【絵本の紹介】「ガッタンゴットン」【159冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

とうとうスズキコージさんの絵本を紹介する時がきました。

正直言って、どう取り扱っていいかわかりません。

そういう作家さんなのです。

 

とりあえず、スズキワールド全開な「ガッタンゴットン」を紹介します。

作・絵:スズキコージ

出版社:平凡社

発行日:2006年6月

 

トナカイ(のようなもの)が、りんごを積んだトロッコに乗り、旅をする……というストーリー、らしいです。

らしい、と言うのは、文章では何も説明されていないからです。

 

文はありますが、ほぼ「ゴゴゴゴ」とか「ガッタンガッタン」とかいう擬音中心で、とにかく絵を見て、その内容を追うのがこの作品のすべてです。

そういう意味では、正しく「絵本」と呼べます。

 

同じナンセンス作家の長新太さんの「ごろごろにゃーん」とよく似た構造の作品です。

 

≫絵本の紹介「ごろごろにゃーん」

 

しかし、問題は絵のアクの強さ、インパクトの強烈さ。

登場人物の表情はどこか狂気を帯びており、黒魔術的な何かを感じてしまいます。

一種のアブナさを予感して、手に取るのを敬遠する方もいるかもしれません。

 

しかし、内容は別に怖くも何ともないし、何よりも見るものを惹きつける力に満ちていることは確かなのです。

 

この「ガッタンゴットン」は、最初の見返しから最後の見返しまで、全部見開きのパノラマです。

細部に色々な(正体不明の)イラストが描かれており、あれこれ想像しながら何度でも楽しめます。

魔女(?)の館を通り抜けると、車両と積み荷が増え、トナカイが帽子をかぶって出てきます。

途中の停車駅には「HABELAST RAMPA」という文字。

文も「シュー」「ハベラスト ランパ ハベラスト ランパ ランパ」。

 

まったく意味不明ですが、耳に残って仕方ない。

ここでも乗客が増えたり、積み荷が変化します。

最後は白ヤギ(?)の群れとともに港駅「ハベラスト ソンテ」に到着。

ここでりんごが捌かれます。

 

トロッコは蒸気船に乗り、海の上を「ガッタン ゴットン」。

 

★      ★      ★

 

いったい、こんな絵本を描くスズキさんとはどんな人なのか、興味を引かれずにはいられません。

たまにあとがき的なものを書かれていますが、やっぱり変です。

 

彼の作品にはいつも独特な異国情緒が漂っていますが、それがどこの国かと問われれば、どこでもない、スズキワールドである、としか答えようがないかもしれません。

スズキさん自身も、「こどものとも」1987年8月号の折り込み付録のインタビューで、

ぼくの絵は、日本という枠組みが取れちゃった時代、例えばアイヌだとか、朝鮮とか、台湾とかマレーシアとかシベリアとかがごった煮になっている

と語っていますが、それを意識的に描いているわけではなく、自分の脳内にある景色を自然に取り出していくとこういう絵になった、ということらしいのです。

 

ま、細かいことは抜きにして、スズキさんの脳内世界に飛び込んで、心行くまで楽しめればそれでいいと思います。

なんだかんだ言って、私も個人的に大好きですし。

 

推奨年齢:3歳〜

読み聞かせ難易度:☆

読者置いてきぼり感が逆に楽しい度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「ガッタンゴットン

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「どんどこももんちゃん」【158冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

我が家では息子が最後半年ごろから本格的な絵本の読み聞かせを始めましたが、今、世間では絵本の「はじめて年齢」はどんどん下がっています。

 

≫読み聞かせはいつから?

 

それに応じて、赤ちゃんの認識しやすい色や輪郭のはっきりしたカット、耳に残りやすいリズムの文や擬音を用い、丈夫な紙での製本などの工夫を凝らした「赤ちゃん絵本」なるジャンルが確立されました。

今やもう、「うさこちゃん」シリーズなどは、「子どもがはじめてであう絵本」とは呼べないような気がします(あの話、結構深いですしね)。

 

≫絵本の紹介「ちいさなうさこちゃん」

≫絵本の紹介「うさこちゃんとうみ」

 

しかし、対象年齢を下げることは即ち単純化志向となるわけで、それはそれで面白いんですが、読み聞かせる側の大人にとっては少々物足りなさを感じることは事実です。

けれど今、お母さん方にも大好評の「赤ちゃん絵本」シリーズがあるのです。

 

それが今回紹介する「どんどこももんちゃん」を第一作とする「ももんちゃんあそぼう」シリーズです。

作・絵:とよたかずひこ

出版社:童心社

発行日:2001年9月20日

 

桃がおむつをはいたようなキャラクター「ももんちゃん」。

2001年に始まって、現在既に18作品も刊行されているという驚異のスピード。

 

人気の秘密は、何と言ってもももんちゃんのキュートさ。

「うちの子にそっくり!」という声が多く寄せられているそうで、異色ながらもどこか普遍的な「赤ちゃんの可愛さ」を描いており、そこが親の心を捉えているようです。

 

この作品が異色である点は、赤ちゃんでありながら、走り、跳び、クマと相撲を取るなどの、ももんちゃんのスーパーベイビーっぷりです。

それでいて、確かに「赤ちゃんらしさ」を捉えている。

 

それは赤ちゃんの持つひたむきな「生命力」そのものの強さを描いているからではないでしょうか。

どんどこ どんどこ

ももんちゃんが いそいでいます

 

シンプルな画面と、リズミカルで口ずさみやすい文。

ちゃんと「赤ちゃん絵本」の条件は押さえています。

 

ただ、「ももんちゃんが急いでいる理由」を伏せているのは、大人も楽しめるようにとの工夫でしょう。

 

ももんちゃんはまっすぐ前を見て、わき目も振らずに駆けて行きます。

余計なものが一切描かれていないことで、ももんちゃんのひたむきさが伝わりやすくなっています。

 

ももんちゃんはあらゆる障害を意にも介さず、急ぎ続けます。

丸木橋を渡り、坂を上り(ちゃんとはいはいになっている辺り、やっぱり赤ちゃんです)、クマがとおせんぼしていても……。

このパワー。

赤ちゃんだけが持つ純粋な目的への衝動力を表現しています。

 

下り坂で転んでしまうももんちゃん。

頭を打って、さすがに目に涙を浮かべますが、それでも走り続けます。

クライマックスで大きくジャンプ。

その先には……。

 

★      ★      ★

 

このラストシーンで明かされるももんちゃんの急いでいた理由が、お母さん方のハートを打つのですね。

思わず涙してしまうお母さんもいるとか。

 

作者のとよたさんによると、ももんちゃんは男の子で、母子家庭という設定だそうです。

何となくももんちゃんを女の子だと思う読者が多いそうで(私も女の子だと思ってました)、どうしてかはわかりませんが、やっぱり女の子の方がパワフルなんですかね。

 

とにかく一度声に出して読んでみれば、この絵本の楽しさがわかります。

子どもが絵本を楽しむためには、まず読み聞かせる大人が絵本を楽しむこと。

それを大いに助けてくれるシリーズです。

 

推奨年齢:0歳〜

読み聞かせ難易度:☆

裏表紙カットのほっこり度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「どんどこももんちゃん

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

【絵本の紹介】「かばんうりのガラゴ」【157冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

今回紹介するのは「かばんうりのガラゴ」です。

作・絵:島田ゆか

出版社:文溪堂

発行日:1997年11月

 

カナダ在住の日本人作家・島田ゆかさんによる「バムとケロ」に並ぶもうひとつの大人気シリーズです。

 

≫絵本の紹介「バムとケロのにちようび」

 

ユニークで可愛いキャラクター、遊び心満載のイラスト。

そして他の島田さん絵本との関連を探すのも楽しみの一つです。

 

ガラゴは たびする かばんやです

いつも みぎとひだり いろのちがう くつをはいて

かばんを うってあるきます

という設定。

さて、このガラゴのかばんですが、もちろんただのかばんではありません。

様々なお客さんの要望に合わせてガラゴが用意するのは、どれも変わった機能を持つ面白かばん。

 

犬の兄弟になるかばん、ライオンのたてがみになるかばん、ピアノのかばん、やかんのかばん……。

もはや「かばん」である必要について考えてしまうくらい、何でもありの品ぞろえ。

 

そして、お客さんは誰一人お金を払いません。

すべては物々交換によって取引されるわらしべ長者的システム。

それらのアイテムが、ちゃんと後々役に立っているところも見逃せません。

ライオンが置いて行ったスイカはガラゴのおひるごはんになり、残った皮はおたまじゃくしの水槽になります。

 

夜になると、ガラゴは自身のかばんをベッドにして眠ります。

 

★      ★      ★

 

ガラゴのモデルはアフリカに生息する「ショウガラゴ」(ブッシュベイビーとも)というサル科動物だと思います。

 

この絵本の楽しみは、とにかく絵の隅々まで見ること。

これに尽きます。

 

かばんの仕掛けはもちろん、ガラゴと行動を共にする小さな白いイヌとウサギを探したり、ガラゴの表情と同調するマグカップや、時々動く犬の写真(バム?)、本当に細かいところまで遊びが詰まっています。

 

また、「バムとケロ」シリーズとの関連を匂わせる描写もあり、他の島田さん作品を通読することによる新たな発見も。

こういうのは絵本作家のファンサービスと言えるでしょう。

 

あまりここで一つ一つ挙げていくのは野暮なので、ぜひ自分で探してみて欲しいのですが、ひとつだけ。

ここに登場するカエルのお母さんは、「バムとケロ」のケロちゃんの母親っぽいのです。

ということは、ガラゴについてきたおたまじゃくしは……?

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

探し絵の楽しみ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「かばんうりのガラゴ

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「100冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com