【絵本の紹介】「おにたのぼうし」【301冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は節分に読みたい一冊を持ってきました。

小学校の国語の授業で取り上げられることもある作品なので、一度は読んだ方も多いでしょう。

おにたのぼうし」です。

作:あまんきみこ

絵:いわさきちひろ

出版社:ポプラ社

発行日:1969年7月

 

この作品に限らず、あまんきみこさんと言えば国語の教科書を思い出してしまう私。

その上品で抒情的な美しい文章は、児童文学の理想形とも言えます。

いわさきちひろさんの透き通るような淡い水彩画が、あまんさんの心地よい鈴の音のような文章と非常に良く合います。

 

≫生誕100年「いわさきちひろ、絵描きです。」に行ってきました。

 

この「おにたのぼうし」が何年生の教科書に出てくるのかは忘れてしまいましたが、大人になって読み返してみると、これはかなりディープな内容です。

果たしてこれを小学校の授業で読み切れるのか。

指導する先生に相当な技量が求められる気がします。

 

あまんさんのテキストを丸々引用したいところですが、簡単にあらすじを追います。

おにた」は「まことくん」の家の物置小屋の天井に住んでいる小さな「くろおに」の子ども。

 

おにたは優しい鬼で、陰でまことくん一家にささやかな良いことをしているのです。

が、まことくんはおにたの存在に気づいていません。

恥ずかしがりのおにたは決して人前に姿を現さないからです。

 

さて、節分の夜、まことくんは豆まきを始めます。

ふくはー うち。おにはー そと

 

おにたは小屋にいることができなくなって、「ふるい むぎわらぼうし」をかぶって角を隠し、出て行きます。

鬼は悪いものと決めてかかる人間に疑問を抱きながら。

 

粉雪の降る中、おにたは入れそうな家を探して彷徨いますが、どこの家も鬼除けのヒイラギを飾っていて入れません。

しかしやがてヒイラギもないし豆の匂いもしない一軒の家を見つけます。

女の子が出てきて雪をすくっている隙に、おにたはこっそり入り込みます。

女の子は病気の母親の看病をしているのでした。

 

何も食べていないであろう娘を案じる母親に、女の子は健気に嘘をつきます。

知らない男の子が、節分で余ったごちそうを持ってきてくれたのだと。

 

何もない台所を覗いたおにたは、「あのちび、なにも たべちゃいないんだ」と悟ります。

じっとしていられなくなったおにたは外へ飛び出し、どこで手に入れたのか、女の子のついた嘘を踏襲する形で、ごちそうを持って戻ってきます。

初めて人間の前に姿を現すのです。

女の子は驚きながらも喜んでくれます。

 

しかし、心が通じ合えたと思ったのは束の間。

女の子は「あたしも まめまき、したいなあ」と呟いておにたを驚愕させます。

 

だって、おにが くれば、きっと おかあさんの びょうきが わるくなるわ

おにたは深い哀しみと寂しさに打ち震え、「こおりが とけたように」いなくなってしまいます。

後に残ったのは麦わら帽子だけ。

不思議に思った女の子が帽子を持ち上げてみると、まだ温かい黒い豆が入っています。

 

女の子はその豆で豆まきを始めます。

さっきの こは、きっと かみさまだわ」と考えながら。

 

★      ★      ★

 

おにたの最後を巡っては、色々と解釈が分かれているようです。

死んだのか、姿を消したのか、あの黒い豆はおにた自身なのか、違うのか……など。

単に「おにたが 可哀そう」で終わってしまっては教材としての意味はありません。

この切ない絵本には何が描かれているのでしょうか。

 

この物語には、悪人が登場しません。

まことくんも、女の子も、女の子の母親も、決して悪くは描かれていません。

それどころか、女の子は非常に健気で母親想いであり、母親もまた自分が病気でありながら娘のことを心配する優しい人間です。

 

「善意の人」が「善意の人」を深く傷つけるという、何ともやりきれないお話なのです。

 

おにたは人前に姿を見せることさえはばかりながら、社会の隅で暮らすマイノリティです。

ここには社会的弱者に対する差別と偏見が描かれているのです。

おにたが「黒」鬼であることはおそらく意図的でしょう。

 

差別とは不自由な人間観が生み出す最悪の害悪です。

そうした差別を撲滅しようと世界中で運動が広がっていますが、わかりやすい目に見える形での差別や偏見ばかりがあるわけではないことを、作者はそっと示しています。

 

「無知であること」「想像力が不足していること」は、もちろんその人間だけに責任を問えることではありません。

けれどもそうした人間的未熟さが、時に人を致命的に損なうことがあるのだとして、我々はそれをいかにして回避すべきなのでしょう。

 

この女の子は悪くないのだ、おにたが堂々と鬼であることを隠さずに姿を見せれば、きっと女の子はわかってくれたはずだ、という意見は、まさに「他者に対する想像力の欠如」からくるマジョリティ立場からの暴力的見解です。

 

差別され、傷つけられ、虐げられてきた弱者に「こう振る舞え」と要求することがどういうことなのか、それを考えようともしない態度こそが「善意の人」が陥りやすい危険です。

 

昨今、差別問題はさらに複雑化し、重大化しつつあるように思えます。

差別する人とされる人、という単純な形式で語れなくなってきているのです。

 

たとえ迂遠な手段に見えたとしても、子どものうちから本質を見極める自由な精神を育む以外に、この地獄を変える手立てはないと私は思うのです。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

よく考えたら節分に読んだら豆まきしにくくなる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おにたのぼうし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「戦火のなかの子どもたち」【292冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

前回、いわさきちひろさんの展覧会のレビューを書きました。

≫【いわさきちひろ特別展】「生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。」に行ってきました。

 

そこで今回はいわさきさんが最後に完成させた作品「戦火のなかの子どもたち」を紹介したいと思います。

作・絵:岩崎ちひろ

出版社:岩崎書店

発行日:1973年9月10日

 

「子どもの幸せと平和」を願い続けたいわさきさん。

これはベトナム戦争の末期に描かれた絵本です。

 

きょねんもおととしも そのまえのとしも ベトナムの子どもの頭のうえに ばくだんはかぎりなくふった

 

あたしたちの一生は ずーっと せんそうのなかだけだった

 

自身も少女時代を太平洋戦争の中で過ごし、広島の原爆の絵本を描く丸木位里・俊夫婦とも交流が深かったいわさきさんは、ベトナムで行われている戦争を、他人事とは思えなかったのでしょう。

テキストは断片的で、ほとんど極限まで削られており、同時に鉛筆と墨で一見ラフに描かれた絵も、必要なもの以外は画面から省かれ、その文余白が大きく用いられています。

母さんといっしょに もえていった ちいさなぼうや

あつい日。ひとり

雨がつめたくないかしら。おなかも すいてきたでしょうに

風? かあさん?

残酷な描写はなく、悲惨さを強調することもなく、ことさらに同情を引こうとする気配もありません。

ただ、ここに描かれた子どもたちの姿は、読者ひとりひとりの胸の中にそっと入り込み、内側から私たちを見つめ続けるのです。

 

★      ★      ★

 

展覧会を見て気づくのは、いわさきさんの絵の変遷・進化です。

初期のはっきりしたデッサン画や油絵から、だんだんと淡い水彩画にシフトして、最終的には輪郭線すら消えてしまいます。

 

いわば「形のあるもの」から始まり、「形のないもの」に辿り着くのです。

色彩の滲みや掠れそのものが表現方法となり、彼女の絵の印象は「水」のように形を無くしていきます。

ぼうっと霞むような黒目がちな子どもたちは、心魂のみの存在のようです。

 

その印象はこの「戦火のなかの子どもたち」の前に仕上げられた至光社の「ぽちのきたうみ」で特に顕著で、いわさきさんの絵のひとつの到達点とも言えるでしょう。

 

しかし、今回においては、いわさきさんはその手法を採りませんでした。

墨と鉛筆で描かれた子どもたちには、彼女の絵にしては珍しく白目があります。

 

私の勝手な想像ですが、あまりにも高みに上った作者の心魂的表現では、戦争の身体的リアルが伝わらないことを懸念したのではないでしょうか。

 

すでに体調を崩されていたいわさきさんは、最後の力を振り絞るようにしてこの作品を完成させた1年後に他界します。

 

ベトナム戦争が終わっても、世界中で戦争は無くなりません。

いわさきさんの願いはいまだに叶えられていません。

 

それらは一つ残らず私たち大人が起こした戦争です。

子どもは何も悪くありません。

 

どうして私たちは戦争を止めることができないのでしょう。

どうして武器を作り続けるのでしょう。

どうして他国と手を取り合えないのでしょう。

 

その問いに、私たちはこの絵本の子どもたちの目を正面から見つめて、ごまかさずに答えることができるでしょうか。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

平和への祈り度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「戦火のなかの子どもたち

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぼくはくまのままでいたかったのに……」【291冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今年は妙に暖かい冬ですが、これではクマも冬眠を忘れてしまうんじゃないでしょうか。

今日はピリッと風刺の効いた大人向け絵本「ぼくはくまのままでいたかったのに……」を紹介します。

作:イエルク・シュタイナー

絵:イエルク・ミュラー

訳:大島かおり

発行日:1978年10月15日

 

ミュラーさんの絵が非常に印象的です。

光と影が感じられる美しいタッチ。

キャラクターの描写は風刺的で滑稽ですが、どこか物悲しさも漂わせます。

 

そしてシュタイナーさんの物語はとても深く心に響きます。

読みようによってはかなり恐ろしい話でもあり、それだけに考えさせられます。

 

森で暮らすくまは、冬が近づくと洞穴に入って冬眠します。

ところが、何も気がつかずに眠っているうちに、人間たちが森へやってきて木を切り倒し、あろうことかくまの眠る洞穴の真上に巨大な工場を建ててしまいます。

眠りから覚め、外に出たくまは自分の目を疑います。

森はすっかり消えてしまっていたのです。

 

そこへ工場の職長がやってきて、くまを見るなり、

おい おまえ、とっとと しごとにつけ

と言います。

 

くまは驚き、自分がくまであることを主張しますが、職長はじめ、工場長に至るまで誰もくまの言うことに耳を貸してくれません。

とうとうくまは社長のところへ連れて行かれます。

社長はくまの言うことをまるで本気にしませんが、退屈しのぎにくまを連れて動物園やサーカスを回ります。

 

動物園のくまからも、サーカスのくまからも、くまは本物のくまであることを認めてもらえません。

みんなから笑われ、くまはもうどうしていいかわからなくなってしまいます。

工場に連れ帰られたくまは、とうとう言われるがままに髭をそり、労働者として仕事につきます。

来る日も来る日も機械に向かって作業を繰り返すくま。

 

やがてまた冬が来て、くまは眠くてたまらなくなります。

居眠りばかりのくまは、職長からクビを宣告されます。

 

晴れて自由の身になったくまですが、これからどうしていいかわかりません。

モーテルで休もうとしますが、受付の男から「労働者はとめてやれない」「くまじゃ なおさらね」と断られます。

 

くま」と呼ばれてびっくりしたくまは、森の中へ彷徨いこみます。

洞穴の前に座り込み、くまは考え込みます。

なにか だいじなことを わすれてしまったらしいな

雪がくまの体に降り積もって行きます。

 

★      ★      ★

 

環境破壊、労働問題、差別と偏見……様々なテーマを内包した物語ですが、ここではアイデンティティの問題を核にして読んでみたいと思います。

哀れなくまの自己が揺らいでいく様子はとても切ないものです。

しかし、それは現代社会を生きる私たちにとっても起こりうることなのです。

 

自分が何者であるか」という問いに、平常なら自信を持って答えることができる人でも、果たして周囲の世界が一変してしまうような状況においても同じように確信を持てるでしょうか。

 

普通、我々は「自分が何者であるか」は、自分が一番よく知っていると思っています。

けれどもそれは本当でしょうか。

 

「自分が何者であるか」は、実は「他者にとって自分が何者であるか」に依拠しているとは言えないでしょうか。

「何者であるか」という問いの中には、すでに他者との関係性が組み込まれているのではないでしょうか。

 

普段は気づかずとも、我々の価値観・判断基準・行動規範は驚くほど「外的な要素」に支配されています。

だから現代においても「洗脳」という恐るべき状況が起こるのです。

 

それが大げさだとおもうなら、直近の話では、ハロウィンの渋谷での暴動事件なども例に挙げられます。

あの暴動に加わった人々は、一体何に突き動かされていたのでしょうか。

 

人間の自我は最初は他者から与えられるものかもしれません。

しかし、成長に従って、やがては「真の自分」に気づくことができます。

何故なら、自分の内面をよくよく観察すれば、そこには自分ですら気づいていなかった「もう一人の自分」が存在しているからです。

 

人間とはその本質において一人では存在できません。

自我を認識するためには、必ず自分の前に「もう一人」を対峙させる必要があります。

ただしそれは他人でなくても可能なのです。

自分の中の「もう一人」に気づくことさえできれば。

 

これは、そんな自己認識を問うような物語でもあります。

くまが可哀そうすぎる

読後感が悪い

という感想も見かけますが、最後のカットと裏表紙から、私はくまがちゃんと自分自身を取り戻したことを信じています。

 

推奨年齢:小学校高学年〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

社長部屋のインテリアデザインの趣味の良さ度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼくはくまのままでいたかったのに……

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「サンタクロースってほんとにいるの?」【285冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

そろそろ今年もクリスマスが近づいてきました。

ぼちぼちクリスマス絵本を取り上げて行こうと思います。

 

サンタクロースを信じているのは何歳までか」という問いが定番になっているほど、子どもとサンタを巡る問題は決着しません。

子どもにサンタの存在を信じ込ませようとするのは親のエゴだ」と言われると、そうかもしれない気もします。

 

無邪気にサンタを信じ、プレゼントに感激する子どもの姿は確かに可愛いものです。

しかし、「いい子にしていないとサンタさんが来ないよ!」と取引の道具にするのはどうかと思います。

 

かの瀬田貞二先生が児童百科事典を編纂した際に、「かっぱ」の項目に「かっぱは今もいる」と断言された時の気持ちを考えると、子どもにとってサンタがいなくてどうするのだ、とも思います。

 

では、当の子どもたちはこの問題をどう考えているのでしょう。

大人よりも遥かに合理的で現実的な彼らは、「サンタクロースの矛盾」を無視はできないはずです。

 

今回はそんな子どもたちと両親の息詰まる攻防を描いた絵本「サンタクロースってほんとにいるの?」を紹介します。

作:てるおかいつこ

絵:杉浦繁茂

出版社:福音館書店

発行日:1982年10月(かがくのとも傑作集)

 

ねえ サンタクロースって ほんとにいるの?

 

いつかは浴びせられるであろう、子どもからの問い。

とある家庭の、浴室風景です。

お父さんは子どもたちとお風呂に入りながら、彼らの鋭い質問に答えて行きます。

えんとつがなくても くるの?

ドアに かぎが かかっていても くるの?

 

どうして ぼくの ほしいものが わかるの?

どうして としとって しなないの?

どうやって ひとばんで せかいじゅうを まわれるの?

みなみのくにでは どうするの?

こないうちもあるのは なぜ?

お父さんとお母さんは、次々に投げかけられるもっともな質問から逃げたりあしらったりせず、真摯に丁寧に、彼らが納得しやすいような回答を与えます。

 

最後に子どもたちはどこか不安な表情で、

ねえ、ほんとうにいるの

 

いるよ

サンタクロースは ほんとにいるよ

せかいじゅう いつまでもね

 

子どもたちは求めていた答えを得て、幸せな表情で眠りにつきます。

 

★      ★      ★

 

子どもに嘘を教えることは良くないことです。

しかし、子どもにはファンタジーが必要です。

 

彼らはこの世界が「善きところ」「美しきところ」であることを信じたいと思っています。

これからの長い人生にとって、世界が美しく善いところでなくてどうしましょう。

 

子どもがいつかサンタクロースの正体を知る日が来たところで、そんなことは些末なことです。

その時までに、彼らの心に色鮮やかなファンタジーが育っていれば、サンタクロースそのものは問題ではないのです。

 

大人がそのことを理解し、そして自分も心からこの世界が美しいことを信じていれば、この絵本のような子どもからの質問に、確信をもって即答することができるはずです。

 

大人たちが一瞬でもたじろいだり、「自分の言葉でない言葉」で語ったり、ごまかしたりすれば、子どもは即座に見抜きます。

その時、子どもは大人を出し抜いたという勝利感を手にするでしょうが、同時にかけがえのない世界を失っているのです。

子どもに、そんな悲しい勝利を与えたくはありません。

 

それにしても、我が家の息子はサンタクロースについてどう考えているのでしょう。

実のところ、どうにもそれが不明なんです。

 

年齢相応以上の読書経験のある子ですから、その中にはサンタの存在を否定するような内容のものもあったでしょう。

科学本もたくさん読んでいますし、意外と現実と幻想を分けているような素振りも見せます。

本当はサンタクロースなんていないと思ってるのかもしれません。

 

でも、今年のクリスマスには「本当に乗れる飛行機のラジコン」が欲しいなどと宣います。

そんなもん……」と言いかけると、不思議そうな顔でこちらを見てきます。

どうしてダメなの? サンタさんに頼むのに」と言わんばかりの表情で。

 

何もかもわかっててやってるのか。

無邪気なのか。

 

聞くわけにもいきませんしねえ。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

両親のアドリブ能力度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「サンタクロースってほんとにいるの?

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぼくを探しに」【276冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ぼくを探しに」(原題:The Missing piece)を紹介します。

作・絵:シルヴァスタイン

訳:倉橋由美子

出版社:講談社

発行日:1977年4月24日

 

おおきな木」(原題:The Giving Tree)に並ぶ、怪人シェル・シルヴァスタインさんのもう一つの哲学的名作。

≫絵本の紹介「おおきな木」

 

サインペン一本で描く手法は「おおきな木」と同様ですが、今作はさらにシンプルさの極致のような絵になっています。

主人公は円形に口と点の目がついた、何だかわからないモノ。

 

彼が「何かが足りない」「それでぼくは楽しくない」、そこで「足りないかけらを探しに行く」物語です。

この「ぼく」の移動方法は転がること。

大地の上をずんずん進み、雨や雪、草藪や坂道を乗り越え、花の香りを嗅ぎ、かぶとむしと追いかけっこをし。

彼の旅は実に楽しそう。

 

やがて「ぼく」は彼の欠落部分(つまり口)の形に合いそうな「かけら」たちに出会いますが、彼らは「ぼく」のかけらとなることを拒否したり、サイズが合わなかったり、落としてしまったり、壊してしまったり。

 

様々な経験や失敗を繰り返しつつ「ぼく」の旅は続きます。

その果てに、ついに「ぼく」にぴったりなかけらに出会います。

 

はまったぞ」「ぴったりだ」「やった! ばんざい!

 

完全な円となった彼は調子よく転がり出します。

けれど、あんまり早く転がれるので、今までのようにみみずと話したり、花の香りを楽しむこともできません。

口がふさがって、歌も歌えないのです。

 

なるほど つまりそういうわけだったのか

何かを悟った「ぼく」は「かけらをそっとおろし」、また元の欠けた自分に戻って旅を続けるのでした。

 

★      ★      ★

 

この単純な絵と文を見て、「これなら自分でも描けそう」と思った人もいるかもしれません。

絵本とはなんて簡単なんだと思った人もいるかもしれません。

 

でも、よくよく考えてみると、物語も絵も、そんなに単純ではありません。

 

こんな白黒の線だけで絵本を作ってしまう大胆さ、しかもそれが子どもから大人までどの年代が読んでも「自分の物語」として読めるというストライクゾーンの広さ。

なおかつユーモアがあり、リズムがあり、思想があり、何故か勇気づけられる力強さまでがある。

何よりも凄いのは、これを読む人に「単純で簡単」だと思わせてしまうところです。

 

そして「おおきな木」と同じく、この作品にも無限の解釈可能性が残されています。

 

自分に足りないものを埋めたいという願いは普遍的な感情ですが、実際にはその「足りないもの」こそが自分のアイデンティティであったり、「足りないもの」を求めて冒険している間が人生の幸せだったり、「足りないもの」があるからこそ、人生が豊かであったり……。

 

など、この物語をどう汲み取っても間違いではないし、どう汲み取っても汲みつくせない部分が残ります。

それこそがこのシンプルな線の絵と文の力であり、計算された効果なのです。

 

私も何度もこの絵本を手に取っていますが、最近は「パートナー探し」の物語として読んでいます。

「理想の恋人」「運命の一人」を探して、出会いを求め続ける人がいます。

出会いを斡旋する商売まであります。

 

けれども、自分の欠落感が「たった一人の運命の人」の出現によって埋められると信じている限り、彼らがそんな出会いに辿り着く可能性は極めて低いでしょう。

「ぼく」のように「かけら」という他者による自己完成を求めている限り、それは決して果たされない、満たされぬ欲望であることをこの物語は示しています。

 

私の妻はおよそ私と正反対の気質と性格を持ち、育った環境から価値観からまるで共通点のない人でした。

「合わない」ものを「合わせよう」と悩んだ時期もあります。

 

しかし今になって思えば、もし出会った当初から私と妻が「ぴったりと合う」かけら同士だったとすれば、私はそれで満ち足りて、結果として今の自分はいなかったでしょう。

「ぴったり」でないからこそ、私は変化できたし、そして妻も大きく変化できたのだと思います。

 

今でも私たちはちっとも「ぴったり」ではありませんが、おかげで互いを認め合うことができています(まだまだ衝突はありますが)。

 

本当に相手と繋がりたければ、相手に何かを求めるのではなく、互いが互いの「個」を自ら引き受けるしかない。

今の私にとって、これはそんな物語です。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

パックマン度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼくを探しに

■続編→「続ぼくを探しに ビッグ・オーとの出会い

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com