【絵本の紹介】「さかな1ぴきなまのまま」【309冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

私の息子も5歳半。

幼稚園にも保育所にも通っていないし、同じ年ごろの子どもがいる近しい親戚もないので、「友だち」と呼べる相手はひとりもいません。

限りなく自己中心的であり、たまに公園なんかで他の子と遊ぶ形になっても、ほんの短い時間だけのことです。

一緒に遊ぶことは楽しい時もあるけれど、むしろ邪魔に思っていることのほうが多そうです。

 

果たしてこれで大丈夫なのか、とたまに考えもしますが、しかし「大丈夫か」とは何が「大丈夫か」なのかと問うてみると、自分でもくだらない心配をしてる気にもなります。

 

友だちなんか成長するうちに自然にできるものだし、できなかったからといってそれが寂しいかどうかは当人の問題です。

考えてみれば小学校に入ったところで、たかだか30人程度の、それも同じ年の人間ばかり集めた集団の中で、必ず友だちを作らなければならないというのもちょっと無理のある話です。

 

それなのに大人たちは躍起になって「友だちを作りましょう」「友だちは素晴らしいもの」「友だちの輪」なんてお節介を焼きたがります。

その結果、友だちがいないことは恥ずかしいことであり、異端であるというような、おかしな偏見が子どもたちに植え付けられます。

休み時間に一人でトイレに行けないような、わけのわからない友だち関係ができたりします。

 

自分の本当の欲求より先に、「友だちがいない」(と思われる)ことへの恐れから、とにかく友だちが欲しいと焦ったり。

まるで結婚しない若者へのプレッシャーみたいな状況が発生するわけです。

実に不自由な国です。

 

今回は「友だち」について考えさせられる佐野洋子さんの作品を紹介します。

タイトルが実に粋ですね。

さかな1ぴきなまのまま」。

作・絵:佐野洋子

出版社:フレーベル館

発行日:1978年12月

 

 

キャンバス地の凹凸を生かした絵。

ねこの表情が凄まじく、謎のタイトルと相まって、いったいどんな内容の本かと手に取らずにはいられません。

そして読んでみないとどんな絵本かさっぱりわかりません。

 

おばあさんと暮らす「げんきな おとこの ねこ」。

この設定、同じ佐野さんの作品「だってだってのおばあさん」と一緒ですが、かと言って同一世界ではなさそう。

作者は「猫とおばあさん」の組み合わせを好んでいるみたいです。

 

≫絵本の紹介「だってだってのおばあさん」

 

さて、このねこの男の子が、「ほんとの ともだち」を探しに行こうとするところから物語は始まります。

ほんとの」なんて言ってるあたり、このねこも自意識過剰でありながら主体的ではなく、いかにも思春期の不安定な動機で友人を求めているようです。

 

おばあさんはあまり感心せず、さりとて止めもせず、「きょうの よるは、 おまえの すきな さかなの しおやき」と言うだけ。

複雑なおばあさんの感情には何も気づかず、ねこは元気に出発します。

 

途中、地面に落ちている縄を見つけますが、それが縄にあらずへび。

ねこはへびが苦手らしく、ぞっとしてその場を立ち去ろうとしますが、このへびはやたら友好的かつ積極的。

とにかくへびを避けたいねこに、礼儀正しい態度のまま、どこまでもついてきます。

 

ちゃんとした」友だちを探しているねことしては、「ひもみたいな」へびは相応しい相手とは思えません。

仲良くなろうとする気配をぐいぐい出してくるへびを振り切って、やっと見つけた二匹の娘のねこに話しかけます。

ところが、勇気を出して話しかけたのに、ねこは笑われ、相手にもされません。

ひどく傷ついたねこに、いつの間にか追いついてきたへびがまた話しかけ、慰めます。

 

それでもねこは一人で歩き出そうとしますが、「なにか」が襲い掛かってきて慌てて逃げ出します。

へびのアドバイスに従い、木の上に上って「なにか」をやり過ごします。

少しずつねこはへびに対する嫌悪や偏見を和らげていきます。

なんとなく離れがたくなって、とうとうへびを家に連れて帰ります。

 

魚の塩焼きを準備していたおばあさんは「こんやは かえらないかと おもった」。

ねこはもじもじしながら、「さかな 一ぴきは やかなくて いいんだ」。

へびは魚は生のまま食べるのです。

 

そこでおばあさんは「さかな一ぴき なまね」。

と台所に戻ります。

 

★      ★      ★

 

ねこが漠然と思い描いていた「ともだち」とは、結局のところ自分の外的な評価や価値を上げてくれるような存在です。

完全に自立し、独立した人間同士としての関係を築くことができないのは、精神的に未熟だからです。

 

よくよく見渡せば、大人になってもいまだにそうした未熟な状態から羽化できないまま、満たされない関係に飢えている人が大勢います。

特に恋愛関係にその性質が表れています。

 

いつまでたっても「個」を扱いかねている社会で、「個」になり切れない大人たちが、子どもたちの友だち関係を心配するなんて百年早いと思うのです。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆☆

「なにか」ってなんだよ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「さかな1ぴきなまのまま

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「ゴムあたまポンたろう」【308冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「ゴムあたまポンたろう」です。

作・絵:長新太

出版社:童心社

発行日:1998年3月25日

 

どうですか。

破壊力抜群のこのタイトル、そしてこの表紙絵。

説明不要の長新太ワールド全開作品です。

 

長新太さんのナンセンス絵本を取り上げることは実に久しぶりですね。

これまで何度かにわたって彼の世界を読んできました。

 

≫絵本の紹介「キャベツくん」

≫絵本の紹介「チョコレートパン」

≫絵本の紹介「ぼくのくれよん」

≫絵本の紹介「ごろごろにゃーん」

 

まだまだ紹介したい長新太作品はあるけれど、結局過去記事の繰り返しになりそうで悩ましいところです。

だいたい、あれこれ解釈したり分析したりすること自体、長さん絵本を「わかってない」ような気すらするのです。

そういう凡人の賢しらを超越したところに彼の絵本は存在します。

 

かと言ってもそれはお高く止まった芸術家とはまったく無縁の、限りなく温かいものです。

だから私も性懲りもなく長さんの作品について語ることができるのです。

 

今回はピンクを基調にした色使いで、丸いスキンヘッド頭で直立不動の姿勢で空中飛行する主人公が描かれます。

その名も「ゴムあたまポンたろう」。

もう、この名前がすべてを表しています。

この少年は頭(だけ)がゴムでできているという、某人気漫画の主人公みたいな能力者。

しかし、その特性の使い方はひたすら受動的。

 

ゴムの弾力の続く限り飛んで行って、頭から墜落してまた反動で飛び上がる、を繰り返すだけ。

落ちて行った先には大抵ヘンなものが待ち構えていて、何だかハラハラします。

ポンたろうはどんなものに当たっても痛くないそうですが、一応飛び上がるには条件があるようで、柔らかいものや尖ったものは苦手。

でも、オバケに当たった時はちゃんと飛ぶんですな。

 

最後はゴムの木の枝で一休みします。

 

★      ★      ★

 

ポンたろうの目的はよくわかりませんが、どうやら彼は旅行しているようです。

色々心配もしつつ、途中の景色や花の香りを楽しんでいるみたいです。

 

しかし、この旅行はやっぱり「受け身」であり、風まかせ(ゴムまかせ?)といった気配です。

してみると、これは長さん流の「ヒッチハイク絵本」なのかもしれません。

 

行先に何が待ち構えているか次第で移動距離や方角が変わったり、時にはヒヤヒヤしたり。

そんなトラブル自体を驚き楽しむ放浪者としてポンたろうは旅を続けていくのでしょう。

 

そして相変わらず、長さんの描く世界はどこまでも広々として開放感があります。

読んでいると、普段の凝り固まった思考や感情からポーンと解き放たれる気がします。

 

読者の頭も柔らかくて弾力に富んだ「ゴムあたま」に変えてしまう一冊です。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆

出オチ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ゴムあたまポンたろう

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

子どもの弱視治療経過

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

息子が近視による弱視と診断され、治療用眼鏡をかけ始めたのが去年の暮。

 

≫子どもの弱視について

 

それから、月に一度眼科で経過を調べてもらっています。

治療には数年かかることもあり、長い目で見る必要がありますが、眼鏡をかけ始めてひと月で、息子は近くのものは1.0の視力で見ることができるようになりました。

「近くのものは」というのは、弱視とはそもそも屈折異常によりピントが合わせられない病気のため、息子は近視と言っても近くのものですらピントが合ってなかったのです。

 

それがひと月で1.0まで視力が出たわけですから、まあまあ良かったと思えます。

ただし、視力が出るのは近くだけで、数メートル離れるともうちゃんと見えていないようなのです。

 

妻はこれを心配しまして、どうにか息子に「遠くのものをじっと見る」練習をさせようと頑張っています。

しかし、息子はほんのわずかな時間ですら、遠くのものを見続けることをしようとしないんですね。

すぐ目を逸らしてしまう。

 

練習しないと見えるようにならないよ! と妻は度々言い聞かせ、最後には怒ってしまうことの繰り返し。

でも息子本人はあっけらかんのカー。

 

「何かを強制される」ことに絶対に我慢できない息子ですから、妻が怒って練習させようとすればするほど逆効果なのかもしれません。

まあ、まだまだ始めたばかりだから、根気よく構えるつもりです。

 

息子は今5歳で、あと一年とちょっとで小学校です。

実は入学前の一年間だけでも保育園に入れて他の子どもたちと生活させてみようか……と考えて、見学もしたんですが、その直後に弱視のことがわかって、やっぱりやめにしました。

 

もちろん保育所には眼鏡をかけた子どももいますし、保育士さんもちゃんと理解してくれています。

でも、どうしても預けないといけないわけではない以上、やっぱり家で見てたほうがいいだろうという結論に達しました。

 

「幼稚園や保育所に行ってないから、他の子と同じように遊ばないのかな」という推測が、根本的に間違っていた可能性が高くなりましたし。

たまたまかもしれませんけど、眼鏡をかけるようになってから、急に知らない大人を相手によく喋るようになった気もします。

やっぱり相手の顔も見えてない状態では喋りづらかったのでしょうか。

 

またぼちぼちと治療の経過については記事にしていこうと思っています。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com