【絵本の紹介】「びゅんびゅんごまがまわったら」【327冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は自然豊かな田舎の小学校風景と昔ながらの遊びの描写がノスタルジーを刺激する傑作絵本を紹介します。

びゅんびゅんごまがまわったら」。

作:宮川ひろ

絵:林明子

出版社:童心社

発行日:1982年7月20日

 

挿絵はお馴染みの林明子さん。

初期のころの初々しい絵柄ですが、子どもたちの体の動きなどの的確さは流石です。

また、この作品では地面に映る木漏れ日の描写など、陰影が印象的です。

 

絵は当然のこととして物語、キャラクター、小道具、魅力を上げればきりがない作品ですが、まずは内容から入りましょうか。

舞台は「かえでしょうがっこう」。

二階建ての小学校に、広々とした校庭。

そして、通称「あそびば」と呼ばれている林。

 

そこには倒れた木の「いっぽんばし」があり、1年生の「こうすけ」は、そこで調子に乗って足を滑らせ、骨折してしまいます。

その事件来、遊び場には金網で遮られ、鍵をかけられてしまいます。

 

春になり、こうすけも2年生になりましたが、遊び場は依然封鎖状態です。

ここが大好きな生徒たちは残念でなりません。

責任を感じたこうすけは、新しい校長先生に直談判し、遊び場を開放してくれるよう懇願します。

が、この校長先生がなかなかの曲者。

せんせいは あまのじゃくだからね、たのまれると あけてやりたくなくなるのさ

と意地悪な返事をします。

 

そして机から取り出したびゅんびゅんごまをこうすけたちに分け、これを回せるようになったら頼みをきこうと言うのです。

さあ、こうすけたちは猛練習を始めます。

 

ところが、できたと思って校長室へ行くと、校長先生は2つ、3つと回すこまの数を次々増やしていきます。

その度にこうすけたちは練習を繰り返しますが、とうとう4年生の「くによ」はこまを投げて諦めてしまいます。

面白くない気分のくによは、おばあちゃんに教えてもらった柿の実で作った首飾りを、校長先生の机にそっと置いて行きます。

これは校長先生に対するちょっとした意地でやったのですが、校長先生は朝礼にその首飾りをかけて出てきたり、喜んでしまいます。

 

さて、こうすけたちはやっと3つ回せるようになりますが、校長先生は今度は4つ同時に回して見せます。

がっかりした「たかひろ」は、仲間をさそって竹馬の練習を始めます。

こまは諦めて、竹馬の名人になって、校長先生を驚かせてやろうというわけです。

それでもこうすけだけは4つのこまを回そうと頑張ります。

 

そして何日もたって、ついにこうすけは4つのこまを回すのに成功します。

生徒たちに囲まれて、校長先生は「ちょっとだけだぞ」と、遊び場の鍵を開けてくれます。

 

それから校長先生は職員会議でこのことを議題にし、再び遊び場は開放されることになりました。

すっかり校長先生と仲良くなったこうすけたちは今度は逆に校長先生に宿題を出します。

それは「さやぶえ」を吹けるようになること。

さてさて……。

 

★      ★      ★

 

校長先生の魅力的なこと。

今ではもうこんな先生はいないでしょうし、いたとしても様々な圧力によって潰されてしまいそうです。

 

昔はひとくちに教師と言っても、様々な人間がいたのでしょう。

今ではまるでコンビニの店員のようにマニュアルをこなすだけの教師しか生き残れない環境になってしまった気がします。

 

もっとも、型破りな教師を認めると、その一方で生徒に対し強権を振るうような有害な教師も出てきてしまうものかもしれません。

そのような教師は教育現場からはじき出されて当然ですが、同時に教師の「個」というものも破壊されてしまいました。

 

教育というのは難しい、人類の最大のテーマと言っても過言でないほどに難しいものです。

そこに携わる人間がどのように振る舞うべきかについての合意は、時代と共に変遷し、そしていつの時代も結論が出ません。

 

ある年齢の子どもたちにとって、親以外の大人との接触は非常に重要です。

かといって別にそれらの大人が完璧な人間である必要はないと思います。

 

教師と生徒の間にどのようなコミュニケーションが発生するのか。

問題はほとんどそれだけです。

そしてそれゆえに難題なのです。

 

しかし、この絵本には確かにその答えの一端があるように思えます。

 

この作品の学校のモデルになっているのは、群馬県高崎市立滝川小学校、東京都武蔵村山市立千川小学校の二校のようです。

ちゃんと現在も残っています。

この絵本のような穏やかでわくわくするような時間もまた、そこに残っていれば素敵だなと思います。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

校長先生のヘアスタイル奇抜度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「びゅんびゅんごまがまわったら

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「あおいめくろいめちゃいろのめ」【324冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

昨年逝去された日本絵本界の長老・加古里子(かこさとし)さん。

「だるまちゃん」シリーズ、「からすのパンやさん」シリーズ、そしてたくさんの科学絵本。

 

加古さんの一切の妥協のない仕事によって完成された絵本はどれも子どもの心を捉えて離さないクオリティであり、私自身も子どもの頃に加古さん絵本に親しんできた一人です。

 

ただ、そんな面白い加古さん絵本の中にたった一冊、子どもの私にとってトラウマとなった作品が存在するのです。

それが今回紹介する「あおいめくろいめちゃいろのめ」なのです。

作・絵:かこさとし

出版社:偕成社

発行日:1972年12月

 

誤解のないように先に言っておきますが、全然怖い話ではありません。

加古さんらしい「遊び歌」がふんだんに盛り込まれた楽しい内容で、加古さんにはちょっと珍しい切り絵によるキャラクターも、シンプルでありながら表情豊かです。

 

私のトラウマについては後述するとして、先にざっと読んでみましょう。

あおい めの めりーちゃん

くろい めの たろーちゃん

ちゃいろの めの ばぶちゃん

が集まってかくれんぼを始めます。

ところが、鬼になっためりーちゃんは二人を見つけられず、しまいに怖くなって泣き出してしまいます。

そこでかくれんぼはやめにして、どろんこ遊びを始めます。

 

しかし今度は土の中から出てきた虫を怖がって、たろーちゃんが泣いてしまいます。

で、今度はしゃぼんだま遊び。

これもやっぱり、液を飲んでしまったばぶちゃんが泣きだして中止。

 

誰も泣かない、怖がらない遊びを三人で協議した結果、最後は電車遊びになります。

ところがくぐって行こうとした草やぶの中にハチの巣があったから大変。

三人ともハチに追いかけられ、刺されてしまい、大泣き。

 

泣いて泣いて泣いて、とうとう三人とも「あかいめ」になってしまいましたとさ。

 

★      ★      ★

 

加古さんは各地の遊び歌の研究をライフワークにされており、彼の絵本の中には遊び歌がたくさん登場します。

この作品はそんな一種の遊び歌絵本とも言えます。

 

そして子ども同士の遊びにもちゃんと存在する民主主義のような話し合い、役割分担、誰かが泣いたらおしまいというルールが描かれています。

加古さんが時代を越えて残したいと願ったものがここにあるのです。

 

そう、素晴らしい絵本なのです……が、子どもの私には、「めりーちゃん」「たろーちゃん」「ばぶちゃん」の円形のぐるぐるした目がどうしても不気味だったんです。

ときどき目が寄ったり離れたりする様子も爬虫類っぽくて。

 

極めつけはラストの泣きはらした赤い目。

涙が血みたいで、何とも言えない不安を呼び起こすカットでした。

 

すいません、加古先生。

でも、そんな子どもならではの様々なイメージを心に残すのも絵本の楽しみの一つかもしれません。

実際、怖がりながら何度もこの絵本を開いた記憶があります。

 

「あとがき」で、加古さんがこの絵本を作るに至った経緯を語ってくれています。

子どもの頃には見もしなかった「あとがき」を、大人になってから初めて読むというのも、絵本ならではの感慨深さがあります。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

今読んでも怖い度:☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あおいめくろいめちゃいろのめ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「だるまちゃんとうさぎちゃん」【306冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

去年から今年にかけ、私の大好きな絵本作家さんが次々と亡くなられました。

トミー・ウンゲラーさん、ジョン・バーニンガムさん。

そして、日本絵本界の長老的存在だった加古里子さん。

 

今回は加古さんの代表作「だるまちゃん」シリーズ第三弾、冬のお話を紹介しましょう。

だるまちゃんとうさぎちゃん」です。

作・絵:加古里子

出版社:福音館書店

発行日:1977年4月1日(こどものとも傑作集)

 

かなり久々の登場ですかね。

前2作の記事も併せてどうぞ。

 

≫絵本の紹介「だるまちゃんとてんぐちゃん」

≫絵本の紹介「だるまちゃんとかみなりちゃん」

 

てんぐちゃん」「かみなりちゃん」と来て今回は「うさぎちゃん」……。

わりと普通。

 

このシリーズは日本の伝説上のキャラクターや民芸品なんかが毎回登場するんですが、このうさぎちゃんも、日本のノウサギがモデルだそうです。

他シリーズのゲスト勢が個性的すぎて、どうしてもインパクトは弱いですが。

 

今回はだるまちゃんの妹の「だるまこちゃん」も大いに活躍します。

兄妹はスキーを楽しみ、雪だるまを作ります。

 

雪だるまの目にしたりんごが転げて、「うさぎちゃんと うさぎこちゃん」にぶつかって止まります。

だるまちゃんたちは一緒になって色々な変わった雪だるまを作って遊びます。

雪うさぎの作り方や、手袋を使ったうさぎ人形。

家に入ればナプキンやりんごや食器までうさぎ型にして遊びます。

お土産は新聞紙でうさぎの帽子。

最後までうさぎ尽くし。

 

★      ★      ★

 

様々な伝統的な遊びを紹介する「だるまちゃん」シリーズ中でも、この作品は特に最初から最後まで遊びの図鑑みたいな構成です。

どれも家ですぐに試せるものばかりで、我が家でも息子が手袋のうさぎ人形を作ってました。

 

加古さんは歌や絵遊びなど、日本に伝わる古い遊びの研究をライフワークにしており、ここに描かれたのはそのほんの一部でしょう。

それにしたって「丹下左膳」とか、もう今の子どもには馴染みがないどころか、親だって知らない人も多いかもしれません。

「座頭市」のほうは映画なんかでまだ知名度がありますが。

 

この作品に出てくるような遊びも、もう子どもたちもやらないし、そもそも誰にも教えてもらえないかもしれません。

何もない時代に、知恵を働かせて生み出した遊びを、下の世代の子どもたちに伝え、残していく。

そんな時代はもう終わってしまったのでしょう。

 

精巧に作られたおもちゃよりも、ただの棒一本、石ころ一つの方が、想像力を制限されない分、子どもたちは長く遊べたりするものです。

しかしそれも、電子ゲーム機には敵わないのでしょうか。

 

面白いでしょうしね。

しかも時間もかかるし。

さらに、面倒見る大人にとっても楽と言えば楽。

怪我も心配ないし。

 

しかしそれでもやっぱり、手間暇をかけて「遊び」を創造する仕方を覚えることは、大人になってからでも必ず役に立つことだと思うのです。

加古さんが未来の子どもたちに残そうとしたものの大切さを、もう一度考えてみたいと思うのです。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

だるまちゃん博識度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「だるまちゃんとうさぎちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ゆきのひ」【202冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのはキーツさんの「ピーター」シリーズ第一作にあたる「ゆきのひ」です。

作・絵:エズラ・ジャック・キーツ

訳:木島始

出版社:偕成社

発行日:1969年12月

 

以前に紹介した「ピーターのくちぶえ」は、この絵本の続編です。

 

≫絵本の紹介「ピーターのくちぶえ」

 

絵本作りの技法的には「ピーターのくちぶえ」と同じ、コラージュと油彩の合成です。

この絵本が発表された時、シンプルでありながら、その鮮やかさ、美しさに多くの批評家たちが絶賛し、その年のコールデコット賞に選ばれました。

 

ですが、以前の記事でも書きましたが、私はキーツさんが真に優れている点は、子どもの「ありのまま」を捉える描写力だと思っています。

 

ストーリーは実に単純で、ピーターが様々な雪遊びを楽しむ、というもの。

一面に積もった雪を見るピーターの驚きや歓び、好奇心などが、短いテキストの中に本当に初々しく表現されています。

誰もが一瞬のうちに子ども時代に引き戻されるのではないでしょうか。

冷たい雪に触れた指先や、雪の中に足を突っ込んだ時の足裏の感触。

そんなものが生き生きと蘇り、読者はたちまちピーターに同化します。

 

ピーターの取る行動は、子どもなら誰もが必ずやるであろう遊びばかり。
雪の上に足跡を残し、棒切れで木の枝に積もった雪を落とし、雪だるまを作り……。

 

大きい子どもたちの雪合戦に混じりたいという気持ちや、ポケットに詰めて持ち帰った雪が溶けて消えてしまった時の悲しみ。

つくづく、キーツさんが「子どもの目」をそのまま持ち続けていることに感心します。

今日一日、自分が何をしたか、お母さんにすべて話し、お風呂の中で何回も何回も反芻するピーター。

この一日で、確実に自分が成長していることを感じているのでしょう。

 

★      ★      ★

 

目に見えるほどの早さで自分が変化しているという感覚も、大人が忘れてしまっているものです。

だからでしょうか。

純粋そのもののピーターを見るとき、どこか疼くような胸の痛みすら感じてしまうのは。

 

この作品には、「アメリカにおいて、黒人の子どもが主人公になった初めての絵本」という側面があります。

当時はちょうど人種差別撤廃宣言がなされた1960年代。

そういう意味で、この作品を差別と戦い、勝利を収めた象徴として見る向きもあります。

 

ただ、キーツさん自身はことさらに運動的な意識でこの絵本を描いたわけではなさそうです。

彼は晩成型の絵本作家でしたが、このピーターという愛らしい黒人少年はずっと以前から作者の頭の中に住んでおり、それが長い時を経て、この「ゆきのひ」でついに登場するに至ったということです。

 

貧民街で生まれ育ったキーツさんにとって、社会的マイノリティを描くことはごく自然なことだったのでしょう。

確かに、ピーターのどこを見ても、差別と戦うといった悲壮感のようなものは微塵も感じられず、ただただ伸びやかな少年の姿だけが描かれています。

 

自然で、自由な、子どもの目。

それを失わないことこそが、差別や偏見のない社会への道筋なのだと思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

読み手の五感に働きかける力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゆきのひ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ピーターのくちぶえ」【134冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

黒人の子どもって、どうしてあんなに可愛いのでしょうか。

特に、あの澄み切った大きな瞳。

 

今回は、黒人少年を主役にした絵本「ピーターのくちぶえ」を紹介します。

作・絵:エズラ・ジャック・キーツ

訳:木島始

出版社:偕成社

発行日:1974年2月

 

作者のキーツさんは、ニューヨークの貧民街育ちで、そのせいか下町の雰囲気を描くことに長けています。

幼いころより絵を描いていたそうですが、絵本作家としてのデビューは40代半ばを過ぎてからでした。

 

デビュー作「ゆきのひ」は、黒人の少年ピーターの雪の日の一人遊びを描いたもの。

そして、この「ピーターのくちぶえ」は、同じ主人公で描かれた続編という形になっています。

 

男の子が口笛で犬を呼ぶのを見たピーターは、自分も口笛が吹きたくてたまりません。

けれど、何度吹こうとしても、口笛は鳴りません。

ピーターは家に帰る道すがら、「ぐるぐるまわり」をやったり、チョークで道に線を引いたりして遊び、その合間にも口笛を試しますが、やっぱり鳴りません。

家に帰ると、お父さんの帽子をかぶって、大人になったつもりでまた口笛を吹こうとしますが、やっぱり駄目。

ピーターはダックスフントのウィリーを探しに、また外へ行きます。

自分の影法師から逃げ出そうとしたりしながら、ピーターはウィリーを見つけます。

そこで、空き箱に隠れて口笛を吹くと、突然成功します。

ピーターは得意絶頂で家に帰り、両親の前で口笛を披露します。

 

★      ★      ★

 

キーツさんの絵本の特徴は、貼り絵(コラージュ)と油彩の合成による、グラフィカルな画面構成です。

どのカットも、そのままポスターに使えそうな美しさがあります。

 

けれど、絵の楽しさばかりに目が行きがちですが、キーツさんが真に卓越しているところは、子どもの内面を的確に捉え、センチメンタルに流されることなく、それをありのまま描き出す描写力にあります。

 

口笛を練習しながら、一方でピーターは様々な一人遊びもします。

健全な子どもは、一時も休むことなく遊び続けるのです。

それは遊びにすら目的を付与しないと気が済まない大人に比べて、なんと純粋な「遊び」でしょう。

 

他愛もない、と見逃されそうですが、子どもにとって、遊びは必要であり、世界獲得のための手段です。

そして、それまでできなかったことができるようになった瞬間の喜びは、子どもの自尊心や積極性の形成に重要な役割を果たすでしょう。

 

以後のピーター少年のシリーズは「ピーターのいす」「ピーターのてがみ」「ピーターのめがね」と続きます。

作品ごとに、登場人物が増え、世界が広がり、その中で少しづつピーターが成長するのが見どころです。

いずれ、このブログでも取り上げられたらと思います。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

遊びのやるやる度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ピーターのくちぶえ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com