【絵本の紹介】「しずくのぼうけん」【277冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回はポーランドのロングセラー科学絵本「しずくのぼうけん」を紹介します。

作:マリア・テルリコフスカ

絵:ボフダン・ブテンコ

訳:内田莉莎子

出版社:福音館書店

発行日:1969年8月10日

 

しずくから棒状の手足が伸びただけのシンプルなデザイン。

子どもが入って行きやすい絵です。

 

れっきとした科学絵本ではありますが、少しも難しいことは書いていません。

とにかく主人公のしずく(女性)の目まぐるしい冒険にワクワク・ドキドキ、そしてしずくの自由自在な変化が痛快です。

文章はやや長めですが、名翻訳者・内田莉莎子さんによるテンポのいい訳文で一気に読めます。

 

ある すいようびの ことだった むらの おばさんの バケツから ぴしゃんと みずが ひとしずく とびだして ながい たびに でた ひとりぼっちで たびに でた

 

こんな具合に5・7・5調の心地よいリズムが続くんですね。

泥水に混じったり、太陽に照らされて蒸発したり。

雲の上で雨粒になったしずくは、怖い黒雲に再び地面に戻されます。

 

そして今度は寒い夜に氷のかけらに変身。

小川に転げ落ちて水道管に入り、民家へ。

息をつく間もない展開が読者を引き付けて離しません。

何度も状態変化を繰り返し、どんな環境でも生き延びるしずく。

水は不滅なのです。

 

★      ★      ★

 

幼い子どもにとって、水はもっとも身近な自然観察の対象です。

水が蒸発して見えなくなるということを、この絵本は非常にわかりやすい物語の形式で教えてくれます。

 

そこから学べることは、単なる科学知識だけではありません。

目の前にある水は、見えなくなってもちゃんと存在しており、ずっと「旅」を続けているのだという、壮大な物語の想像力を受け取ることができるのです。

 

今、ここにある水は、いつか遠い異国を旅して辿り着いた「しずく」なのかもしれない。

消えてしまっても、見えなくても、必ずいつかは再び大地に戻ってくる。

 

大げさに思われるかもしれませんが、この科学的事実から、人間は「見えないものを見る」力、そして「輪廻転生」の概念をも受け取ることが可能なのです。

 

頭の固い大人たちは、「子どもには実証された科学知識だけを教えるべき」だと思い込みます。

しかし現実には、人間が生命力を得るのは、豊かなイメージの世界からなのです。

「水の不滅性」から、子どもはどれほど力強いイメージを受け取ることでしょう。

それこそが、彼らの長い人生においての真の礎となるのです。

 

正しい自然法則から、美しい想像の世界へ橋を架ける時、科学知識は初めて生命を吹き込まれます。

その崇高な架橋に成功したからこそ、この絵本は世界中で愛され続けているのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

しずくのネガティブ思考と立ち直りの早さ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「しずくのぼうけん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「おっぱいのひみつ」【234冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は月刊科学絵本「かがくのとも」傑作集より、「おっぱいのひみつ」を紹介します。

作・絵:柳生弦一郎

出版社:福音館書店

発行日:1991年3月6日(かがくのとも傑作集)

 

人体に関する絵本を、平易な文章とインパクトのある絵で描くスタイルの柳生弦一郎さん。

ところどころに「おふざけ」要素を交えながら、実は至って誠実な科学絵本です。

 

どうして おとこのひとは ブラジャーをしないの?

だって、おっぱいが おおきくないもの

 

子ども目線の素朴な疑問からスタートし、「おっぱい」とは何かに迫ります。

女の人のおっぱいが大きいのは、「あかちゃんに おちちを あげるため」。

その準備として、10歳ごろからおっぱいが膨らみ始めるのだということを教えてくれます。

母乳の出る仕組みについても(とても精密な図とは言えませんが)図解で説明。

 

そして、おっぱいが単に赤ちゃんの食事としての機能だけでなく、「心の栄養分」でもあることに触れます。

それはスキンシップの重要性に繋がります。

乳房に吸い付いたり、舐め回したり、手でぎゅっと触ったりすることは赤ちゃんにとってもお母さんにとっても「とても だいじなこと」。

あったかくて やわらかくて とても いいきもち!!

 

★      ★      ★

 

どの家庭もそうでしょうけど、授乳に関しては、我が家も色々と思い出があります。

産まれたばかりの息子は口が小さくて、うまく母乳を吸えませんでした。

加えて、妻の母乳の出も良くなく、粉ミルクに頼らざるを得ない状況でした。

 

この絵本で言及されているように、授乳行為が重要なスキンシップであること、それが赤ちゃんの情緒面の発達にとって非常に良い影響を及ぼすことは広く知られています。

息子が生まれる前から、妻はできることなら100%母乳で育てること、そして自然に乳離れするまでは母乳を与え続けることを望んでいました。

 

しかし、上記のような事情に加え、数時間おきの授乳による睡眠不足、産後うつ、さらに息子には乳首を噛む癖があって、それがとんでもなく痛いというので、結局1歳過ぎたころに断乳しました。

 

それは仕方のないことでしたが、妻は今でもそのことを悔やむことがあります。

息子の反抗がひどい原因はそこにあるんじゃないか……などという考えがよぎったり。

 

でも、それはあまり生産的でない考え方だと思います。

母乳育児は素晴らしいことには違いありませんが、それが全てではないし、それだけが問題なわけがありません。

 

母乳に限らず、育児に関する母親の神秘性みたいなものを賛美し過ぎると、結局のところ母親一人に負担がかかり過ぎるし、ひどい場合には子育てに積極的でない女性に対するバッシングに繋がったりします。

 

子どもをどう育てるかについての判断は最大限個人の自由に委ねるべきだと思います。

「母乳が素晴らしい」と言うことと「母乳で育てなければならない」と言うことは全然違うことです。

 

この絵本の巻末の「おかあさんによんでもらうページ」には、八王子中央診療所所長の山田真氏の文が掲載されています。

そこに「あかちゃんにおちちをあげることのできないおかあさん」について、「人間はひとりひとりちがっているのですから、そういうおかあさんがいても、ちっともおかしくはないのです」と書かれています。

 

読み聞かせをする際には、必ずこの最終ページを併せて読んで下さい。

この一文があることで、この絵本は真に科学的でありうるのだとさえ言えます。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

照れずに読もう度:☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「おっぱいのひみつ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「せいめいのれきし」【200冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は200冊目に相応しい超大作絵本を紹介しましょう。

絵本界に屹立する巨匠、バージニア・リー・バートンさんが8年の歳月をかけて完成させた「せいめいのれきし」です。

作・絵:バージニア・リー・バートン

訳:石井桃子

出版社:岩波書店

発行日:1964年12月15日

 

我が家の息子が、私が仕事に行こうとするたびに泣いてしがみついてくる時期がありました。

なんとか納得してもらうために、「絵本一冊だけ読んでから行くね」と言ったりすると、そういう時の息子は必ず長めのおはなしを選んで持ってきたものです。

その中でも、「さすがに勘弁してくれ」と思ったのが、この「せいめいのれきし」です。

 

とにかく長い。

そして、絵の情報量も物凄い。

大人でも、じっくり読めば1時間以上はかかります。

 

バートンさんについてはこのブログでも何度か取り上げていますが、科学者の父と音楽家の母を持ち、その作品は知的で精密でありながら、全編が楽しい音楽的リズムに貫かれています。

この作品は、そんな彼女の集大成ともいうべき絵本です。

 

劇場で上映される、全五幕からなる壮大な劇。

内容は太陽と地球の誕生から始まり、現在までの生命の進化と変化。

私たちは観客となり、学者たちのナレーションに耳を傾けます。

なかなか難しい内容なのですが、バートンさんは妥協をしません。

それは子どもの知性に対する信頼と敬意があるからこそです。

専門的な言葉や理論が理解できなくとも、ここには何か「ただごとではない」スケールの物語が描かれていることを、子どもは直感します。

 

そう、これは科学絵本であり、図鑑のような絵本でもあるのですが、その本質は「物語」です。

この絵本が上梓されたのが1962年、それから科学研究はどんどん進み、今では様々な新しい知見が発表されています。

それに従い、2015年に「せいめいのれきし 改訂版」が新たに出版されました。

 

これは恐竜学者の真鍋真氏の監修で、現在の学説をもとに修正・加筆されたものです。

例えば、上のプロローグでの太陽系の惑星から冥王星が削除され、2幕4場の恐竜絶滅のシーンには隕石衝突説が加筆されています。

 

学説は常に古くなり、図鑑などは書き換えられるべきものですが、芸術や文学は普通、「古くなったから新しくしよう」とはなりません。

なのにこの絵本がわざわざ「改訂」されたというのは、それだけ科学的・学術的要素の濃い作品だからでしょう。

 

しかし前述したように、私はこの作品の本質は物語であると思っています。

生物の進化の歴史が描かれる左画面では、恐竜の骨格が見られますが、これはバートンさんがアメリカ自然史博物館に入り浸りでスケッチされたものです。

ちなみに、本編終了後の見開き画面で詳細に内部を描かれているのが、その博物館です。

よーく探せば、熱心にスケッチするバートンさん本人の姿が確認できますよ。

時間は目まぐるしく進み、ついに舞台には人類が登場します。

物語の時間速度は過去にさかのぼるほど早く、今に近づくほどゆっくりとなっていきます。

 

気の遠くなるような太古の時代から、見覚えのある現代へ。

5幕からはナレーターはバートンさん本人に交代します。

そして、微妙に語り口が変化し、だんだん読み手に「近づいてくる」ような印象を持たせます。

 

ナレーターはこれまでの場面でも「わたしたち」という言葉を使っていますが、それはどこか遠く、人類すべてを代表しての「わたしたち」でした。

しかし5幕以降の「わたしたち」は、バートンさん自身を指しているように思われます。

 

わたしたちは、このふるい果樹園と草地と森を買い、ちいさな家と画室をはこんできて、そのまん中にたてました

 

ここで出てくる小さな家はバートンさん一家の家であり、そしてどう見てもあの名作「ちいさいおうち」です。

「ちいさいおうち」を巡る四季。

 

きょ年のふゆは……とくべつにながい冬でした

きのうは、ほんとにいい日でした

という文章は、延々と続いてきたこの長い生命の物語が、いつの間にか読み手のすぐ間近に、息のかかるような距離に迫っていることを感じさせます。

 

ついに読み手は否応なしに気づかされます。

「これは、わたしの物語だったのだ」

と。

最終場面において、バートンさんはもはや隠すこともなく、まっすぐに読者自身の顔を見つめて語りかけます。

 

さあこれで、わたしのおはなしは、おわります。こんどはあなたがはなすばんです

このあとは、あなたがたのおはなしです

その主人公は、あなたがたです

時は、いま

場所は、あなたのいるところ

 

私は、作者のこの途方もないスケールの仕掛けに、鳥肌が立ちました。

想像力の射程外のような遠い宇宙に始まって、「今、ここ」の「わたし」にまでつながる物語。

人間の歴史がいかに短いものか、そして人間ひとりの一生がいかに一瞬のものか―――。

 

だからこそ、とはバートンさんは口にはしません。

しかし、そこに込められたメッセージは明確です。

さあ、生きなさい」。

 

自分もまた、宏大な生命の流れの一部であり、地球の、そして宇宙の力に貫かれているのだという実感。

専門化し、ぶつ切りにした科学ではこうした実感を子どもたちに与えることはできません。

すべてを呑み込む巨大なスケールの「物語」の力によって、それらは与えられます。

 

人間が他のあらゆる生物と根本的に違っているのは、「物語」によって生命力を高める生き物だという点です。

それは子どもも大人も変わりません。

 

そう考えた時、絵本の持つ役割とか、存在意義というものがおぼろげに見えてくるような気がします。

 

なぜ、子どもに絵本が必要なのか。

どうして子どもは絵本を読んで欲しがるのか。

 

彼らはこれからの長い人生を生きる上での「物語」を欲しているのです。

想像力を刺激し、生命力を高めるような良質の「物語」を与えられるかどうかは、その後の人生を左右するほどに大きな影響を及ぼします。

 

それを知悉し、なおかつ知性・音楽的才能・職人的画力を兼ね備えたバートンさんのような絵本作家は、大げさでなく人類にとって得難い存在だったと思います。

願わくは、これからの時代にも、彼女のような作家が次々と現れて欲しいものです。

 

推奨年齢:小学校中学年〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆☆

スケールのデカさ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「せいめいのれきし

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「まよいみち」【124冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は安野光雄さんの1974年の作品「まよいみち」を紹介します。

作・絵:安野光雄

出版社:福音館書店

発行日:2002年4月1日(かがくのとも特製版)

 

安野さんは、美術のみならず文学や数学にも造詣が深く、その知識を生かした独創的・実験的な絵本を多数発表されています。

このブログでは、以前に「かず」を紹介しました。

≫絵本の紹介「かず」

 

作家の司馬遼太郎さんや数学者の森毅さんとも交流があり、その作風からはいつも落ち着いた知性が感じられます。

そんな安野さんの「まよいみち」、タイトルどおりの「迷路」についての絵本ですが、いわゆるゲームブックではありません。

「迷い道とは何か」を根本的に考察する科学絵本です。

もちろん、安野さんの素敵な絵で、迷路を楽しむこともできます。

難しさを楽しむというより、一種のアート作品としての迷路といった風ですね。

「枝分かれする木」や「橋のかかった町」を例に挙げながら、「一筆書き」の概念までたどり着きます。

ワクワクするような知的展開。

そして最後はこれ。

がいこくの ふるいおてらの かべに のこっていた むかしむかしの まよいみちです

 

芸術を感じますね。

そして、昔の人々が何を思ってこんな迷い道を描いたのか、それも興味を引かれます。

 

★      ★      ★

 

迷路遊びは、数学の得意な子を育てるらしいです。

私も子どものころ、迷路は大好きで、自分でも紙によく迷路を描いて遊んでいました。

数学の成績は惨憺たるものでしたが……。

 

うちの息子も、最近やっと迷路のルールが理解できたようで、色々な迷路絵本を持ち出してきては遊んでいます。

よく見ると、ちょいちょいズルしてますが。

ま、楽しければ何でもよろしい。

 

迷路で遊べる絵本はたくさんあり、最近のものは平面だけではなく立体であったり、一方通行などのルールが設けられていたり、複雑さも色んな段階が用意されています。

でも、こういう形の迷路絵本は他に見ませんね。

安野さんの過去作品は手に入りにくいものも多いので、ファンの方はどうぞ。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

迷路そのものの難易度:☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「まよいみち

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「うんちしたのはだれよ!」【113冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回は、ドイツの作家さんによる、科学的で、高尚で、ためになる、「うんち絵本」を紹介しましょう。

その名も「うんちしたのはだれよ!」です。

文:ヴェルナー・ホルツヴァルト

絵:ヴォルフ・エールブルッフ

訳:関口裕昭

出版社:偕成社

発行日:1993年11月

 

ふざけてませんよ。

もぐらくんは帽子じゃなくてうんちを頭に乗っけてますが、真面目です。

 

……ま、抵抗ある方もいらっしゃるかもしれませんが。

 

「うんち絵本」には色んな種類があって、わりと綺麗な印象でまとまっているものもあれば、どストレートな表現のものもあり、これは後者です。

 

ある日のこと、地面の上に顔を出したもぐらくんに、とんでもない悲劇が(文字通り)降りかかります。

 

なんて ひどいことを!

だれだ、ぼくの あたまに うんちなんか したやつは?

 

というわけで、もぐらくんの犯人捜しが開始されます。

 

通りかかった動物たちに、

ねえ きみ、ぼくの あたまに うんち おとさなかった?

と尋問して回ります。

すると動物たちはそれぞれ、もぐらくんの前でうんちをしてみせます。

自分のうんちの形態が、もぐらくんの頭のものと違うことで、身の潔白を証明するわけです。

この描写がとってもリアル。

 

なおかつ、喩えが食べ物。

ハトのうんちは「ヨーグルト」、ウマは「おだんご」、ウサギは「まめつぶ」、ヤギは「あめだま」……。

最後にもぐらくんが出会ったのは、二匹のハエ。

なんというか、その、お食事の最中。

うんちのことなら彼らに聞け。

ということで、もぐらくんはハエに犯人を尋ねます。

 

ハエたちはもぐらくんの頭の上のものを味見することで、犯人をズバリ言い当てます。

果たして「にくやま にくえもん」とは何の動物……?

 

★      ★      ★

 

私も息子のおむつを替えますけど、最初はやっぱり抵抗ありました。

赤ちゃんのうんちって、真っ黒で粘ついてて。

 

でも、慣れてくると、うんちには色んな情報が詰まっていることがわかります。

 

食べたものがどれくらいで出てくるのか、消化の悪い食べ物は何なのか。

色や硬さに体調の良不良のサインが出ていたり。

 

さらに、子どもとずっと一緒に生活していると、気配でうんちが出ることを察知できるようになります。

そうすると、うんちが愛おしくさえあります。

……まあ、臭いものは臭いけど。

 

うんちは、そこまでタブー扱いされるようなものじゃないはずです。

誰だってするし、しないと大変なことになるわけで。

 

親が子どもの排便に対して嫌悪感を見せたり、ことさらに「汚い」「臭い」と言い過ぎるのはよろしくないでしょう。

おむつに関しても、無理に卒業を急がせると、将来的に異常性癖の原因にさえなる……というのはフロイトの説で、正しいかどうかはわかりませんけど。

 

それを参考にしてるわけではありませんが、我が家ではトイレトレーニングを急いではいません。

 

……でも、いい加減トイレでしてほしいのが本音ですけど、ね。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

「にっくきにくえもん」の原文が気になる度:☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「うんちしたのはだれよ!

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com