【絵本の紹介】「ぼくを探しに」【276冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ぼくを探しに」(原題:The Missing piece)を紹介します。

作・絵:シルヴァスタイン

訳:倉橋由美子

出版社:講談社

発行日:1977年4月24日

 

おおきな木」(原題:The Giving Tree)に並ぶ、怪人シェル・シルヴァスタインさんのもう一つの哲学的名作。

≫絵本の紹介「おおきな木」

 

サインペン一本で描く手法は「おおきな木」と同様ですが、今作はさらにシンプルさの極致のような絵になっています。

主人公は円形に口と点の目がついた、何だかわからないモノ。

 

彼が「何かが足りない」「それでぼくは楽しくない」、そこで「足りないかけらを探しに行く」物語です。

この「ぼく」の移動方法は転がること。

大地の上をずんずん進み、雨や雪、草藪や坂道を乗り越え、花の香りを嗅ぎ、かぶとむしと追いかけっこをし。

彼の旅は実に楽しそう。

 

やがて「ぼく」は彼の欠落部分(つまり口)の形に合いそうな「かけら」たちに出会いますが、彼らは「ぼく」のかけらとなることを拒否したり、サイズが合わなかったり、落としてしまったり、壊してしまったり。

 

様々な経験や失敗を繰り返しつつ「ぼく」の旅は続きます。

その果てに、ついに「ぼく」にぴったりなかけらに出会います。

 

はまったぞ」「ぴったりだ」「やった! ばんざい!

 

完全な円となった彼は調子よく転がり出します。

けれど、あんまり早く転がれるので、今までのようにみみずと話したり、花の香りを楽しむこともできません。

口がふさがって、歌も歌えないのです。

 

なるほど つまりそういうわけだったのか

何かを悟った「ぼく」は「かけらをそっとおろし」、また元の欠けた自分に戻って旅を続けるのでした。

 

★      ★      ★

 

この単純な絵と文を見て、「これなら自分でも描けそう」と思った人もいるかもしれません。

絵本とはなんて簡単なんだと思った人もいるかもしれません。

 

でも、よくよく考えてみると、物語も絵も、そんなに単純ではありません。

 

こんな白黒の線だけで絵本を作ってしまう大胆さ、しかもそれが子どもから大人までどの年代が読んでも「自分の物語」として読めるというストライクゾーンの広さ。

なおかつユーモアがあり、リズムがあり、思想があり、何故か勇気づけられる力強さまでがある。

何よりも凄いのは、これを読む人に「単純で簡単」だと思わせてしまうところです。

 

そして「おおきな木」と同じく、この作品にも無限の解釈可能性が残されています。

 

自分に足りないものを埋めたいという願いは普遍的な感情ですが、実際にはその「足りないもの」こそが自分のアイデンティティであったり、「足りないもの」を求めて冒険している間が人生の幸せだったり、「足りないもの」があるからこそ、人生が豊かであったり……。

 

など、この物語をどう汲み取っても間違いではないし、どう汲み取っても汲みつくせない部分が残ります。

それこそがこのシンプルな線の絵と文の力であり、計算された効果なのです。

 

私も何度もこの絵本を手に取っていますが、最近は「パートナー探し」の物語として読んでいます。

「理想の恋人」「運命の一人」を探して、出会いを求め続ける人がいます。

出会いを斡旋する商売まであります。

 

けれども、自分の欠落感が「たった一人の運命の人」の出現によって埋められると信じている限り、彼らがそんな出会いに辿り着く可能性は極めて低いでしょう。

「ぼく」のように「かけら」という他者による自己完成を求めている限り、それは決して果たされない、満たされぬ欲望であることをこの物語は示しています。

 

私の妻はおよそ私と正反対の気質と性格を持ち、育った環境から価値観からまるで共通点のない人でした。

「合わない」ものを「合わせよう」と悩んだ時期もあります。

 

しかし今になって思えば、もし出会った当初から私と妻が「ぴったりと合う」かけら同士だったとすれば、私はそれで満ち足りて、結果として今の自分はいなかったでしょう。

「ぴったり」でないからこそ、私は変化できたし、そして妻も大きく変化できたのだと思います。

 

今でも私たちはちっとも「ぴったり」ではありませんが、おかげで互いを認め合うことができています(まだまだ衝突はありますが)。

 

本当に相手と繋がりたければ、相手に何かを求めるのではなく、互いが互いの「個」を自ら引き受けるしかない。

今の私にとって、これはそんな物語です。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

パックマン度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼくを探しに

■続編→「続ぼくを探しに ビッグ・オーとの出会い

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ちいさいおうち」【269冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

おかげさまで当店もオープン2周年。このブログも2周年。

というわけで、気持ちを新たに、絵本界における歴史的名作を紹介しましょう。

ちいさいおうち」です。

作・絵:バージニア・リー・バートン

訳:石井桃子

出版社:岩波書店

発行日:1965年12月10日

 

1943年度のコールデコット賞受賞作品であるというに留まらず、現在でも「ベスト絵本」企画などでは必ずと言っていいほど上位にランクインし続ける本物のロングセラー。

作者はご存知、巨匠バージニア・リー・バートンさん。

 

当ブログで何度もバートンさんの作品を取り上げておきながら「まだやってなかったの?」と言われそうなくらい有名な代表作です。

綺麗な色彩の表紙絵が目を引きます。

主人公である「ちいさいおうち」を取り囲み、裏表紙にも描かれているのはひなぎくの花。

バートンさんはこの花が大好きだったそうです。

 

以前の記事でも取り上げていますが、バートンさんは1909年のアメリカに生まれました。

彼女の絵本の特徴というか背骨である観察力・分析力、それに巨大なスケールの知性は著名な科学者である父から、歌うようなリズムのある文体、ミュージカルのような躍動感のある人物描写は詩人で音楽家の母から受け継いだものでしょう。

 

さらに、彫刻家の夫からは、肉体の一瞬の動きを捉えて描く技術を学んだといいます。

しかし何と言っても彼女の絵本作りに大きな影響を与えたのは、彼女の息子たちでしょう。

 

バートンさんは絵本の原稿を必ず息子たちに読み聞かせながら推敲したのです。

子どもの絵本を見る目の確かさを、バートンさんは誰よりも信頼していたのでしょう。

 

しかしその一方で、バートンさんはけっして子どものための娯楽には収まらない文化にまで絵本を昇華させています。

彼女の作品にはどこかに「古き良き時代」のアメリカを偲び、文明に対する警鐘とも取れるテーマが含まれています。

 

この「ちいさいおうち」は、アメリカの文明の歴史を早回しで見ることのできる、記録映画的構造をしています。

「ちいさいおうち」を中心に据えた構図を固定し、その周囲で目まぐるしく時が流れます。

静かな田舎町で、自然に囲まれ、季節の移り変わりとともに過ごすちいさいおうち。

住んでいるのは農民の一家。

 

ちいさいおうちは満ち足りてはいますが、「まちって、どんなところだろう」と、遠くに見える灯りを見ながら憧れのように思うこともありました。

 

やがて時間は流れ、ちいさいおうちを取り囲む環境は一変します。

トラックやスチームローラーが続々とやってきて、道路を舗装し、畑をつぶし、高い建物を建設します。

(ここで、「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」のメアリ・アンが友情出演しています。あまりいい役ではないですけど)。

ちいさいおうちは無人の廃墟となり、掃除をしてくれる人すらいなくなってしまいます。

しかしどんなに開発が進んでも、「どんなに おかねをだしても、かうことはできない」という象徴的存在のちいさいおうちは、みすぼらしくなりながらも、そこに在り続けます。

鉄道が通り、高層ビルが建ち、地下鉄が地面の下を走り……。

ちいさいおうちは、もう季節さえわかりません。

都会の真ん中で、打ちひしがれて懐かしい田園に思いを馳せます。

 

しかし、そこにある家族がやってきます。

彼らはこのちいさいおうちを建てた農民の子孫にあたる人々だったのです。

 

彼らはちいさいおうちをそのまま運び、いつかのような静かな田舎の丘へ移されます。

修理され、もとのように綺麗になったちいさいおうちは、もう二度と町へ行きたいとは思わないのでした。

 

★      ★      ★

 

大長編「せいめいのれきし」にも共通する、壮大な時間の流れを描いたドラマ。

じっくり絵を見れば、アメリカの都市化の経過を知ることができます。

 

もちろんバートンさんのことですから、時代に矛盾するような機械や乗り物は登場しません。

バートンさんは、イラストの構図、テキストの位置(テキストの字体)までこだわり抜く職人さんで、その一例が見返し(表紙をめくってすぐのページ)にも表れています。

ここではアメリカの乗り物の発展の歴史をコマ送りのように見ることができます。

 

そうやって見れば、これが記録映画的絵本だと言った意味がわかってもらえると思います。

そして何より、ここに描かれているかつてのアメリカ農民の暮らしぶり、そしてそうした時代への憧れの気持ち、そういったものが確かに存在したことを示す作品でもあります。

 

何年経とうとも読み継がれていくロングセラーの中には、必ず「真実」が含まれています。

それは現実のレベルでの真実であることもあるし、人々の心の中にしかない真実であることもあります。

 

大人は見逃してしまうそうした美しい真実を、子どもはけっして見逃しません。

それを確信しているからこそ、バートンさんは絵本作りに一切の妥協を許さなかったのでしょう。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

芸の細かさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ちいさいおうち

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「またもりへ」【252冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「またもりへ」です。

作・絵:マリー・ホール・エッツ

訳:まさきるりこ

出版社:福音館書店

発行日:1969年3月1日

 

タイトルと表紙絵を見れば気づかれる方も多いでしょう。

これはあのマリー・ホール・エッツさんの代表作「もりのなか」の続編にあたる作品です。

 

≫絵本の紹介「もりのなか」

 

モノクロで変化のないアングル。

鬱蒼と茂る木々の描写がやけに心に残るところは、前作「もりのなか」と同様です。

 

ただ、続編とは言っても、この「またもりへ」(原題・ANOTHER DAY)は、前作ほどに謎めいた構造をしてはいません。

割とわかりやすいテーマを描いており、この2作品はシリーズでありながら別ジャンルの絵本であると思われます。

 

冒頭の献辞に「ラヴィニアのもりで いつもあそんでいた おとこのこ」という文があります。

ラヴィニアの森というのはエッツさんが病気の夫の最期を看取ったシカゴ郊外の森です。

これによって前作「もりのなか」の舞台もラヴィニアの森であることが推測されます。

 

主人公の男の子が森へ入っていくシーンから始まる点は「もりのなか」と同じです。

テキストにはありませんが、前回と同様の紙の帽子とラッパを身に付けています。

これは「森」という神秘と幻想の世界へ旅立つ際の装備であろうと解釈できます。

 

森では「どうぶつたちが、ぼくを まっていました

彼らはそれぞれの得意なことを披露しあい、誰が一番いいかを会議していたのでした。

居並ぶのはぞう、きりん、らいおん、二匹のさるとくま、かば、あひる、ねずみとへび、おうむ。

前作から引き続き登場している動物もいるし、今回は出てこない動物もいます。

これについては後で触れます。

 

さて、動物たちは交互に腕比べをします。

逆立ちしたり、ピーナッツを放って口で受け止めたり、大声を上げたり、素早く走り回ったり。

最後に男の子が逆立ちして鼻でピーナッツをつまもうとしましたが、おかしくなって笑ってしまいます。

するとぞうが、

これが、いちばん いい! ほかの だれにも、これは できないからねえ。とりも けものも、もりの どうぶつは、だれも わらえないのだもの

と言います。

 

動物たちは男の子に花輪をかぶせ、森の中を行進します。

やがてお父さんの声がして、動物たちは姿を消します。

そう、先日の記事でも登場したあの素敵なお父さんです。

 

≫「絵本に登場するお父さんたち」

 

今回もお父さんは男の子を日常へ連れ帰るのですが、またいい感じのセリフを残します。

おとうさんだって、ほかに なにも できなくても いいから、おまえのように わらってみたいよ

 

★      ★      ★

 

「もりのなか」で一際印象的だった、物言わぬコウノトリとうさぎが出てきません。

このうさぎは、エッツさんの知り合いで、彼女がいつも気にかけていた障害を持った男の子がモデルであろうと推測されています。

 

うさぎとコウノトリは、ただでさえ不思議な「もりのなか」をさらに謎めいたものにしていますが、今回彼らが登場しないことが、この「またもりへ」の「人間と笑い」というテーマをわかりやすくしています。

 

また、前回との比較として、最後のお父さんと男の子が去って行くシーンにねずみとへびが描かれており、男の子に贈られた花輪は消滅せずにお父さんの手に持たれています。

これらから、「もりのなか」では、動物たちは完全に男の子の空想世界の住人であったのに対し、「またもりへ」での動物たちとのやり取りはより現実世界に近いものとして描かれていると考えられます。

 

ところで、エッツさんと言えば絵本界の大御所だと私は認識していましたが、実は本国アメリカよりも日本でのほうが知名度が高いようです。

それは「こどものとも」の編集長を務めた松居直さんが、エッツさんの作品に惚れ込み、特に「もりのなか」を推しまくった影響が強いでしょう。

 

松居さんが日本絵本界に残した貢献は数知れませんが、エッツさんという稀代の作家を広く知らしめたことは、その業績の中でも大きいものだと思います。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

やっぱりお父さんが素敵度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「またもりへ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

【絵本の紹介】「サルビルサ」【237冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

以前、サイン会で直接お会いした絵本作家のスズキコージさん。

お店と息子に向けてサインをいただきました。

 

≫スズキコージ「コーベッコー」出版記念絵本原画展とサイン会に行ってきました。

 

スズキさんの絵本は言語化不可能な独自世界。

常識にとらわれた大人には、「不気味」「意味が分からない」と、敬遠されることもあるかもしれません。

 

しかしそのイラストのド迫力と、作品全体から伝わる音楽的躍動感は読む者の心を惹きつけて離しません。

彼の絵本は頭で理解しようとするより、身体で感じたほうが素直に楽しめます。

 

今回はそんなスズキさんの作品の中でも、我が家の息子のリピート率が特に高い一冊「サルビルサ」を取り上げます。

作・絵:スズキコージ

出版社:架空社

発行日:1996年8月

 

「サルビルサ」ってなんだ? とまず思われるでしょうけど、スズキさんの(例の)造語です。

そして、本文も日本語ではなく、いわばスズキ語で書かれています。

 

もちろん、意味はわかりません。

ですが絵が非常に雄弁で、わりと明確なストーリー展開ですので、内容は容易に想像することができます。

 

異なる民族衣装をまとった二人の兵士が、それぞれ反対方向から駆けてきて、一匹の獲物をしとめます。

彼らの発する言葉は「モジモジモジ」と「ジモジモジモ」。

片方が「サルビ」と言うともう一方が「ビルサ」と返す。

 

つまり互いの言葉が回文になってるわけです。

意味はわからないけど、どうやら獲物の所有権について口論している模様。

 

交渉はまとまらないまま、二人はそれぞれの国に戻り、王っぽいのに報告します。

王は兵士たちに向かって大号令をかけます。

モジ!

するともう一方の国でも、

ジモ!

この有無を言わせぬ迫力、素晴らしいです。

しかし、文字がページ中央の綴じ部にかかって見にくいのが残念……。

 

王はそれぞれ大軍を率いて例の獲物が放置されている場所へ出向き、そこで話し合いが行われます。

ズナカ サルビ

ビルサ カナズ

 

しかし互いに譲らず、とうとう戦争が始まってしまいます。

二国の兵士たちが入り乱れての大乱戦。

ついには両軍とも王が倒れて、残った兵士たちはてんでに退却を始めます。

 

そこへ一羽の黒い鳥(最初からずーっと空から成り行きをうかがっていた)が舞い降りてきて、

サルビルサ

と発しながら、獲物をさらって飛び去ってしまいます。

 

★      ★      ★

 

想像力で読む絵本です。

両軍の激突はユーモラスでありながら、ほんのつまらないことに端を発し、それが戦争にまで発展してしまう馬鹿馬鹿しさ・愚かさを明快に描いています。

 

しかも、争いの原因であった獲物は、結局黒い鳥(他国)に労なくして奪われてしまうという暗示的なオチ。

これはスズキさん流の「反戦」絵本とも言えます。

 

ま、そんな細かいことはおいても、とにかく声に出して読んでると楽しくなる絵本です。

何回繰り返して読んでもストレスのない一冊なので、読み聞かせる側も楽です。

 

ところで、いよいよ世界から注目されている南北首脳会談、米朝首脳会談が行われますね。

様々な思惑が絡み合う中、少しでも平和実現に向けて進めばいいですが。

 

そう、一応時事ネタのつもりでこの絵本を持ってきたわけです。

言わないと誰も気づいてくれないでしょう?

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

エキゾチック度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「サルビルサ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぞうのエルマー」【231冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は世界20か国以上で翻訳され、日本でも人気の高い「ぞうのエルマー」シリーズより第一作「ぞうのエルマー」を紹介します。

作・絵:デビッド・マッキー

訳:きたむらさとし

出版社:BL出版

発行日:2002年4月1日(新装版)

 

ぞうを主人公にした絵本は数あれど、見た目のインパクトという点ではこの「エルマー」ほど派手なキャラクターもいないでしょう。

きいろに オレンジ あかに ピンク あおくて みどりで むらさきいろで くろくて しろい

パッチワークのぞう、それがエルマー。

 

これは「ぼくはおこった」などの作品を手掛けた絵本作家のきたむらさとしさんが翻訳した新装版です(題字のレタリングがきたむらさん仕様になってますね)。

 

イラストの可愛さもあって、アニメや関連グッズも多い「エルマー」ですが、「キャラクターもの」ではなく、特にこの第一作はメッセージ性の強い内容になっています。

 

エルマーはふざけるのが好きで、周りの仲間たちも、彼といると笑顔になってしまいます。

そんな人気者のエルマーですが、実は自分だけが他のぞうと違うことに人知れず悩んでいました。

 

どうして ぼくだけ みんなと ちがっているんだろう

パッチワークのぞうなんて、へんだよね

ある日、エルマーはいいことを思いつきます。

 

こっそりと出かけて、「ぞういろをした 木のみ」でパッチワーク模様を消してしまい、みんなと同じ見た目の普通のぞうに変身します。

そのまま何食わぬ顔で群れに戻り、仲間の中に潜り込みます。

誰もエルマーに気づきません。

しかし、みんなが黙りこくって、深刻な顔をしていることに、エルマーは可笑しさをこらえ切れなくなって、大声を出して仲間たちを驚かせてしまいます。

 

雨が降ってきて、エルマーの変装をすっかり洗い流します。

いつものエルマーのいたずらだとわかった仲間たちは大笑い。

それからは仲間たちはその日を「エルマーの日」として、毎年色んな模様にそ自分を飾り立ててパレードをすることにします。

けれども、エルマーだけはふつうのぞうの模様になるので、すぐにそれがエルマーだとわかるのでした。

 

★      ★      ★

 

子どもが成長すると自我意識が芽生えますが、周囲と自分との違いを気にしたり、見た目に劣等感を持ったりするのはもう少し大きくなってからでしょう。

ですからこの絵本のテーマはわりと大きな子に向けてのものと言えます。

 

日本は特に同調圧力の強い国と言われています。

「個性を大事にした教育を」などと声を上げても、それはどこかぎこちなく、白々しい響きがあります。

そう言っている大人自身が、周囲の目を気にしているし、みんなと同じでないと生きにくいと感じているからでしょう。

 

子どもを持てばよくわかりますが、やっぱり自分の子と他の家の子を比べて、「みんなと同じでない」点を気にしてしまうものです。

その一方で「全く同じ」なのも不満で、どこかにちょっとだけ違いを求めたりする、勝手な親心。

ファッションの話みたいですが、結局それが日本人の性なのかもしれません。

 

「自分が個性的であるか」どうかを、他人を見て判断しようとする滑稽さ。

私たちはまだまだ「個」というものに対しておっかなびっくりで接しているのだと感じます。

 

佐々木マキさんの「やっぱりおおかみ」を紹介した時にも触れましたが、「個」になることと「自由」になることは密接に繋がっています。

 

≫絵本の紹介「やっぱりおおかみ」

 

集団でいれば安心だし、守られているかもしれないけれど、人間の意識は成長過程で「自由」を志向します。

それは一人の人間も、国家単位の集団でも変わりません。

 

自由になろうと思えば、「個」であることを引き受けなければなりません。

それができないのは、やっぱり我々がまだまだ精神的に未成熟だからなのです。

少なくともこの点においては、日本は後進国だと思います。

 

私たちの意識のどこかには、「自由」に対する恐れのようなものがあって、「自由」と聞くと「無法状態」を連想してしまったりします。

でも、真に自由な人間は、他者の自由を尊重しますから、本当の意味での道徳的社会を築くことができるはずなのです。

 

どんどん絵本紹介から離れてしまいそうなので「自由」問題についてはまた別の機会に。

 

「エルマー」シリーズは巻を重ねるごとに個性的で楽しいキャラクターが登場します。

是非、シリーズ通して読んでみてください。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

カラフル度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぞうのエルマー

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com