【絵本の紹介】「またもりへ」【252冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「またもりへ」です。

作・絵:マリー・ホール・エッツ

訳:まさきるりこ

出版社:福音館書店

発行日:1969年3月1日

 

タイトルと表紙絵を見れば気づかれる方も多いでしょう。

これはあのマリー・ホール・エッツさんの代表作「もりのなか」の続編にあたる作品です。

 

≫絵本の紹介「もりのなか」

 

モノクロで変化のないアングル。

鬱蒼と茂る木々の描写がやけに心に残るところは、前作「もりのなか」と同様です。

 

ただ、続編とは言っても、この「またもりへ」(原題・ANOTHER DAY)は、前作ほどに謎めいた構造をしてはいません。

割とわかりやすいテーマを描いており、この2作品はシリーズでありながら別ジャンルの絵本であると思われます。

 

冒頭の献辞に「ラヴィニアのもりで いつもあそんでいた おとこのこ」という文があります。

ラヴィニアの森というのはエッツさんが病気の夫の最期を看取ったシカゴ郊外の森です。

これによって前作「もりのなか」の舞台もラヴィニアの森であることが推測されます。

 

主人公の男の子が森へ入っていくシーンから始まる点は「もりのなか」と同じです。

テキストにはありませんが、前回と同様の紙の帽子とラッパを身に付けています。

これは「森」という神秘と幻想の世界へ旅立つ際の装備であろうと解釈できます。

 

森では「どうぶつたちが、ぼくを まっていました

彼らはそれぞれの得意なことを披露しあい、誰が一番いいかを会議していたのでした。

居並ぶのはぞう、きりん、らいおん、二匹のさるとくま、かば、あひる、ねずみとへび、おうむ。

前作から引き続き登場している動物もいるし、今回は出てこない動物もいます。

これについては後で触れます。

 

さて、動物たちは交互に腕比べをします。

逆立ちしたり、ピーナッツを放って口で受け止めたり、大声を上げたり、素早く走り回ったり。

最後に男の子が逆立ちして鼻でピーナッツをつまもうとしましたが、おかしくなって笑ってしまいます。

するとぞうが、

これが、いちばん いい! ほかの だれにも、これは できないからねえ。とりも けものも、もりの どうぶつは、だれも わらえないのだもの

と言います。

 

動物たちは男の子に花輪をかぶせ、森の中を行進します。

やがてお父さんの声がして、動物たちは姿を消します。

そう、先日の記事でも登場したあの素敵なお父さんです。

 

≫「絵本に登場するお父さんたち」

 

今回もお父さんは男の子を日常へ連れ帰るのですが、またいい感じのセリフを残します。

おとうさんだって、ほかに なにも できなくても いいから、おまえのように わらってみたいよ

 

★      ★      ★

 

「もりのなか」で一際印象的だった、物言わぬコウノトリとうさぎが出てきません。

このうさぎは、エッツさんの知り合いで、彼女がいつも気にかけていた障害を持った男の子がモデルであろうと推測されています。

 

うさぎとコウノトリは、ただでさえ不思議な「もりのなか」をさらに謎めいたものにしていますが、今回彼らが登場しないことが、この「またもりへ」の「人間と笑い」というテーマをわかりやすくしています。

 

また、前回との比較として、最後のお父さんと男の子が去って行くシーンにねずみとへびが描かれており、男の子に贈られた花輪は消滅せずにお父さんの手に持たれています。

これらから、「もりのなか」では、動物たちは完全に男の子の空想世界の住人であったのに対し、「またもりへ」での動物たちとのやり取りはより現実世界に近いものとして描かれていると考えられます。

 

ところで、エッツさんと言えば絵本界の大御所だと私は認識していましたが、実は本国アメリカよりも日本でのほうが知名度が高いようです。

それは「こどものとも」の編集長を務めた松居直さんが、エッツさんの作品に惚れ込み、特に「もりのなか」を推しまくった影響が強いでしょう。

 

松居さんが日本絵本界に残した貢献は数知れませんが、エッツさんという稀代の作家を広く知らしめたことは、その業績の中でも大きいものだと思います。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

やっぱりお父さんが素敵度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「またもりへ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

 

【絵本の紹介】「サルビルサ」【237冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

以前、サイン会で直接お会いした絵本作家のスズキコージさん。

お店と息子に向けてサインをいただきました。

 

≫スズキコージ「コーベッコー」出版記念絵本原画展とサイン会に行ってきました。

 

スズキさんの絵本は言語化不可能な独自世界。

常識にとらわれた大人には、「不気味」「意味が分からない」と、敬遠されることもあるかもしれません。

 

しかしそのイラストのド迫力と、作品全体から伝わる音楽的躍動感は読む者の心を惹きつけて離しません。

彼の絵本は頭で理解しようとするより、身体で感じたほうが素直に楽しめます。

 

今回はそんなスズキさんの作品の中でも、我が家の息子のリピート率が特に高い一冊「サルビルサ」を取り上げます。

作・絵:スズキコージ

出版社:架空社

発行日:1996年8月

 

「サルビルサ」ってなんだ? とまず思われるでしょうけど、スズキさんの(例の)造語です。

そして、本文も日本語ではなく、いわばスズキ語で書かれています。

 

もちろん、意味はわかりません。

ですが絵が非常に雄弁で、わりと明確なストーリー展開ですので、内容は容易に想像することができます。

 

異なる民族衣装をまとった二人の兵士が、それぞれ反対方向から駆けてきて、一匹の獲物をしとめます。

彼らの発する言葉は「モジモジモジ」と「ジモジモジモ」。

片方が「サルビ」と言うともう一方が「ビルサ」と返す。

 

つまり互いの言葉が回文になってるわけです。

意味はわからないけど、どうやら獲物の所有権について口論している模様。

 

交渉はまとまらないまま、二人はそれぞれの国に戻り、王っぽいのに報告します。

王は兵士たちに向かって大号令をかけます。

モジ!

するともう一方の国でも、

ジモ!

この有無を言わせぬ迫力、素晴らしいです。

しかし、文字がページ中央の綴じ部にかかって見にくいのが残念……。

 

王はそれぞれ大軍を率いて例の獲物が放置されている場所へ出向き、そこで話し合いが行われます。

ズナカ サルビ

ビルサ カナズ

 

しかし互いに譲らず、とうとう戦争が始まってしまいます。

二国の兵士たちが入り乱れての大乱戦。

ついには両軍とも王が倒れて、残った兵士たちはてんでに退却を始めます。

 

そこへ一羽の黒い鳥(最初からずーっと空から成り行きをうかがっていた)が舞い降りてきて、

サルビルサ

と発しながら、獲物をさらって飛び去ってしまいます。

 

★      ★      ★

 

想像力で読む絵本です。

両軍の激突はユーモラスでありながら、ほんのつまらないことに端を発し、それが戦争にまで発展してしまう馬鹿馬鹿しさ・愚かさを明快に描いています。

 

しかも、争いの原因であった獲物は、結局黒い鳥(他国)に労なくして奪われてしまうという暗示的なオチ。

これはスズキさん流の「反戦」絵本とも言えます。

 

ま、そんな細かいことはおいても、とにかく声に出して読んでると楽しくなる絵本です。

何回繰り返して読んでもストレスのない一冊なので、読み聞かせる側も楽です。

 

ところで、いよいよ世界から注目されている南北首脳会談、米朝首脳会談が行われますね。

様々な思惑が絡み合う中、少しでも平和実現に向けて進めばいいですが。

 

そう、一応時事ネタのつもりでこの絵本を持ってきたわけです。

言わないと誰も気づいてくれないでしょう?

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

エキゾチック度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「サルビルサ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぞうのエルマー」【231冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は世界20か国以上で翻訳され、日本でも人気の高い「ぞうのエルマー」シリーズより第一作「ぞうのエルマー」を紹介します。

作・絵:デビッド・マッキー

訳:きたむらさとし

出版社:BL出版

発行日:2002年4月1日(新装版)

 

ぞうを主人公にした絵本は数あれど、見た目のインパクトという点ではこの「エルマー」ほど派手なキャラクターもいないでしょう。

きいろに オレンジ あかに ピンク あおくて みどりで むらさきいろで くろくて しろい

パッチワークのぞう、それがエルマー。

 

これは「ぼくはおこった」などの作品を手掛けた絵本作家のきたむらさとしさんが翻訳した新装版です(題字のレタリングがきたむらさん仕様になってますね)。

 

イラストの可愛さもあって、アニメや関連グッズも多い「エルマー」ですが、「キャラクターもの」ではなく、特にこの第一作はメッセージ性の強い内容になっています。

 

エルマーはふざけるのが好きで、周りの仲間たちも、彼といると笑顔になってしまいます。

そんな人気者のエルマーですが、実は自分だけが他のぞうと違うことに人知れず悩んでいました。

 

どうして ぼくだけ みんなと ちがっているんだろう

パッチワークのぞうなんて、へんだよね

ある日、エルマーはいいことを思いつきます。

 

こっそりと出かけて、「ぞういろをした 木のみ」でパッチワーク模様を消してしまい、みんなと同じ見た目の普通のぞうに変身します。

そのまま何食わぬ顔で群れに戻り、仲間の中に潜り込みます。

誰もエルマーに気づきません。

しかし、みんなが黙りこくって、深刻な顔をしていることに、エルマーは可笑しさをこらえ切れなくなって、大声を出して仲間たちを驚かせてしまいます。

 

雨が降ってきて、エルマーの変装をすっかり洗い流します。

いつものエルマーのいたずらだとわかった仲間たちは大笑い。

それからは仲間たちはその日を「エルマーの日」として、毎年色んな模様にそ自分を飾り立ててパレードをすることにします。

けれども、エルマーだけはふつうのぞうの模様になるので、すぐにそれがエルマーだとわかるのでした。

 

★      ★      ★

 

子どもが成長すると自我意識が芽生えますが、周囲と自分との違いを気にしたり、見た目に劣等感を持ったりするのはもう少し大きくなってからでしょう。

ですからこの絵本のテーマはわりと大きな子に向けてのものと言えます。

 

日本は特に同調圧力の強い国と言われています。

「個性を大事にした教育を」などと声を上げても、それはどこかぎこちなく、白々しい響きがあります。

そう言っている大人自身が、周囲の目を気にしているし、みんなと同じでないと生きにくいと感じているからでしょう。

 

子どもを持てばよくわかりますが、やっぱり自分の子と他の家の子を比べて、「みんなと同じでない」点を気にしてしまうものです。

その一方で「全く同じ」なのも不満で、どこかにちょっとだけ違いを求めたりする、勝手な親心。

ファッションの話みたいですが、結局それが日本人の性なのかもしれません。

 

「自分が個性的であるか」どうかを、他人を見て判断しようとする滑稽さ。

私たちはまだまだ「個」というものに対しておっかなびっくりで接しているのだと感じます。

 

佐々木マキさんの「やっぱりおおかみ」を紹介した時にも触れましたが、「個」になることと「自由」になることは密接に繋がっています。

 

≫絵本の紹介「やっぱりおおかみ」

 

集団でいれば安心だし、守られているかもしれないけれど、人間の意識は成長過程で「自由」を志向します。

それは一人の人間も、国家単位の集団でも変わりません。

 

自由になろうと思えば、「個」であることを引き受けなければなりません。

それができないのは、やっぱり我々がまだまだ精神的に未成熟だからなのです。

少なくともこの点においては、日本は後進国だと思います。

 

私たちの意識のどこかには、「自由」に対する恐れのようなものがあって、「自由」と聞くと「無法状態」を連想してしまったりします。

でも、真に自由な人間は、他者の自由を尊重しますから、本当の意味での道徳的社会を築くことができるはずなのです。

 

どんどん絵本紹介から離れてしまいそうなので「自由」問題についてはまた別の機会に。

 

「エルマー」シリーズは巻を重ねるごとに個性的で楽しいキャラクターが登場します。

是非、シリーズ通して読んでみてください。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

カラフル度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぞうのエルマー

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「あな」【222冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は日本を代表する詩人・谷川俊太郎さんとイラストレーターの和田誠さんのタッグによる、一癖も二癖もある絵本「あな」を紹介します。

作:谷川俊太郎

絵:和田誠

出版社:福音館書店

発行日:1983年3月5日(こどものとも傑作集)

 

谷川さんに関しては、知らない人の方が少ないでしょう。

現代日本において「詩人」という肩書を持ち、詩を「生業」としている人物と言えば、もう彼以外には思いつけないくらいです。

 

絵本との係わりも深く、「フレデリック」などの海外絵本の翻訳の他、自身が文を担当した作品も多くあります。

そして、3回にわたる結婚・離婚のうち、最初の妻は「かばくん」などを手掛けた絵本作家・岸田衿子さん。

そして3人目の妻は「100万回生きたねこ」の作者・佐野洋子さんなのですね。

 

≫絵本の紹介「フレデリック」

≫絵本の紹介「かばくん」

≫絵本の紹介「100万回生きたねこ」

 

絵を担当する和田さんも、これまた有名なイラストレーター。

何かと話題の雑誌「週刊文春」の表紙は40年にわたって彼が担当しています。

イラストだけでなく、エッセイや映画など、幅広い分野でその才能を発揮しています。

 

そんな二人が作った絵本ですから、一筋縄では行きません。

まず、横に見て縦開き、という構成からして異色です。

 

見開き画面の下3分の2を茶一色として、地面の断面図を描いているのですね。

にちようびの あさ、なにも することがなかったので、ひろしは あなを ほりはじめた

なんで? とも思うし、そういうこともあるか、とも思ったり。

 

ひろし少年は淡々とした表情で、スコップを手に深い穴を掘っていきます。

母親、妹、友だち(広島カープファン)、父親が次々とやってきて色んなことを言いますが、ひろしは取り合わず、黙々と掘り続けます。

やがて自分がすっぽり地面の中に隠れるくらいの深さに到達したとき、ひろしはスコップを置き、初めて満足げな微笑を浮かべます。

これは ぼくの あなだ

 

母親たちがまた一通り登場して、短い会話を交わします。

ひろしは穴の中に座り続け、日が暮れるころに穴から出てきます。

これは ぼくの あなだ

 

もう一度そう思ったひろしは、スコップを使って今度は穴を埋めにかかります。

最後は、扉絵と同じく、元の平らな地面のカットで終わります。

 

★      ★      ★

 

全編通して同じ横視点の構図で物語は進行しますが、地中を掘り進む芋虫や空の色など、随所の変化を楽しめます。

また、一見するとよくわからなかった表紙の絵が、内容を読むことで、穴の中から空を見上げるひろしの視点なのだと判明します。

裏表紙は外から覗いた穴の中です。

 

さて、内容については例によって様々な解釈が可能です。

 

「穴を掘る」理由は、おそらくはひろし本人にもわかっていない(訳知り顔の父親にも、たぶんわかっていない)。

その割に、ひろしは汗をかき、手に豆ができるほどに頑張ってスコップを振るいます。

 

普通に考えれば、彼の労力の先には「無」しかない。

穴を掘ることで報酬がもらえるわけでも、誰かに認められるわけでもない。

でも、それ故にひろしの努力は純粋です。

その純粋さを守るために、ひろしは妹の手伝いや「おいけに しようよ」という提案を拒絶します。

さらには、最後に穴を埋めることで、ひろしの「無償の行為」は完全化されるのです。

 

現代社会では、「無」に向かっての行為など理解されないばかりか、下手をすると憎悪の対象にすらなります。

「コスパ」という言葉が表しているように、どんな行為にも「費用対効果」をまず考えることが常識となっているからです。

 

それ自体は別に悪いことではありませんが、あまりにもそうした思考に慣れすぎると、自分の中にある純粋な衝動を感じ取れなくなります。

「何の役に立つのか」という疑問を立てる前にただ行動する、その純粋さの先にあるものが、

あなのなかから みる そらは、いつもより もっと あおく もっと たかく おもえた

という光景です。

 

これは、見ようと思って見られるものではありません。

見返りや期待や打算を飛び越えて行動した者だけが辿り着くことのできる視座なのです。

 

これは、子育てに関しても当てはまることです。

子どもの教育に熱心な親は大勢いますが、彼らは将来的に子どもが思うように育たなかった時、後悔したり恨んだりしないでしょうか。

 

けれども、本当に見返りを期待せずに子どものために行動した者は、最終的には子どもに左右されることのない、自分の人生を手に入れるはずだと思うのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

穴だけに深い度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「あな

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「やっぱりおおかみ」【196冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

個性豊かな絵本作家たちの中でも、一際異彩を放つ佐々木マキさん。

作家・村上春樹氏が彼を「永遠の天才少年」と称し、自身の初めての小説のイラストを依頼したことでも知られています。

 

そんな佐々木マキさん、長新太さんや馬場のぼるさんと同じく、前身は漫画家。

「ガロ」という雑誌に、他の追随を許さぬほどに前衛的・実験的な作品を発表していました。

 

「コマとコマの間に関連性がない」漫画、それでいて全体を通して読むとひとつのまとまりが感じられる、詩のような音楽のような漫画は、「難解だ」「漫画ではない」と批判される一方、熱狂的なファンも獲得しました。

 

そんな佐々木さんが、「こどものとも」編集長の松居直さんの薦めによって初めて描いた絵本が、今回紹介する「やっぱりおおかみ」です。

作・絵:佐々木マキ

出版社:福音館書店

発行日:1977年4月1日(こどものとも傑作集)

 

以前から絵本の上質な印刷を羨ましく感じていた佐々木さんは、松居さんの依頼に応じます。

この真っ黒なシルエットおおかみは、佐々木さんが「ガロ」1968年8月号に掲載した「セブンティーン」や、同じく9月に発表した「まちのうま」に登場したキャラクターです。

 

松居さんが「このおおかみを主人公に、絵本が描けませんか」と提案したそうです。

そして絵本を作ったことのない佐々木さんに、松居さんは「こういう絵本があります」と、モーリス・センダックさんの「まよなかのだいどころ」を紹介しました。

 

コマ割りやフキダシなどのコミック・スタイルを取り入れた「まよなかのだいどころ」を読んで、こういうやり方もあるのなら、自分にも絵本が描けるかもしれないと、佐々木さんは創作を開始しました。

 

≫絵本の紹介「まよなかのだいどころ」

 

そして完成したのが、「やっぱりおおかみ」。

佐々木さんの個性が思い切り発揮された、それまでの絵本の枠組みを越えた作品でした。

その内容に「子どもらしくない」との声が(予想通り)多く寄せられたものの、子どもたちには好意を持って受け入れられたのでした。

 

いっぴきだけ いきのこって いた」子どものおおかみが、仲間を探して孤独に街をうろつく、という物語。

兎の町、豚の町、鹿の町などをさまようおおかみ。

 

どこへ行っても怖がられ、避けられます。

おおかみは、ひとこと「」と、フキダシで発します。

この「け」という言葉も、味わい深いものです。

強がり、諦め、侮蔑、寂しさ……様々な感情を含んでおり、同時に「け」という音でしかないとも取れます。

 

おれに にたこは いないかな

と彷徨い続け、

おれに にたこは いないんだ

と悟るおおかみの、壮絶とも言える孤独。

 

しかし、その認識は、むしろおおかみを「なんだかふしぎに ゆかいな きもち」にさせるのです。

飛んでいく気球を見ながら「」と呟くおおかみ。

この「」は今までの「」とはまた違った意味合いを感じさせます。

 

★      ★      ★

 

悩んだ先にある、これまでと違う景色。

確かに子ども向けとは言えないかもしれません。

 

でも、子どもも大人も、絵本の内容すべてを理解しなければならないわけではありません。

大切なのは心に何かが残ることです。

 

「自由」とひとは簡単に口にしますが、本当に精神的に自由なひとは、そういるわけではありません。

自由な表現を試みれば、それは大抵の場合理解されず、時には批難されたりします。

自由であることは、「個」になることを意味します。

 

やっぱり おれは おおかみだもんな

おおかみとして いきるしかないよ

 

というおおかみの言葉は、常識の枠を飛び越えるような作品を描き続けた佐々木さん自身の声なのかもしれません。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

うさぎの目が怖い度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「やっぱりおおかみ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com