【絵本の紹介】「じんべえざめ」【283冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

鳥取県の河口にジンベエザメが迷い込んだという珍しいニュースが流れていました。

残念ながら死んでしまったようです。

 

ジンベエザメは基本的に温かい地域の海に生息、成長すると12メートル以上にもなるという最大の魚。

その巨大さから哺乳類と誤解しがちですが、魚類です。

私は海遊館で何度か見ましたが、他の小さな魚たちと同じ水槽に入れて大丈夫かなと心配になったものです。

 

しかし、ジンベエザメはとても大人しい性質のサメでして、エサも海中の微小なプランクトンなんですね(それであの巨体)。

飼育員のダイバーが近くを泳いでいても怖がりません。

今回はそんな人気者への賛歌的絵本「じんべえざめ」を紹介しましょう。

作・絵:新宮晋

出版社:扶桑社

発行日:1991年4月5日

 

作者は風や水などの自然の力で動く彫刻芸術家の新宮晋さん。

以前このブログで彼の絵本デビュー作「いちご」を取り上げました。

 

≫絵本の紹介「いちご」

 

新宮さんの独自の絵本の作り方は「いちご」と同様で、日本語と英語の二か国語のテキストで読めます。

新宮さんならではの自然を内側から見つめるような深い眼差しと詩的な言葉。

それに武骨で迫力満点のイラストも健在です。

 

光あふれる海

とつぜん巨大な影が

どーんと現れる

小さな耳 やさしい目

そして とてつもなく大きな口

白い気球のようなおなか

重い体重をささえる山脈のような背中

ゆったりとしたテンポで読み進めていくと、雄大なじんべえざめと一緒に海を泳いでいるような気持ちに。

水の惑星 私たちの地球

 

★      ★      ★

 

全編通して青と黒のモノトーンですが、不思議と暗い印象は受けません。

むしろ海面からのまばゆい光を感じます。

 

魚とは不思議な存在です。

空気と光が無ければ生きていけない人間や動物にとって、深い海の底は死の世界です。

 

けれど、このじんべえざめが棲んでいる海よりももっともっと深い深海の底の底のような場所でさえ、生きている魚がいるのです。

人間は宇宙のこともまだまだわかっていませんが、実はそれ以上に地球のこともわかっていません。

 

悠々と泳ぐ巨大なジンベエザメを見ていると、彼らが人間よりも劣った生物であるどころか、実は神のごとき存在なのかもしれないとさえ思えることがあります。

 

どんなに文明が進んでも、人は自然への畏敬の感情を失くすべきではない。

新宮さんの絵本からは、そんなメッセージが感じられるのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

じんべえざめの頼もしさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「じんべえざめ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「クマよ」【278冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はアラスカの雄大な自然に生きるクマ(グリズリー)を追いかけ続けた写真家・星野道夫さんによる写真絵本「クマよ」を紹介します。

文・写真:星野道夫

出版社:福音館書店

発行日:1999年10月31日(たくさんのふしぎ傑作集)

 

星野さんは1996年にTV番組の取材のため滞在していたロシアのカムチャッカ半島でヒグマの襲撃に遭い、亡くなりました。

この作品はその後、星野さんの遺稿やメモをもとに作られた最後の写真絵本です。

 

「写真」絵本とは何か、ということについては、このブログでも何度か触れました。

繰り返しになりますが、単に絵の代わりに写真が使われているという問題ではなく、私はそこに物語が読めるかどうかがポイントだと考えています。

 

そういう意味で、「クマよ」は突出した物語性を持つ傑作だと言えます。

私はもう、1ページ目からただごとじゃない衝撃を受けてしまいました。

いつか おまえに 会いたかった

 

この一文と、クマのアップだけで、作者の内奥から抑えようもなく湧き上がってくる想いが伝わり、圧倒されます。

テキストは全編通して、作者のクマに対する呼びかけで構成されています。

 

その文が素晴らしい。

写真家・探検家でありながら、随筆作品も発表されているのも頷けます。

魂を揺さぶるような詩です。

 

遠い 子どもの日 おまえは ものがたりの中にいた

ところが あるとき ふしぎな体験をした

町の中で ふと おまえの存在を 感じたんだ

 

気がついたんだ おれたちに 同じ時間が 流れていることに

おれも このまま 草原をかけ おまえの からだに ふれてみたい

けれども おれと おまえは はなれている

はるかな 星のように 遠く はなれている

アラスカの限りなく広がる美しい自然。

そこでの四季の移り変わりとクマたちをファインダー越しに追い続ける作者。

しかしいくらその姿を写真に捉えようとも、決して手の届かぬ存在への身をよじるような憧憬と渇望。

畏敬と畏怖。

 

冬の しずけさに 耳をすます

おまえの すがたは もう見えないが

雪の下に うずくまった いのちの 気配に 耳をすます

 

★      ★      ★

 

日本人にも馴染みの深いクマ。

他の動物に比べ、絵本での登場頻度も多く、その愛らしい姿からマスコットキャラクター化されることも飛び抜けて多いです。

 

その一方で、クマはペットにも家畜にもならず、人間とは一線を引き続けます。

日本でも、毎年クマに襲われて命を落とす人が出ます。

 

そんな近くて遠い野性への焦がれるような思いに突き動かされて、作者はシャッターを切り続けたのでしょう。

 

人間は思考力を手に入れ、自我意識を持ち、自由へと近づきます。

しかしそのことにより、自然から切り離されたような疎外感を感じずにはいられません。

 

人間よりも遥かに強く自然と結びつけられている野性動物を見るとき、その感情はさらに強く私たちを揺さぶります。

芸術家とは、そういう感性を人よりも遥かに強く持ち、そしてそれを外に表現せずにはいられないような人間です。

 

我々はそんな当たり前の事実を忘れ、写真家とは単に写真についての知識を持ち、撮影技術を持っただけの「商売人」のように考えていることがあります。

まあ、現代にはそういう写真家もいるかもしれませんが、少なくともこの作者が「芸術家」であったことは、この作品を読めば容易に理解できるはずです。

 

推奨年齢:10歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

クマへの憧憬度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「クマよ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ちいさな島」【265冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は1947年度コールデコット賞を受賞した「ちいさな島」を取り上げます。

作:ゴールデン・マクドナルド

絵:レナード・ワイスガード

訳:谷川俊太郎

出版社:童話館

発行日:1996年9月10日

 

作者のゴールデン・マクドナルドさんって誰?

と思ったら、カリスマ絵本原作者、マーガレット・ワイズ・ブラウン御大のペンネームのひとつでした。

 

ブラウンさんについては過去記事で何度か触れましたので、詳しくはそちらをご覧ください。

 

≫絵本の紹介「おやすみなさいおつきさま」

≫絵本の紹介「ぼくにげちゃうよ」

 

そして、絵師のレナード・ワイスガードさん。

ブラウンさんとの共作が最も多い作家さんではないでしょうか。

ブラウンさんの詩的な文章に、美しく印象的なイラストを描いた絵本を多数発表しています。

 

さて、この「ちいさな島」ですが、ちょっと変わった構成になっています。

前半は「ちいさな島」の自然や情景を、歌うように描写します。

言葉も絵も美しいですが、どちらかというと淡々とした写生で、詩のような絵本なのかな、と思わせます。

魚や野花、ロブスターやアザラシ、カワセミやカモメなど、島を取り巻く生き物たち。

 

しかし後半、いっぴきの子猫が家族(人間)と一緒に島にピクニックに来ると、それまでの写生風の記述は終わり、なんと「ちいさな島」と子猫が会話を始めます。

ちなみにこの猫だけはデフォルメされて描かれています。

 

子猫と島との会話は、どこか哲学的なテーマを含んでいます。

子猫は自分も小さな島のようなものかもしれないが、「ぼくは この おおきな世界につながってる」と、島との違いを挙げます。

 

しかし島は「わたしだって そうだ」と言います。

子猫は「いいや ちがうね」「水にうかんで、きみは じめんから きりはなされている」と反論します。

島は「さかなに きいてごらん」。

そこで子猫は魚を捕まえて、脅迫混じりに質問します。

魚は海の底でどんなふうにすべての地面が一つにつながっているかを語ります。

 

子猫は目を輝かせ、魚の言ったことを信じます。

 

子猫が帰った後、また本文は島の自然描写に戻ります。

そして最後に、印象的な一文で締めくくります。

 

★      ★      ★

 

自然賛歌的絵本ですが、同時に自己や生命についての哲学的命題も含んでいます。

 

子猫は「自分」と「世界」を切り離して考え、「足の裏」(あるいは毛皮)で世界と繋がっていると思っています。

それは自我が芽生え始めた子どもの素朴な認識です。

 

しかし一方に小さな島を一個の生命として対比させることにより、子猫の考える自分と世界との「境界線」は揺らぎます。

 

ここでは島が自我を持っているように描かれていますが、島の生命を形成するものは、作中に繰り返し登場するたくさんの生き物たちや、緑や、岩であると考えられます。

そうすると逆にまた、子猫を構成している毛皮や目や耳や尾、細胞のひとつひとつも、生命であると気づきます。

 

それらは子猫にとっては意思を持たないような存在でありながら、確かに自分の一部なのです。

子猫は自分が独立した存在であると同時に世界と繋がっているということを無邪気に信じていましたが、大きく考えれば、生命そのものには境界線がないとも言えます。

 

宗教的な話になってしまいますが、ここで重要なのは、こうした思考によって子猫(=子ども)の認識レベルのステージが上昇したということです。

子猫は島との対話を経て、確実に成長するのです。

 

それは別に「島が水に浮いているわけではない」という科学知識をひとつ覚えたというような次元の話ではありません。

「この世界は自分の見たまま・感じたままの範疇に収まっている」という子どもらしい素朴で傲慢な認識から脱却し、知性の射程を広げたということです。

 

子猫は魚の語ることを「信じる」ことによってその成長を成し遂げます。

それは盲信的態度ではなく、真実への「畏怖」と自分の無知を受け入れる「敬虔さ」です。

 

現代では宗教というのは敬遠されがちですが(無理もないとは思いますが)、子どもの成長に関して宗教が果たすべき役割とは、本来的には上記のような感情を育成することではないかという気がします。

 

科学は素晴らしいものだし、重要なものですが、科学知識だけでは「人間性」は達成されません。

絵本の持つ力や役割というのも、そのあたりにあるのではないでしょうか。

 

推奨年齢:5歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

考えさせられる度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ちいさな島

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ピンク、ぺっこん」【242冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は村上康成さんの「ピンク、ぺっこん」を取り上げます。

作・絵:村上康成

出版社:福武書店

発行日:1983年10月10日

 

現在は徳間書店から発行されています。

この「ピンク、ぺっこん」は「ヤマメのピンク」シリーズ第一作にして、村上さんのデビュー作になります。

 

初めて手に取った時、色んな意味で「うおお」と唸らされた作品です。

以後の村上作品にも共通する、自然に対する透徹した目線が、このデビュー作ですでに確立されています。

 

これはあらすじを紹介してどうこう言う絵本ではないので、私が「凄いな」と思った場面を中心に、各カットを見て行きます。

 

主人公のピンクはヤマメの子ども。

まずヤマメという名前からして、あまり耳馴染みがないのですが、サケ科の魚だそうです。

ピンクの ひれが じまん」のピンクですが、さほどまっピンクというわけではなく、大勢の群れの中ではぱっとは識別できないように描かれています。

 

強めにデフォルメされた絵ですが、不思議とリアルな自然の日常が読み手に伝わってくるところが凄い。

いつも腹を空かせたヤマメの群れ。

どこかにエサになる虫はいないかと泳ぎ回っています。

 

ピンクはおいしそうな虫を発見しますが、横から大きなおばさんヤマメにかっさらわれてしまいます。

子どもだからといって、譲ってはくれないのです。

そしてこのパノラマ画面も凄い。

いったいどういう視点? な構図ですが、迫力があり、必要なものはすべて描き込まれています。

 

水上を飛ぶカゲロウに食いつこうとするピンクですが、イワナのおじさんにまたもや横取りされます。

しかし、そのイワナも次の瞬間にはヤマセミに捕まって食べられてしまいます。

大人でもドキッとさせられる一瞬。

弱肉強食の厳しさをあくまでも淡々と描くところが村上クオリティ。

 

突き放しているわけでもなく、自然を賛美している風でもない。

この「さりげなさ」が、かえって自然の厳しさ・美しさを際立たせています。

 

この後、ピンクは人間に釣り上げられてしまいますが、本気で助からないバッドエンド絵本かと思ってしまいました。

でも、小さな子どもゆえに、ピンクは放してもらえます。

最後は、夕刻のカゲロウの大群を、ピンクたちが奪い合って喰らう場面。

小さな生命の獰猛さに圧倒されます。

 

対比的なラストの静けさは、実に美しい。

おやすみ ピンク。あしたも たくさん たべなさい

の一文が効いています。

 

村上さんは根っから釣り好きで、小学校以来虜になっているというヤマメを主人公にしてこの「ピンク」シリーズを描き始めたそうです。

釣りの他に野球も大好きで、有名な絵本作家さんたちで結成された野球チームのコーチも務めます。

 

まあ、机に向かっているだけでは、とてもこんな絵本は描けないでしょうね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

さりげなくドラマチック度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ピンク、ぺっこん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ぼく、だんごむし」【235冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

子どもの頃、虫は好きでしたか?

カブトムシ、クワガタ、セミ、トンボ……。

 

そういう大御所に比べれば目立たないけれど、子どもに人気のある虫と言えば、だんごむしではないでしょうか。

割と簡単に発見できて、観察してて面白い。

見た目もあんまり気持ち悪くなくて、触りやすいし。

 

しかし、その生態については意外と知られていません。

かくいう私も、この絵本を読んで初めて知ったことがたくさんありました。

ぼく、だんごむし」です。

作:得田之久

絵:たかはしきよし

出版社:福音館書店

発行日:2005年4月15日(かがくのとも傑作)

 

作者の得田さんは昆虫少年として幼児期を過ごし、大学時代に昆虫を描き始め、虫に関する絵本を多数発表しています。

どれも深みがあって、大人でも「へえ」と面白く読める作品ばかりです。

 

得田さんは自分でも絵を描きますが、この「ぼく、だんごむし」では、たかはしさんに絵を任せています。

色鮮やかなコラージュで描かれた虫の絵は程よくリアルで美しく、虫嫌いの人にも読み易いと思います。

文はだんごむしくんの一人称で、自己紹介的に語られます。

林や草むらより、町中のほうが棲みやすいというだんごむし。

 

その理由は、彼らのえさ。

枯れた植物や虫の死骸に加え、人間の出す新聞紙や段ボール、コンクリートや石まで食べるのです。

だから、人間の暮らしているところのほうが棲みよいのですね。

敵に襲われたら、その名の通り、体をボールみたいに丸めて身を守ります。

これは有名。

 

でも、脱皮した抜け殻を食べたり、白っぽい赤ちゃんを産むことなどはあまり知られていないのではないでしょうか。

この図はちょっとキモチワルイですが。

そして、意外と盲点なのが、だんごむしが実は昆虫ではないということ。

そう言われたら、足の数が違いますね。

 

なんと、彼らは「かにや えびの なかま」の甲殻類。

水にも強いのです。

 

★      ★      ★

 

いかに自分が何にも知らないかを痛感する一冊でした。

だんごむしのあっぱれな食欲、生命力。

 

単に面白がって虫遊びをするところで終わる子どもと、飽くなき探究心を発揮して、深い科学知識を求める子どもの分水嶺はどこにあるのでしょう。

これは結構大事なところのような気がします。

 

ある程度のところで「まあいいか」と納得するか、とことん調べて、考え抜くか。

わからないことや疑問に感じたことを、そのままにしておいて平気な人と、そうでない人。

そういう姿勢の違いが、その後の人生の様々な場面で、大きな差になるのかもしれません。

 

「すぐに調べる」ことが習慣となっているかどうか、そして「調べる方法」を知っているかどうか。

子どものうちに、「調べて納得する」経験を何度も積んでおくことは、非常に重要だと思います。

 

それをサポートする周囲の大人の役割も大きいでしょう。

子どもの知識欲や探究心に火がついている状態を見逃さず、的確に知的な成功体験をさせてやることが求められます。

 

我が身を振り返ればわかると思いますが、子どもが内面にそうした炎を宿す時間はとても短いものです。

その「旬」を逃してしまえば、もう一度点火することは難しくなります。

けれども、どの子どもにも一度は必ず、その「旬」は訪れるはずです。

 

どんなに忙しくとも、子どもの発する質問には真摯に答えてやりたいものです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

目からウロコ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ぼく、だんごむし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com