【絵本の紹介】「ピン・ポン・バス」【266冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は「ピン・ポン・バス」を紹介します。

作:竹下文子

絵:鈴木まもる

出版社:偕成社

発行日:1996年10月

 

私は公共交通機関が苦手で、あまり利用しません。

特にバスを個人的に利用することなどほとんどありませんでした(どこに連れて行かれるのか全然わからないから)。

 

バスのありがたさが初めてわかったのは息子が生まれてからです。

便利だし、安いし、息子も喜ぶし。

 

バス絵本はいつの時代も人気ですが、この「ピン・ポン・バス」は、乗り物の仕組みや構造に特化した絵本とは違い、バスという共同体の中のドラマを見せてくれます。

それが実に人情味豊かで、懐かしくて、温かい。

花見駅」という架空の駅前のバス停から出発して、だんだんと田舎の方を走る「ピン・ポン・バス」。

乗る人、降りる人のそれぞれの日常や生活が垣間見えます。

 

おじいさんがタラップを降りるのを助けてくれる乗客、ペットの犬に近寄る小学生たち、散乱した荷物を拾ってあげる人々。

そしてお約束的な、乗り遅れた人を待ってあげる運転手さん。

この運転手さんはただバスを運転するだけではなく、ひとりひとりのお客さんに向き合って仕事をしています。

忘れ物を走って届けてあげたり、子どもに手を振ったり。

 

こういう運転手さん、今もいるのでしょうか。

都会では時間に急き立てられて、こうした余裕もないのでしょうか。

終点に近づくと、あたりはすっかり田舎。

夕暮れの山道を、ピン・ポン・バスは折り返して帰って行きます。

帰りはどんな人が乗るのかな、と想像しながら。

 

★      ★      ★

 

作者の竹下さんと鈴木さんはご夫婦です。

この他にも多数の絵本を共作しています。

 

二人の息子さんが乗り物マニアで、図鑑ばかりを読まされるのが退屈になった竹下さんが「お母さんも楽しめるような乗り物絵本があれば」と考えたことが「ピン・ポン・バス」を作るきっかけになったそうです。

 

心温まる人情ドラマを軸にしつつも、鈴木さんが細部にわたるバスの描写を描くことで、乗り物好きの子どもの好奇心も十分に満たされます。

最終ページには運転席の図解つき。

 

それに、乗客ひとりひとりの行動や、どこで乗ってどこで降りているかなどを追うのも面白いです。

バスの広告にあるペットショップも、ちゃんと作内に登場してますし。

 

鈴木まもるさんは、絵本作家としての仕事の他に、鳥の巣研究家という変わった顔も持っています。

また、今年亡くなられたかこさとし先生の最後の絵本「みずとはなんじゃ?」では、絵を描くことも困難になったかこ先生に代わり、鈴木さんが絵を任されています。

こちらは、今年の秋ごろに小峰書店より刊行予定です。

待ち遠しいですね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ほっこり度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ピン・ポン・バス

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ダットさん うみをはしる」【262冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はあの日本車ファンタジー大作の続編を紹介しましょう。

ダットさん うみをはしる」。

作・絵:こもりまこと

出版社:教育画劇

発行日:2009年6月20日

 

個人的にも息子的にも大ヒットだった「ダットさん」が、待望のシリーズ化。

 

精緻でありながらどこか懐かしさの漂う絵、そして実在の日本車が続々と登場し、横須賀をモデルにした街を舞台に、スリリングな冒険を繰り広げるという異色の自動車ファンタジーです。

 

≫絵本の紹介「ダットさん」

 

色々と語られない裏設定を想像させる前作だけに、続編でどこまでこの世界の謎が明かされるのかも注目です。

 

冒頭、なんともノスタルジックな「日本の夏」風景が描かれます。

そして新キャラクターの「シマネコはかせ」が登場します。

むかし おじいさんと いっしょに つきのトンネルを つくった」という、やっぱり謎めいた紹介。

エヌコロちゃんはスイカ屋さんになってるし。

 

さらには「ボウイ」という、奇妙なキャラクターも登場。

何者かと思っていると、ダットさんによると、前作で「つきぼしだん」のアジトにいたそうな。

 

え? そんなのいたか?」と思い、「ダットさん」を引っ張り出して確認すると、確かにページの片隅に描かれていました。

でも、この時点ではどう見ても物言わぬ人形が転がっているようにしか見えませんが……。

 

さて、今回の事件もやっぱり(目的がさっぱり謎の)「つきぼしだん」が絡んでいます。

エヌコロちゃんのスイカを盗み、「スイカばくだん」を製造しているというのです。

ダットさんたちはシマネコはかせとボウイの協力でボンベを取り付け、なんと海の底までつきぼしだんを追跡、新たな基地を突き止めます。

ベレジー」「サニトラ」といった日本車キャラクターも登場、名前を語られぬ仲間も含め、大勢で出動し、危機一髪でスイカばくだんを取り戻します。

 

★      ★      ★

 

前作の独特のテイストが失われていなかったのが嬉しい。

やっぱり謎は残りますが、かえってあれこれ想像が膨らみます。

 

シマネコはかせとダットさんのおじいさんの過去の物語を描いたエピソード0なんかも読みたいですねえ。

なかなか続編が出ないですが、今後も大いに期待しています。

 

画面に登場する自動車たち、全部わかったら相当なクルマ好きですね。

夏にぴったりの一冊です。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ボウイが謎過ぎる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ダットさん うみをはしる

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「バムとケロのそらのたび」【243冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は久しぶりに「バムとケロ」シリーズを紹介します。

バムとケロのそらのたび」。

作・絵:島田ゆか

出版社:文溪堂

発行日:1995年10月

 

以前にシリーズ第一作「バムとケロのにちようび」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「バムとケロのにちようび」

 

作品ごとの関連性を見つけ出すのも島田さんの絵本の醍醐味。

一冊でももちろん楽しめるのですが、シリーズ通して読むと面白さは何倍にもなることをお約束します。

 

雨の日の日曜日を描いた前作に続き、今回は「げつようびの あさ」から物語が始まります。

このシリーズは以後、火曜日、水曜日、木曜日……と続いて行きます(ということは、土曜日で完結?)。

 

またなんかおいしそうなものを食べているバムとケロのところへ、バムのおじいちゃんから郵便物が。

中身は「くみたてしきひこうき」。

相変わらず、小物のひとつひとつがおしゃれで可愛い。

ケロちゃんの行動もお約束。

 

バムのおじいちゃんといえば前作で登場した「ふしぎなひこうきじいさん」という本の持ち主。

故人かと思っていたら至って健在らしい。

二人は完成した飛行機に乗って、おじいちゃんの家を目指して飛び立ちます。

たまねぎさんみゃく

りんごやま

かぼちゃかざん

などの難所(?)を通る大冒険。

食事用のケチャップで危機を切り抜け、ついにおじいちゃんとおばあちゃんの家に到着。

おじいちゃんの誕生日を祝うのでした。

 

★      ★      ★

 

前作よりさらに絵の楽しみが増えたように思います。

少なめのテキストに比して、なんと絵の情報量の膨大なこと。

 

「バムとケロ」は二人組として行動しているようで、実は奇妙な生き物たちがいつもどこかにくっついています。

その一人が手のひらサイズの犬「ヤメピ」。

 

最初はぬいぐるみかに見えるんですが、よく見るとちゃんと自分の意思で動いているのです。

その行動は自由そのもの。

 

もう一人の小さな友達、三本耳のウサギの「おじぎ」も、必ずどこかに登場します。

彼らは文中では一切登場しませんから、「絵を読む」ことをしなければ、その存在にすら気づかないかもしれません。

 

でも、一度島田さんの「絵を読み」始めたら、その面白さに虜になってしまうでしょう。

発見はいくらでもあります。

サメかと思ったらペンギンだったり……。

 

島田さんのもう一つのシリーズ「かばんうりのガラゴ」と読み比べるとまた新たな発見があるかもしれませんよ。

 

≫絵本の紹介「かばんうりのガラゴ

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

ケロちゃんのお絵かき大好き度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「バムとケロのそらのたび

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」【233冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は巨匠バージニア・リー・バートンさんによる「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」を紹介します。

作・絵:バージニア・リー・バートン

訳:石井桃子

出版社:童話館

発行日:1995年2月1日

 

バートンさんの描く乗り物絵本では、これまでに「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」「ちいさいケーブルカーのメーベル」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」

≫絵本の紹介「はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー」

≫絵本の紹介「ちいさいケーブルカーのメーベル」

 

乗り物絵本と言い条、どの作品もドラマ性が強く、話も長めです。

しかし、図鑑的な細密性、精緻性も持ち合わせており、子どもの好奇心を存分に満たす内容にもなっているところがポイント。

 

この「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」もその例にもれず、重厚なストーリーに加えて、スチーム・ショベルの働きや各パーツを詳細に解説しています。

特に、見返しの説明図は我が家の息子にも大好評でした。

 

毎回手法を変えるバートンさん。

今回は色彩鮮やかな石版画です。

 

マイク・マリガンは「メアリ・アン」という名前の赤い綺麗なスチーム・ショベルを持っていました。

二人は何年も一緒に働いてきた良きパートナーです。

マイクは「100にんのにんげんが 1しゅうかんかかって ほるくらい」メアリなら1日で掘ってしまう、と自慢していました(もっとも、本当にそんなことをしたことはありませんでした)。

メアリとマイクは観客が多いほど仕事が早くなるタイプ。

今までにたくさんの仕事をこなしてきました。

 

ところが時代の流れとともに新式のガソリンショベルや電気ショベル、ディーゼルショベルが発明され、二人の仕事を取り上げてしまいます。

落ち込む二人でしたが、新聞に、ある町で新しい市役所を建てるという記事を見つけ、自分たちでその地下室を掘りに行こうと出発します。

ポッパビルというその町に着くと、マイクは役人のところへ行き、新しい市役所の地下室を自分たちなら1日で掘って見せると持ち掛けます。

地下室の穴は100人が1週間かかって掘るような仕事です。

役人のスワップさんは信じませんでしたが、

もし、ほれなかったら、かねは はらってもらわなくても かまいません

というマイクの言葉に、とにかくやらせてみることにします。

 

さあ、次の朝早く、マイクとメアリは仕事に取り掛かります。

町の人々が次々と見物に来ます。

観客が増えるほど、二人は早く上手に掘っていきます。

 

時間との戦いの中でも、メアリはきっちりと四角に地下室の穴を仕上げていきます。

日が沈み、立ち込めていた蒸気が消えると、地下室の穴はすっかり完成されていました。

ところがここで問題発生。

なんと、マイクたちはあんまり急いだので、メアリが出る出口を残すのを忘れてしまったのです。

 

途方に暮れる二人と町の人々。

そこで、最初からずっとメアリたちを応援していた小さな男の子が妙案を出します。

それは……。

 

★      ★      ★

 

バートンさんの最初の絵本「いたずらきかんしゃちゅうちゅう」は彼女の長男のアリスへ、そしてこの「マイク・マリガンとスチーム・ショベル」は次男のマイケルへ捧げた作品です。

ポッパビルの男の子はどうやらマイケルがモデルのようですね。

 

バートンさんの乗り物シリーズにはもう一つ共通項があって、主人公である乗り物「ちゅうちゅう」「けいてぃー」「メーベル」「メアリ・アン」はどれも女性なんですね。

力強い機関車やショベルカーなどは男性的イメージで捉えがちですし、実際に世の絵本のほとんどがそれらを男性キャラクターとして登場させているのに対し、古典の部類に入るバートンさんの絵本ではその逆を突いているところが面白いと思います。

 

彼女が何を考えてそうした設定にしたのかは私は知りませんけれど、結果として女の子が読む場合でも感情移入しやすくなっているかもしれません。

もっとも、乗り物好きの子どもは、そんな点はさほど気にもせず、ごく自然に受け入れるでしょうけど。

 

バートンさんの絵本には蒸気機関に代表される「古き時代」が「新しい時代」に取って代わられるという話型が多く見られます。

確かに煙を吐き出す蒸気機関は環境にも悪いし、技術の発展と共に淘汰されていくのが定めです。

しかし、その一方で、その黒い煤にまみれた機械と人の間には、現代には失われたつながりのようなものがあったのかもしれません。

 

そう言えば、バートンさんは大変なチェーン・スモーカーで、そのために59歳で肺がんで亡くなっていますが、最近では喫煙家も段々と肩身が狭くなっているようです。

それもまた時代の流れでしょうけど、バートンさんが生きていらしたら、どんな風に感じるのでしょうか。

彼女の絵本に頻繁に描かれる「煙の絵」を見ると、ふとそんなことを考えたりします。

 

推奨年齢:6歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

転職の意外性度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「マイク・マリガンとスチーム・ショベル

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「もりたろうさんのじどうしゃ」【226冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

高齢者にいかにして免許を返納してもらうか、という昨今の風潮に真っ向から逆らった(1969年の作品ですが)素敵な絵本を紹介します。

もりたろうさんのじどうしゃ」です。

作:大石真

絵:北田卓史

出版社:ポプラ社

発行日:1969年6月

 

大石真さんと北田卓史さんの共作では、他に「チョコレート戦争」や「さとるのじてんしゃ」などがあります。

大石さんは同じ児童文学作家の寺村輝夫さんと親交が深く、寺村さんの才能を最初に見出したのも彼でした。

 

≫絵本の紹介「ぞうのたまごのたまごやき」

 

北田さんは可愛いけれどちょっと無機質な目をしたキャラクターイラストが特徴。

乗り物の出てくる作品が多いです。

 

郵便局に勤めるもりたろうさんは、毎日毎日徒歩で郵便を宅配しています。

今では考えられませんが。

 

いいお年のもりたろうさんにはなかなか辛いお仕事のようで、自動車での郵便配達を夢見ています。

60歳で定年になると、「これから じどうしゃを ならうぞ」。

 

もう仕事をしなくていいのに。

どうやら、自動車を運転すること自体に憧れていた様子。

奥さんは心配しますが、もりたろうさんは教習所に通い始めます。

苦労の末、ついに免許を取得。

 

早速中古車を買いに行きますが、どれも高くて手が出ません。

すると、一番隅っこに格安の「おんぼろの じどうしゃ」を見つけます。

もりたろうさんは自分でおんぼろじどうしゃを修理し、ペンキを塗り替え、綺麗に洗います。

 

ある日、息子夫婦と孫に会いに、もりたろうさんは自動車で町まで出かけることにします。

途中で怪我をした犬を道連れに、自動車は町に辿り着きます。

 

しかし、自動車の水を汲みにもりたろうさんが離れた隙に、二人組の銀行ギャングが逃げてきます。

無人のおんぼろ自動車を見て、これ幸いと乗り込むギャングたち。

ところが中にいた犬にかぶりつかれ、自動車ごと川にはまってしまいます。

 

ギャングたちはお縄となり、一件落着。

もりたろうさんは銀行員たちに感謝されますが、大切な自動車が廃車となってがっかり。

 

でも、次の朝・・・。

 

★      ★      ★

 

ロングセラー絵本には、いつ読んでも古さを感じさせない作品が多い一方、この「もりたろうさんのじどうしゃ」のように、はっきりと時代を感じさせる作品もあります。

 

それは単に古い型の自動車が登場するからではなく、自動車(機械)と人間の関わり方を描いているからだと思います。

おんぼろの中古車をもりたろうさんが大切に磨き上げるシーンは私も特にお気に入りですが、こういう風に愛車と情緒的に関わる男性は、昔に比べれば随分と減ったのではないでしょうか。

 

今時の車は、乗り手が自分でメンテナンスするような部分はほとんどありません。

自動車は商品であり、欠陥があればメーカーが修理するか、買い替えるかです。

そしてまた、そうやって消費サイクルが回るほうが、業界にとっても都合がいいようです。

ずっと同じ自動車を丁寧に大事に乗り続けると、かえって部品代やら修理費のほうが高くついたり。

 

でも、中古車バーゲンの片隅に、ろくに手入れもされずに放り出されていたおんぼろ自動車を買い取り、自らの手で大事に補修したもりたろうさんの嬉しそうな表情は素敵です。

北田さんがあとがきで書いているように、川に落としてしまったのは本当に残念です。

 

この絵本は人と車が情を通わせることのできた時代の名残りを感じさせ、それが大人の男にとってはある種のノスタルジィを呼び起こすのかもしれません。

 

古い絵本を色々と読み比べてみると、時代が変わっても普遍的なものと、時代と共に目まぐるしく変わっていくものの違いを見ることができます。

そして改めて、

なにを あんなに あわてて いるのだろう

というもりたろうさんのセリフが、やけに象徴的に聞こえるのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

レトロ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「もりたろうさんのじどうしゃ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com