるようですが、とりあえず少しは安心したと思います。

目のことで息子とのバトルが減ればありがたいです。

近くで物を見るなとか、姿勢が悪いとか、言われるたびに息子もイライラしてますので。

 

今使ってる眼鏡の度数を上げるかどうかですが、別に本人に不自由がないようなのでこのままで生活することにしました。

小学校に上がったら変えるかもしれません。

 

さて、連休中の読み聞かせですが、大して数は読んでません。

最近は質を重視して読んでるつもりです。

質というのは絵本の内容ではなく、私の朗読能力の質です。

もっとリズミカルに、心から楽しそうに読んだほうがいいと思うんですが、なかなか難しいもんです。

 

ここ最近の息子のお気に入りはレイモンド・ブリッグズさんの「サンタのたのしいなつやすみ」。

フランス料理に興味を持っているようで(作中に色々な料理が出てくるんです)、今度はフレンチに連れて行こうかと思ってます。

どうせ食べないだろうけど。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

子どもの行動は大人の(無意識の領域の)鏡ということ

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

新しい生活が始まる4月。

真新しいランドセルの新一年生が道を歩くのを見ながら、来年はうちの息子も小学生か……と思うと同時に、「ほんとにこのままで大丈夫なのかな」と考えてしまいます。

実は最近、以前にもまして手を焼いているのです。

そういう時期なのか性格なのか、息子はちょっとしたことでカッとなることが多くなりました。

「ちょっとしたこと」というのは本当にちょっとしたことで、例えばご飯のおかずが気に入らないとか、作っていたピタゴラ装置がうまく作動しなかったとか、そんなレベルの話です。

 

さらに、カッとなると手が出るようになりました。

グーパンチ、噛みつく、引っ掻く。

ま、これくらいはしたいようにさせておくのですが、一番恐ろしい技はこっちが寝ているところへのジャンピングニードロップ。

当たり所が悪ければシャレにならないダメージを受けます。

 

どうしてこんなに乱暴になったのかはわかりません。

あるいは、自然な成長かもしれません。

ただ、一般的には子どもはそういう時期を迎えたとしても、周囲の同じ年ごろの子どもたちとの喧嘩やふざけ合いの中で、手加減というものを覚えていくのでしょう。

親以外の大人から叱られる経験を通して、ある種の世渡りを学んでいくのでしょう。

 

しかし、何度も書いている通り、息子は保育園にも幼稚園にも通わず、他の子どもと遊ぶ機会もありません。

兄弟さえいません。

そして我が家の方針として、極力叱らない・何事も強制しない育て方をしてきました。

 

今の息子の我の強さ、罪悪感の無さ、抑制されることへの拒否感の強さは、むしろ当然なのかもしれません。

 

もちろん私としてはこのままで良しとは思っていません。

私が体力と精神力を削りつつ目指しているのは、息子の円満な人格形成です。

 

脅したり、痛めつけたり、押さえつけたり、エサで釣ったりといった、現在当たり前のように行われている「教育」に依らずして、「自由な精神を持つ人間」の成長を助けるのが、私の願いです。

 

とは言うものの、いつまでたっても情緒の未熟な息子を相手にしていると、自信がなくなってきます。

実はとんでもない間違った道を選んでしまったのではないかと不安になります。

 

ずっと続けてきた大量の絵本の読み聞かせによって、息子の言語能力は非常に発達してはいます。

「老廃物」とかを初見で読めるくらいの国語力はあります。

これだけ言葉がわかるなら、諄々と理を説けば納得させられるだろうと思うんですが、そうはなりません。

息子が感情を爆発させている時は、どれだけ言葉を尽くしたところで効果がありません。

 

色んな絵本や児童書を読んではいても、感動する話などには無頓着だし、道徳心が芽生える気配もありません。

とにかく今の息子には「楽しいかつまらないか」以外の基準がないように見えます。

 

妻などはとっくに忍耐の限界に達し、すぐに怒ってしまうようになっています。

私も、やはり叱るところは叱らないと駄目なのかな、と悩んだりしていました。

 

そんな時は色々な本を読みます(なるべくスケールの大きい内容のを)。

また、このブログで自分が書いたものを読み返したりします。

偉そうなこと書いてるな、と今の自分が恥ずかしくなったりします。

 

そうやって気持ちをリセットします。

そして最近の自分を振り返ってみれば、無自覚のうちに、余裕がなくなっていたことに思い至ります。

結局のところ、私は息子をコントロールできないことに苛立っていたのです。

思い通りに動いてくれないことに不満を抱いていたのです。

そんな風にコントロールされない人間を育てようとしていながら、です。

 

子どもの教育において最も大切なのは個人の成長を「信じて待つ」ことです。

未来の時代の人間への畏敬の念を持って子どもに接することです。

 

まだ息子は5歳なのです。

他の5歳は……と比べてしまっても、そんなことに意味はありません。

控えめに言っても一般的でない育て方をしている息子が、一般的な5歳と同じになるわけがないのです。

そして本来、人間はそれくらいひとりひとり違うものなのです。

 

私が息子に色々と諭す時、実のところそこには息子をどうにか思い通りに動かしたい、コントロールしたい、世間一般の枠に収まって欲しいという念が入り込んでいたように思います。

あるいは息子は、その念を察知して反発していたのかもしれません(子どもは自分の人生をコントロールしようとする大人に対して極めて敏感です)。

 

そして先日、息子がカッとなった時に、私が本当に心から「息子をどうにかしたい」などと思わずにごく自然に声をかけると、スッと息子が平静に戻ったのです。

 

たまたまかもしれませんけどね。

 

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

子どもの弱視治療経過

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

息子が近視による弱視と診断され、治療用眼鏡をかけ始めたのが去年の暮。

 

≫子どもの弱視について

 

それから、月に一度眼科で経過を調べてもらっています。

治療には数年かかることもあり、長い目で見る必要がありますが、眼鏡をかけ始めてひと月で、息子は近くのものは1.0の視力で見ることができるようになりました。

「近くのものは」というのは、弱視とはそもそも屈折異常によりピントが合わせられない病気のため、息子は近視と言っても近くのものですらピントが合ってなかったのです。

 

それがひと月で1.0まで視力が出たわけですから、まあまあ良かったと思えます。

ただし、視力が出るのは近くだけで、数メートル離れるともうちゃんと見えていないようなのです。

 

妻はこれを心配しまして、どうにか息子に「遠くのものをじっと見る」練習をさせようと頑張っています。

しかし、息子はほんのわずかな時間ですら、遠くのものを見続けることをしようとしないんですね。

すぐ目を逸らしてしまう。

 

練習しないと見えるようにならないよ! と妻は度々言い聞かせ、最後には怒ってしまうことの繰り返し。

でも息子本人はあっけらかんのカー。

 

「何かを強制される」ことに絶対に我慢できない息子ですから、妻が怒って練習させようとすればするほど逆効果なのかもしれません。

まあ、まだまだ始めたばかりだから、根気よく構えるつもりです。

 

息子は今5歳で、あと一年とちょっとで小学校です。

実は入学前の一年間だけでも保育園に入れて他の子どもたちと生活させてみようか……と考えて、見学もしたんですが、その直後に弱視のことがわかって、やっぱりやめにしました。

 

もちろん保育所には眼鏡をかけた子どももいますし、保育士さんもちゃんと理解してくれています。

でも、どうしても預けないといけないわけではない以上、やっぱり家で見てたほうがいいだろうという結論に達しました。

 

「幼稚園や保育所に行ってないから、他の子と同じように遊ばないのかな」という推測が、根本的に間違っていた可能性が高くなりましたし。

たまたまかもしれませんけど、眼鏡をかけるようになってから、急に知らない大人を相手によく喋るようになった気もします。

やっぱり相手の顔も見えてない状態では喋りづらかったのでしょうか。

 

またぼちぼちと治療の経過については記事にしていこうと思っています。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

子どもの弱視について

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

夜は寝ないし、好き嫌いは多いし、およそ健康的な生活を営んでいるとはいえない我が息子ですが、これまで大きな病気もなく、元気なところだけは本当にありがたいと思っていました。

彼が生まれる前、「とにかく五体満足で、健康であれば何もいらない」という月並みな親の気持ちを痛いほどに実感したものですが、その願いが叶って、本当にこれまで健やかに成長してくれました。

 

ただひとつ、以前からずっと気になっていたのは視力の問題です。

 

絵本に埋もれるようにして暮らしている息子ですが、読むときにかなり顔を近づける癖がありまして、姿勢もよくありません。

また、たまにテレビを見る際にも、字幕などが流れると画面に近づこうとします。

妻が随分と気にして、またその癖を直そうとしてきたのですが、どうも遠くが見えていないようなのです。

 

3歳児検診の時に視力検査を行いましたが、本人がまともに検査をやろうとしないこともあり、正確な結果は出ませんでした。

先生は「まだ視力は発達途中だし、様子を見ましょう」。

 

それでずっと気を付けつつ様子を見ていたのですが、やっぱりおかしいと思い、去年の暮に眼科へ連れて行きました。

その結果、両目とも近視で、なおかつ弱視であると診断されたのです。

 

弱視とは、ピントを合わせる機能が未発達なために、眼鏡をかけても矯正視力が出ない状態です。

近視に限らず、遠視や斜視であったり、片目だけ弱視だったりのケースがあり、子どもの50人に一人の割合で発見されるといいます。

治療方法は、治療用の眼鏡をかけたまま生活すること。

今の状態では眼鏡をかけても0.1程度の視力しか出ませんが、ピントの合った状態に慣れさせることで、徐々に弱視を克服していくそうです。

とりあえずは「眼鏡で1.0」が出ることを目標に。

 

子どもの視力は8歳くらいまでは成長するので、早期発見すれば治る確率は高いそうです。

とは言うものの、やはりショックでした。

 

ことに妻の精神的打撃は物凄く大きかったです。

もともと不安感情が強く、常に心の負担と戦っている人です。

子どもを持ちたいと私が言った時、「こんな恐ろしい世の中で子どもを産むなんて、自分にはとても無理」だと言った人です。

 

どうしても息子のことは「自分(と私)のせいだ」と考えてしまう人です。

もちろん子どもに対する責任感は強い方がいいのですが、彼女の場合、自分を責めすぎる傾向があり、問題は彼女自身がそれに耐えられるだけ強くないことです。

 

眼科医さんが、5歳半での弱視の発見は決して遅いことはない、就学するまで気づかないケースも多いと言ってくれても、「どうしてもっと早く連れてこなかったのか」「3歳児検診の時に連れてくるべきだった」「ずっとサインは出てたのに」と自分(と私)を責めずにはいられません。

 

また、弱視や近視の原因というのははっきりと特定はされておらず、遺伝による影響が最も大きいようなのですが、「本を近くで読ませ過ぎたのかもしれない」と考えずにはいられないようです。

 

それに関しては私も考えてしまうところではあります。

私たちがやってきた育児のせいで息子の目が悪くなったのかどうかについては、現時点で結論を出せることではないものの、やはり思い返せば「あれもこれも」と思い当ってしまいます。

 

そして、今にして思えば、息子が公園に行っても他の子たちと活発に遊ぼうとせず、砂遊びばかりしていることや、あれほど好奇心が旺盛な割に動物園や水族館では思ったほど興味を示さなかったことなど、原因はそもそも「あまり見えていなかった」からなのでしょう。

また、人の多いところへ行くとよく他人を親と間違えたり、部屋の中で落としたものを見つけられなかったりしたのも、視力の問題だったのかもしれません。

そうとは知らずに、物を踏んだりするたびに叱っていたことを、妻は激しく後悔し、いたたまれない気持ちになっているようです。

 

この年末年始、私は息子と妻の両方が心配で、言い知れぬ苦しみを味わいました。

 

けれど、妻には「責任感がない」と言われそうですが、私は過去を悔やむのは苦手です。

これからやるべきことをできる限りやるしかありません。

 

弱視の治療で気を付けるべきは、「可哀そうだから」と眼鏡を外したりしないこと。

入浴や就寝時以外はとにかくずっと眼鏡で生活することで、早く慣れさせる必要があるのです。

 

また、子どもですから眼鏡の扱いが下手で、すぐにフレームを歪めたりしますが、ずり落ちた状態でかけていることも含め、「正しい位置で」かけていないと治療の意味はありません。

だから、眼鏡屋さんを選ぶ際はできるだけ近所の方がいいと思います。

 

私たちも悩んだ上で近所の眼鏡屋さんにしましたが、正解だったと思います。

すでに何回もフレームを直してもらいに行ってます(タダです)。

 

家では、妻は今まで以上に息子につきっきりで、常に眼鏡の位置を気にしています。

幸いなことに、息子は眼鏡自体は嫌がっていないようです(「のび太と同じ」が嬉しそうです)。

嫌にさせないのも親の役目だと思います。

私としては、眼鏡をかけることが「可哀そうなこと」「嫌なこと」「ダメなこと」という気配を絶対に出さないように気を付けています。

 

そんなわけで、5歳になってからもっと大変さが増した育児ですが、今こそ私がしっかりしないといけない時期だと思って自分を励ましております。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com