【絵本の紹介】「たんじょうび」【338冊目】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

お店が3年目、息子が6歳を迎えたというわけで、今回は古典名作「たんじょうび」を紹介します。

作・絵:ハンス・フィッシャー

訳:大塚勇三

出版社:福音館書店

発行日:1965年10月1日

 

ハンス・フィッシャーさんを取り上げるのは初めてですね。

スイスを代表する絵本作家で、スイスの教科書にも彼の絵が使用されているのだとか(羨ましい……)。

世界中で訳され、愛されている彼の絵本は、もとはすべて自身の子どもたちのために作ったプライベートなもの。

 

まず、流麗な線が目を引きます。

表紙・扉絵を見てください。

一見ラフな線の動きが、実に活き活きとしたキャラクターの躍動感を生み出しています。

 

一筆書きで描いたように見える鶏や兎の絵、手を取り合って跳ねまわっている様子がありありと想像できる3匹の犬猫の絵。

フィッシャーさんの雄弁で勢いのある線は、全編通してリズミカルで、読者の目を離しません。

 

真似してグルグルと描いてみたくなりますが、どうしてどうして、フィッシャーさんのように描くのは物凄く難しい。

途中で線が止まったり迷ったりするとすぐわかります。

「崩して描く」絵本の絵はたくさんありますが、それは当然ながら「下手」とは違い、基礎としての画力がしっかりできていないと美しく崩せません。

その辺は書道と同じです。

 

さて、内容に入りましょう。

たくさんの動物たちに囲まれて暮らす「リゼッテおばあちゃん」。

犬の「ベロ」と猫の「マウリ」「ルリ」は家の中で寝、手伝いもしますがいたずらもします。

リゼッテおばあちゃんは動物たちみんなに愛情をもって接してくれます。

動物たちもリゼッテおばあちゃんが大好きです。

 

そんなリゼッテおばあちゃんは今日で76歳。

村へ買い物へ行き、牧師さんとお話をしようと、おばあちゃんは留守をベロたちに任せて出かけます。

 

そこでベロはおばあちゃんのためにサプライズバースデーパーティーを計画します。

マウリやルリ、その他の動物たちも一致団結。

でも、基本的に子どもそのものの動物たちですので、見ている読者をハラハラさせます。

 

焦がしてしまったケーキは砂糖をたっぷりかけて誤魔化します。

そしていよいよおばあちゃんが帰ってくると……。

素敵なパーティーの支度が整っています。

おたんじょうび おめでとう!

リゼッテおばあちゃん感涙。

 

さらにお芝居やイルミネーションといった演出もあり、最後は屋根裏に隠しておいたとっておきの贈り物を披露します。

それは(おそらくマウリとルリの間に生まれた)猫の赤ちゃんたちでした。

 

★      ★      ★

 

ラストシーンでは真夜中に子猫の一匹だけが起きて考え事をしている……という不思議な終わり方をしています。

これがあの「こねこのぴっち」へと続く伏線となっているのです。

 

「こねこのぴっち」は「たんじょうび」の続編として描かれたロングセラーですが、日本では「たんじょうび」よりも先に翻訳出版されています。

岩波書店の小さい絵本で読んだ方も多いのではないでしょうか。

 

「たんじょうび」「こねこのぴっち」とも、フィッシャーさんが末娘のために作った絵本です。

どちらの作品も、父親の甘やかな愛情に包まれたような幸せな世界を感じられます。

 

壁画などでも素晴らしい作品を遺したフィッシャーさんですが、健康には恵まれず、58歳にして永眠しました。

 

ちなみに作中登場する(焦がした)ケーキは「クグロフ」という種類のお菓子。

華やかで可愛らしい山のような独特の形が人気です。

 

推奨年齢:4歳〜

読み聞かせ難易度:☆☆☆

誕生日プレゼントにオススメ度:☆☆☆☆☆

 

■今回紹介した絵本の購入はこちらからどうぞ→「たんじょうび

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

絵本の森で6年間。【絵本と育児・6歳まで】

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

お店と息子の誕生日は同じなので、お店ができた時に3歳だった息子は6歳になりました。

というわけで、節目のレポートを。

3歳・4歳・5歳時点でのレポートはこちら。

 

≫3歳までに絵本を1000冊読み聞かせたら

≫絵本の海を泳ぐように。【4歳までの読み聞かせ育児レポート】

≫読み聞かせ育児・5歳まで

 

当初の理念と方針はさほどブレていません。

絵本の力を大いに借りて、どうにかここまでやってきました。

 

息子は日々成長変化し、もう今では「絵本読んで」とせがんでくることは少なくなりました。

「いつでも、何冊でも、何度でも」の読み聞かせが懐かしくもあります。

 

≫たまには児童書感想文

 

ただ、子どもの自然な甘え・欲求・好奇心に可能な限り答えるという姿勢に変わりはありません。

絵本も遊びも、とことんまで付き合うのが親の役目です。

……あんまりできてませんけど。

↑自分の胎児時代の超音波写真を模写しようとしているらしい。

 

とにかく今年は息子の弱視治療(と言っても眼鏡を正しくかけて生活するだけですが)が重要課題でした。

何回フレーム直してもらいに眼鏡屋さん行ったかわかりません。

 

≫子どもの弱視について

≫子どもの弱視治療経過

≫子どもの弱視治療経過・2

 

とりあえず矯正視力で1.0は出るようになったので、一応治療は成功ということになります。

夜空の木星を見つけることができます。

 

はっきり大丈夫だなと思ったのは、先日小学校見学に行った時、教室の一番後ろから黒板の小さい字が読めたからです。

これなら眼鏡の度数も上げずに済みそうです。

 

そう、小学校を見に行ったんです。

何しろこの子は保育園も幼稚園も行ってないし、きょうだいもいないし、およそ集団生活の経験が皆無なので、親としては少々不安があるところです。

見学したのは普通の公立小学校ですが、別にいいんですけど、1年生の国語の授業だと9月の時点で「カタカナの書き方」とかやってるんですね。

そんなもんだったっけ……自分の時のことは何も覚えてませんけど。

 

息子にとって小学校生活がどういう位置づけになるかは予想できませんが、私としては「遊びに行ってこい」という心境です。

あんな性格で友だちできるかな。

↑息子作のピタゴラ装置。プラレール・トミカ・ニューブロック・積み木などを組み合わせてます。

 

我が家では大量の絵本や図鑑以外に知育教材のようなものは何もありません。

幼児塾なんか行かせません。そんな余裕ないし。

就学前の幼児教育(あんまり好きな言葉じゃないけど)は絵本だけで十分すぎるくらいだと思います。

面白くて、美しくて、言葉や知識の宝庫で、最高のコミュニケーションツールで。

めちゃくちゃ贅沢じゃないですか。

 

たくさんの絵本に触れることが、子どもの言語能力形成に非常に有効だということについては論を待たないでしょう。

まず「ことば」があるのです。

世界を理解するのも、自己の内面を知るのも、「ことば」が始まりです。

「ことば」の重要性については、いずれまた改めて記事にしてみたいと考えています。

 

息子の言語能力については、別に系統立てて教えているわけじゃないので、「何年生くらい」という量り方はできません。

少なくとも小学校で習う漢字は大部分読めるでしょう。

ただ、知識の元がほぼ児童書や図鑑なので、人名漢字とかはまったく読めないことが多いです。

「弊害」とか「画期的」とか、普段の会話の中で使ってきます。

↑息子の漫画「ピタゴラ子宮スペシャル」。

 

人体に関する図鑑が大好きで、特に最近なぜか「子宮」にハマってます。

「子宮漫画」という「画期的な分野」(息子談)を開拓。

ちなみに息子は受精についてもちゃんと知っています。

もちろん照れなんかないので、人がいるところでも大声で「精子と卵子が〜」とか言い出すので、なかなかスリリングです。

↑中身はこんなんですけど。

 

情緒面に関しては相変わらず、ゆっくりゆっくり時間をかけて成長しています。

知識は急に増えることもあるけど、感情の発達にはどうしても長い時間が必要です。

 

親は気長に、じっくりと待たなければなりません。

しかし一方で、子どもは感情面でも急成長することがありますから、油断できません。

その度に親は適切な態度で子どもに接することが求められます。

 

子どもが突然今までやってたことをやめて、「これからこうするよ」と言ったら、その意思をできる限り優先すべきです。

でも、大人は急な変化に弱いんです。

とても子どもにはついて行けません。

そのくせ、子どもの成長を焦るあまり叱ったりするんですから、まったく勝手なもんです。

 

そんなわけで、妻は今でもしょっちゅう息子と喧嘩してます。

ただ彼女が偉いのは、冷静になった後でちゃんと息子に謝るところ。

これは結構大事なことです。

たとえ息子の方がとっくに忘れてケロっとしてたとしても。

 

子どもは放っておいても成長するけど、親は努力しないと成長できません。

子どもが成長するのは自分の力であり、親が成長するのも自分の力です。

そういう意味で「育児」という言葉は、使ってはいますけど適切だとは思いません。

子どもは自分の力で育つのであり、大人はそれをほんの少しサポートするだけです。

↑息子が急に思いついて書いた詩。右から文の頭文字を読むと「おとう3(さん)」。

 

さて、来年にはいよいよ息子も小学生です。

小学生になったからといって何が変わるわけでもないかもしれませんが、やっぱり節目を迎える気持ちはあります。

これからも絵本はどんどん本棚に追加していくつもりです。

ずっと読んでなかった絵本を探し始めたりすることもあるので、赤ちゃん時代の絵本も処分はできず、増える一方で大変ですけど。

 

追伸:この前初めて乳歯が一本抜けました。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com

3周年のご挨拶

 

こんにちは、絵本専門店・えほにずむの店主です。

 

いつも読んで下さっている方、お店を利用してくださる方、ありがとうございます。

えほにずむはオープンから3周年を迎えました。

たくさんの人々に支えられてここまでやってきました。

いつもは顔の見えないお客様や読者の方々ですが、たまには思いがけずメールや電話をいただいたり(出られない時が多くてすいません)することもあります。

 

そんな時はとても嬉しく、有難い気持ちになります。

絵本好きな方とのやり取りは貴重な体験であり、何より楽しいものです。

 

相も変わらず広告も打たず、縁があって訪れてくれる人々をただお待ちする日々ですが、ひとつひとつの出会い、一冊一冊の絵本を大切にしていきたいと思っています。

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

■これまでに紹介した絵本のまとめはこちら→「00冊分の絵本の紹介記事一覧

■えほにずむでは、このブログで紹介した以外にも、たくさんのよい絵本を取り扱っております。ぜひ、HPも併せてご覧ください。

絵本の買取依頼もお待ちしております。

 

〒578−0981

大阪府東大阪市島之内2−12−43

URL:http://ehonizm.com/

E-Mail:book@ehonizm.com